転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2022/12/02 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 自己PRの書き方 > 自己PRの例文 > 【スピードの自己PR例文】履歴書や職務経歴書、面接でアピールするポイント

【スピードの自己PR例文】履歴書や職務経歴書、面接でアピールするポイント

スピード自己PRは、転職活動で必要となる職務経歴書や、面接でも必ず聞かれる重要な項目です。ただ、いざ自己PRを考え始めてみると、「なかなか浮かばない…」と悩んでしまう方も多いようです。

そこで今回は、「スピード」をアピールしたい場合の自己PR文作成のポイントと、例文をご紹介します。

アドバイザー

粟野友樹さんプロフィール画像

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント

粟野友樹

約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。

「スピード」とは?

スピード感を重視して仕事に臨むことは、ビジネスにおいて重要です。例えば、ダラダラ仕事をするのではなく、仕事の本質を見極め、無駄を省き効率的に仕事をすることや、物事の機運を見ながらフットワーク軽く行動する姿勢などが挙げられます。ビジネスチャンスを見逃さず、すかさず動き出せることも、スピード感があるからこその強みといえるでしょう。

自己PR作成のポイント(履歴書、職務経歴書、面接)

自己PR作成のポイントと、履歴書、職務経歴書、面接用に作成する方法をご説明します。

自己PRの作り方

自己PRは、まず「キャリアの棚卸し」を行い、これまでの経験・スキルや得意分野を明らかにすることから始めます。次に応募先企業の人材ニーズを掴み、棚卸しした経験・スキルや得意分野からアピールできそうな強みをピックアップして言語化。最後に自己PR文として、エピソードを交えて作成します。

「自分の強み」に活かせる3つの力

自己PRに盛り込む「自分の強み」を考える際、大きく次の3つに分けられます。

 ・他人に関わる力 (協調性やチームワーク、指導・育成力など)
 ・自分に関わる力 (責任感、行動力、計画性、粘り強さなど)
 ・課題に対する力 (論理的思考力、分析力、企画力など)

「スピード」は自分に関わる力になります。

自己PRの作り方 4ステップ

1.キャリアの棚卸しをする
2.応募先企業のニーズを考える
3.自分の強みを言語化する
4.1~3で整理した情報を元に自己PR文にまとめる

履歴書、職務経歴書、面接用の自己PR作成の流れとポイント

まず、職務経歴書用に200~400文字程度の自己PR文を作成しましょう。履歴書はスペースが限られているので、職務経歴書用の自己PRのうち特に伝えたいことを中心に、100文字程度にまとめます

面接の自己PRは職務経歴書用と同様になりますが、伝える時は表情や姿勢、話し方を意識しましょう。また、自己PRに対して、「なぜそう感じたのか?」「苦労したポイントは?」など、さらに踏み込んだ質問が来る可能性があるため、付随する質問を想定しておくと万全です。

スピード感があることを伝える際の注意点

変化の激しい今の時代に、スピード感を重視して行動できる力はどの職種にも求められます。しかし、企業側から見れば、それだけではどのように自社に貢献してくれるのかわからず、評価しづらいのも事実。スピード感を持って行動した結果、どんな成果を挙げることができたのか、具体的なエピソードを交えてわかりやすく説明することが大切です。

例えば、「ITツールを導入してスピードアップにこだわった結果、生産性が向上し残業時間を削減できた」「スピードを重視し計画を前倒しして行動した結果、早期に目標達成できただけでなく、残りの時間でさらに数字を上乗せできた」などと具体的な成果を伝えられるといいでしょう。

なお、人事担当者の中には「スピードを意識するのはいいが、一方で忍耐力や継続力に欠けるのではないか」と懸念する人も少なからずいます。「1つのことを継続して取り組めないのでは」「取り掛かりは早いが、成果が出ないとすぐに諦めてしまうのでは」とマイナスの連想をされてしまう可能性もゼロではありません。懸念を払しょくするために、スピードを意識する場面と腰を据えてじっくり取り組む場面の両方を意識し、メリハリを持って業務に取り組んでいる事実を伝えられると尚いいでしょう。

【職種別】「スピード」の自己PR例文

「スピード」を強みにした自己PRの例文を、職種別にご紹介します。

営業の自己PR例文

スピード感を持って行動することが私のポリシーです。スケジュールを前倒しして行動すれば、行動量自体が増やせますし、万が一のトラブルにも余裕を持って対応することができます。

具体的には、四半期ごとの目標が決まったら、最終月に入る前に目標達成できるよう計画を立てて行動。予定通り達成できたら、残りの1カ月はチームのためにさらに売り上げの上乗せを目指して努力します。達成できなかった場合は、これまでの行動を振り返って反省点を洗い出し、残り1カ月の動き方を変えて早期達成を目指します。この方法で、営業部に配属されて以来25カ月連続、目標数字を達成し続け、前期は年間優秀者(全営業350人中10名)にも選出されました。

また、クライアントからの要望や質問などにもスピード感を持って対応することで、関係性向上にも役立っています。何か要望を受けたら、できればその日のうち、遅くても24時間以内に対応することで着実に信頼関係を築いています。

営業事務の自己PR例文

私は常に、スピード感を意識して業務に取り組んでいます。常にアンテナを張り、業務効率化につながるITツールを取り入れ、チームの業務スピード向上に貢献しています。例えば、チームでタスクを共有するツールやプロジェクトの進捗管理ができるツールを導入し、皆で活用することで、一人ひとりに確認しなくてもタスクの状況がつかめるようになり、業務スピードが向上。リモートワーク下でも抜け漏れなく情報共有ができるので、無駄な手戻りもなくなりました。

また、個人の業務処理スピードを上げるべく、ショートカットキーはほぼすべて把握。Tips集を作成し、チーム内で共有しています。これらの効果もあり、残業はほぼなくなりワークライフバランスが取れるようになりました。

Webディレクターの自己PR例文

主にクライアントのECサイト制作に携わっていますが、仕事柄、常にスピード感にこだわっています。クライアントからの要望にスピーディーに応えるのはもちろん、ときにクライアントより先を読んでこちらから仕様変更を提案することもあります。

個人ユーザーの嗜好の変化は非常に早く、変化の「その先」を捉え、スピード感を持ってサイトに反映させることが重要です。そのため、普段からアンテナを張り、個人ユーザーが何を求めているのか多方面からじっくり検討。そして変化の兆しをつかんだら、今度はクライアントに即共有して次の打ち手を考えることを徹底しています。この姿勢が、サイトのクオリティ向上とクライアントからの信頼につながっていると感じています。

その他の自己PR例を見たい場合

自己PRがなかなかうまくまとまらない時は、他のケースの自己PRも参考にしてみてください。あなたのキャリアに合った自己PR例が見つかるかもしれません。

自分に関わる強み】自己PR例文サンプル集
やり抜く力 忍耐力
継続力 粘り強さ
実行力 活動意欲
集中力 ストレス耐性
主体性 挑戦心・チャレンジ精神
改善・成長意欲 前向き思考
学ぶ姿勢 度胸がある・本番に強い
感情をコントロールする力 タフさ(精神力)
使命感・責任感 目標指向性・達成意欲
パッション(情熱) 探究心
好奇心 変化対応力・柔軟性
行動力 積極性
他人に関わる強み】自己PR例文サンプル集
親しみやすさ 気配り・ホスピタリティ
素直さ 誠実さ
真面目さ 約束を守る
協調性・チームワーク力 指導・育成力
働きかける力(巻き込み力) わかりやすく伝える力
傾聴力 プレゼンテーション力
調整・交渉力 コミュニケーション力
リーダーシップ
課題に対する強み】自己PR例文サンプル集
論理的思考力 課題発見力
企画力 計画力
想像力 提案力
分析力 広い視点で捉える力
正確性 スピード

診断ツールを使ってみる

どうしても思いつかない場合は、診断ツールを使ってみるという方法もあります。

リクナビNEXTでは、無料で使える自己分析ツール「グッドポイント診断」をご用意しています。簡単な質問に答えていくだけで、強みを5つ明らかにすることができます。診断結果は8,568通り。診断ツールを活用して、自分の強みとなるキーワードを探してみましょう。

無料診断はこちらから:会員登録して診断スタート
すでに会員の方はこちら:診断スタート
記事制作日:2022年1月31日 EDIT&WRITING:伊藤理子

イベント・セミナー※リクルートエージェントに遷移します

RAGイベント

申込締切日が近いイベント・セミナー

イベント情報を更新中