転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2019/11/22 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 求人を探し応募する

"求人を探し応募する"の記事一覧

転職活動のカギは、しっかり情報収集をすること。自分にぴったりな求人情報の探し方、見つけ方をお伝えします。

パソコンのキーボードを打つビジネスマンの手元
現在は事務職に就いているけれど、「もっと違う仕事がしてみたい」「給与額を上げたい」などの理由で、別の職種への転職を考えている人もいらっしゃることでしょう。 一般事務から、どんな職種への転身が可能なのでしょうか?また、転職する際に注意すべきこ…
パソコンの前で頬杖をつく男性
転職を考えているものの、「書類や面接で落ちて傷つきたくない」「新しい環境が合わなかったらどうしよう」など、一歩を踏み出せない人は少なくありません。 転職への恐怖や不安といったジレンマから抜け出すにはどうすればいいのか。人事歴20年の採用のプ…
スマートフォンを操作するイメージ
転職活動では、応募書類や企業とのやりとりで煩雑になることもありますよね。そんなときに便利なのが、転職サイトのスマートフォン専用アプリです。今回は「利用者数No.1(※1)」「ストア評価No.1(※2)」である『リクナビNEXTアプリ』の機能と活用…
パソコンで作業をする男性
これから転職をしようとするとき、「転職サイトや転職エージェントは何社くらいに登録すればいい?1社じゃダメなのかな?」「複数社のサービスを利用する場合、管理が大変になるのでは?」などと迷う人は少なくないようです。そこで今回は、転職サイトや転職エージ…
面接を受ける男性
転職サイトに掲載されている求人票。ここには、仕事内容や勤務地、給与、勤務時間、福利厚生などの基本情報に加え、選考で重視される「応募要件」が書かれています。 求人票でよく見かけるのが「マネジメント経験歓迎」「マネジメント経験尚可」という表現。この…
ランキングのイラスト
転職活動が初めての方や、応募したい企業が決まっていない方の場合、いざ探し始めると「求人情報の数が多すぎて、何を軸に探せばいいのかわからない…」と、企業選びの段階でつまずいてしまうケースもあるようです。 応募先を探す軸が見つからないときは、「…
応募数
転職先を決めるには、求人を探して応募することから始まります。では、採用企業への応募は何社くらい行えばいいのでしょうか。 転職活動において、複数応募することのメリットと注意点をご紹介します。 転職活動では、複数の企業に応募しておくと安心 …
ノートと万年筆の画像
求人情報の中には、応募資格に「大卒以上」と記載している企業があります。 例えば高卒や専門学校卒など、大卒の学歴ではなくても「大卒以上」の求人に応募してもいいのでしょうか。詳しくご説明します。 学歴が大卒以上でなくても応募は可能 大学を卒…
福利厚生制度とは
求人情報の福利厚生制度欄には、企業によって様々な手当や制度が記載されています。さて、福利厚生制度には、どのような種類があるのでしょうか。また、住宅手当や家族手当など、各種手当との違いは何でしょうか。 本記事では、福利厚生制度についてご説明し…
スマートフォンを持って微笑むビジネスウーマン
結婚や出産を経ても仕事を辞めず、長く働くことを希望する女性が増えています。女性の雇用環境が変わり続けている現在、「長く働ける仕事」を選ぶには、何を基準にしたら良いのでしょうか。 リクルートキャリアの女性リーダー採用・活躍支援プロジェクト「ジ…