転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2021/07/23 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 自己PRのコツ > 【忍耐力の自己PR例文】履歴書や職務経歴書、面接でアピールするポイント

【忍耐力の自己PR例文】履歴書や職務経歴書、面接でアピールするポイント

自己PR 忍耐力自己PRは、転職活動で必要となる職務経歴書や、面接でも必ず聞かれる重要な項目です。ただ、いざ自己PRを考え始めてみると、「なかなか浮かばない…」と悩んでしまう方も多いようです。

そこで今回は、「忍耐力」をアピールしたい場合の自己PR文作成のポイントと、例文をご紹介します。

アドバイザー

粟野友樹さんプロフィール画像

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント

粟野友樹

約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。

「忍耐力」とは?

「忍耐力」とは、困難があっても耐え忍び、目的のために継続する力を指します。困難があっても投げ出さないストレス耐性や、目的のために継続する姿勢はとても重要ですが、「忍耐」という言葉には「辛くても我慢する」という受動的な意味が含まれます。そのため、忍耐力だけを強調してしまうと、採用担当者から「ストレスを溜め込んでしまうのでは」「主体性がないのでは」「チームワークを活かして働けるのだろうか」といった不安を抱かれる可能性があります。

忍耐力は、「継続性」「粘り強さ」などに言い換えることができます。もし忍耐力を強みとしているのであれば、言い換えや前向きな表現を意識し、成果を出したエピソードを交えてアピールしましょう。

自己PR作成のポイント(履歴書、職務経歴書、面接)

自己PR作成のポイントと、履歴書、職務経歴書、面接用に作成する方法をご説明します。

自己PRの作り方

自己PRは、まず「キャリアの棚卸し」を行い、これまでの経験・スキルや得意分野を明らかにすることから始めます。次に応募先企業の人材ニーズを掴み、棚卸しした経験・スキルや得意分野からアピールできそうな強みをピックアップして言語化。最後に自己PR文として、エピソードを交えて作成します。

「自分の強み」に活かせる3つの力

自己PRに盛り込む「自分の強み」を考える際、大きく次の3つに分けられます。

  • 他人に関わる力 (協調性やチームワーク、指導・育成力など)
  • 自分に関わる力 (責任感、行動力、計画性、粘り強さなど)
  • 課題に対する力 (論理的思考力、分析力、企画力など)

「忍耐力」は自分に関わる力になります。

自己PRの作り方 4ステップ

  1. キャリアの棚卸しをする
  2. 応募先企業のニーズを考える
  3. 自分の強みを言語化する
  4. 1~3で整理した情報を元に自己PR文にまとめる

履歴書、職務経歴書、面接用の自己PR作成の流れとポイント

まず、職務経歴書用に200~400文字程度の自己PR文を作成しましょう。履歴書はスペースが限られているので、職務経歴書用の自己PRのうち特に伝えたいことを中心に、100文字程度にまとめます。

面接の自己PRは職務経歴書用と同様になりますが、伝える時は表情姿勢話し方を意識しましょう。また、自己PRに対して、「なぜそう感じたのか?」「苦労したポイントは?」など、さらに踏み込んだ質問が来る可能性があるため、付随する質問を想定しておくと万全です。

忍耐力を伝える際の注意点

忍耐力は、伝え方によっては「何かあっても我慢してしまうのでは」などの懸念を抱かれる可能性があります。そのため、忍耐力を自己PRに使いたい場合は、2つの方法があります。

「目的」と「成果」を強調する

困難があっても投げ出さず、目的のためにコツコツと仕事に取り組む姿勢はとても重要ですが、忍耐力を自己PRにする際は、「耐え忍んだエピソード」をメインにするのではなく、「背景や目的」と「忍耐力によって得られた成果」を中心に伝えることを意識しましょう。また、「受け身の姿勢」と捉えられないように、工夫したポイントなども盛り込んでもいいでしょう。

「継続力」や「粘り強さ」など他の言葉に言い換える

忍耐力を「継続力」や「粘り強さ」などに言い換えて自己PRを作成するという方法もあります。「自分の強みやエピソードを言い換える言葉が浮かばない」という方は、応募したい求人の「求める人物像」「仕事内容」などをヒントにして、言い換える言葉を考えてみましょう。例えば、「コツコツと地道に取り組む」「諦めない姿勢を重視」など、強みにフィットした表現が見つかるかもしれません。

【職種別】「忍耐力」の自己PR例文

「忍耐力(粘り強さ・継続力)」を強みにした自己PRの例文を、職種別にご紹介します。

一般事務の自己PR例文

私の強みは「忍耐力」です。
現職では、営業に任せていた顧客管理をシステム化するため、紙やExcelで個別に管理されていた顧客情報をデータ入力することになりました。営業の頭の中にしかない情報もあり、いざデータ入力を始めてみると、個別のヒアリングが必要になるなどシステム化には多大な労力を要することが明らかになりました。また、データベース化は通常業務と並行していたため、忙しい時期は進捗が遅れることもありましたが、自主的に計画書を作成し、半年で完成にこぎつけました。システムで顧客の特性や履歴が一元化されたことによって、「引継ぎや提案に役立つ」と評価されました。目的のためにコツコツ堅実に取り組む姿勢を活かして、貴社の事業に貢献したいと考えております。

営業の自己PR例文

営業活動では、持ち前の粘り強さを発揮して新規開拓に取り組んでまいりました。
まず、1日〇件のアポイントを獲得することを自主目標として、毎日諦めずに電話・メールなどの営業活動を続けました。

顧客の課題やトークスクリプト別に、毎日の営業結果をExcelに入力していくと、新規営業の勝ちパターンが見えてきます。発見した勝ちパターンを当てはめて、アポイント数の獲得にこだわったところ、新規開拓の社数と売り上げともに、常に上位三位に入ることができました。持ち前の忍耐力や粘り強さを活かして、新規サービスである「〇〇〇」の業績拡大に貢献したいと考えております。

広報・PRの自己PR例文

PR担当として、「継続力」が強みです。
自社商品のファンづくりを増やすために、前職ではSNSの投稿や返信を日課として地道な発信を続けてきました。最初は反応がほとんどありませんでしたが、他社の事例などを参考にして投稿内容やコメントの工夫を続けました。こうしたPR活動が実を結び、二年でファンは〇人まで増加しました。また、PRイベントもSNSで希望を募ることで、例年の2倍もの参加者が集う満足度の高いイベントを実現することができました。こうしたPR経験を、貴社商品のブランディングにも活かして働きたいと考えております。

その他の自己PR例を見たい場合

自己PRがなかなかうまくまとまらない時は、他のケースの自己PRも参考にしてみてください。あなたのキャリアに合った自己PR例が見つかるかもしれません。

▼アピールしたい内容別の例文
成果や実績 業務経験
専門スキル 個性や資格
他人に関わる力 課題に対する力
自分に関わる力 継続力
コミュニケーション力 責任感
協調性 積極性
忍耐力 計画性
行動力 調整力
主体性 リーダーシップ
学ぶ姿勢 度胸がある・本番に強い
やり抜く力 実行力
▼経験が浅い場合の例文
未経験業種・職種 第二新卒
▼面接の自己PR例文
面接に使える自己PR
自己PRをこれから作成する方はこちら
履歴書や職務経歴書に使える!自己PRの書き方・例文集
記事制作日:2021年4月12日 EDIT:リクナビNEXT編集部