転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2021/10/15 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 自己PRのコツ > 【実行力の自己PR例文】履歴書や職務経歴書、面接でアピールするポイント

【実行力の自己PR例文】履歴書や職務経歴書、面接でアピールするポイント

自己PRは、転職活動で必要となる職務経歴書や、面接でも必ず聞かれる重要な項目です。ただ、いざ自己PRを考え始めてみると、「なかなか浮かばない…」と悩んでしまう方も多いようです。

そこで今回は、「実行力」をアピールしたい場合の自己PR文作成のポイントと、例文をご紹介します。

アドバイザー

粟野友樹さんプロフィール画像

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント

粟野友樹

約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。

「実行力」とは?

「実行力」とは、企画や計画を元に、実現に向かって行動を起こすことができる力を指します。「行動力」に類似する強みですが、行動力は「数量」や「スピード」など、フットワークの量や質のアピールに適していますが、実行力は「机上の企画や計画を実現する力」のアピールに向いていると言えます。

企画や計画を実行するためには、行動力や調整力、主体性や柔軟性、責任感など様々な力が必要となります。たとえ結果的に失敗に終わったとしても、失敗体験から得られたノウハウや知識は、次のチャレンジに活かすことができます。そのため、実行力を効果的に自己PRで伝えることができれば、評価はプラスに働くでしょう。

自己PR作成のポイント(履歴書、職務経歴書、面接)

自己PR作成のポイントと、履歴書、職務経歴書、面接用に作成する方法をご説明します。

自己PRの作り方

自己PRは、まず「キャリアの棚卸し」を行い、これまでの経験・スキルや得意分野を明らかにすることから始めます。

次に応募先企業の人材ニーズを掴み、棚卸しした経験・スキルや得意分野からアピールできそうな強みをピックアップして言語化。最後に自己PR文として、エピソードを交えて作成します。

「自分の強み」に活かせる3つの力

自己PRに盛り込む「自分の強み」を考える際、大きく次の3つに分けられます。

  • 他人に関わる力 (協調性やチームワーク、指導・育成力など)
  • 自分に関わる力 (責任感、行動力、計画性、粘り強さなど)
  • 課題に対する力 (論理的思考力、分析力、企画力など)

「実行力」は自分に関わる力になります。

自己PRの作り方 4ステップ

1.キャリアの棚卸しをする
2.応募先企業のニーズを考える
3.自分の強みを言語化する
4.1~3で整理した情報を元に自己PR文にまとめる

履歴書、職務経歴書、面接用の自己PR作成の流れとポイント

まず、職務経歴書用に200~400文字程度の自己PR文を作成しましょう。履歴書はスペースが限られているので、職務経歴書用の自己PRのうち特に伝えたいことを中心に、100文字程度にまとめます。

面接の自己PRは職務経歴書用と同様になりますが、伝える時は表情や姿勢、話し方を意識しましょう。また、自己PRに対して、「なぜそう感じたのか?」「苦労したポイントは?」など、さらに踏み込んだ質問が来る可能性があるため、付随する質問を想定しておくと万全です。

実行力を伝える際の注意点

実行力を自己PRにする場合、「企画や計画の実現に向けて進めた」というエピソードだけでは、実行力を判断することができません。実現にあたって自ら関係各位に働きかけ、努力や工夫したことを盛り込みながら、得られた成果を伝えましょう。例えば、企画や計画の課題、プロジェクトの規模(予算や人数)、成果に結びつくまでの期間、実際の成果など、要素は数値でアピールすると効果的です。

なお、「目に見える成果が出ていない」「規模が小さくアピールするほどではない」など、実行力をアピールするか迷っている方もいるかもしれません。ですが、日常的に配慮していることや工夫も、伝え方によっては実行力の自己PRになることもあります。例えば「“ミス0件”を実現するため、業務終了前にはチェックを欠かさずに行った」「率先して会議のオンライン化に対応し、フォローを行った」など、規模が小さく成果が数値化できなかったとしても、課題意識を持って自主的に行動したり、周囲を巻き込んだりしたエピソードがあれば自己PRになるでしょう。

【職種別】「実行力」の自己PR例文

「実行力」を強みにした自己PRの例文を、職種別にご紹介します。

営業企画の自己PR例文

営業企画として「実行力」を大切にしています。
現職での営業企画の役割は、営業目標の進捗管理やサービスの案内が中心でしたが、進捗管理や案内だけでは“待ち”の姿勢となってしまい、目標を大幅に達成することができません。また、営業は売りやすいサービスから優先順位をつけて案内するため、私が担当するサービスは価格が高く営業活動が推進されない状況でした。

過去データを分析したところ、業界上位企業が自社サービスを導入すると同業界他企業に営業しやすくなり、半年以内に何件も受注に至ることが分かりました。そこで、業界別のターゲットリストを作成し、集中的に営業同行を行って受注を獲得。ターゲット企業の導入事例を営業向けに共有し、他企業の導入を促進しました。その結果、昨年通期での営業目標は達成率156%と大きく数字を伸ばすことができました。これまでの営業企画の経験を活かし、貴社のサービス拡大に貢献したいと考えております。

販促の自己PR例文

私の強みは「実行力」です。
現職ではパンフレットやチラシなどの印刷物を主に担当していましたが、前任者から引き継いだ時は、デザインは特定の制作会社にすべてお任せしていました。しかし、他社の制作物や制作会社の価格を調べるうちに、デザインや価格、サービスの妥当性に疑問を持ち、既存の制作会社を含めてコンペを行うことを社内に提案しました。

コンペを行う制作会社は、社内には詳しい人がいなかったため、自らリストアップし要件をまとめて制作依頼から社内調整まで進めました。結果的に、既存の制作会社よりも提案力があり、納期を柔軟に対応いただける会社を見つけることができました。コストも5%ほど削減しています。貴社業務でも、この経験を活かして貢献したいと考えております。

社内SEの自己PR例文

持ち前の実行力を活かして、社内システムの開発を進めてきました。
現職では、役員クラスがシステム投資に消極的で、開発申請は明確に費用対効果が提示できるもの以外は承認が下りない傾向がありました。しかし、テレワークを導入する企業が増えたことをきっかけに、IT環境の整備が急務であることを痛感し、社内の意識改革とIT環境の改善を実現しようと決めました。

まず、取引先や営業から競合他社のテレワーク導入状況をヒアリングし、自社も含めたIT環境の比較資料を作成しました。また、決算資料などから売り上げにおけるIT投資の割合などを算出したり、中途入社した社員に前職のIT環境をヒアリングしたりして、役員クラスがイメージしやすいように具体的な数値や事例を出してIT投資の重要性を説得。結果的に、昨対250%まで予算規模を拡大し、〇〇万円以下のIT投資は部長決済になりました。

こうした実行力を活かして、貴社のIT化にも貢献したいと考えております。

その他の自己PR例を見たい場合

自己PRがなかなかうまくまとまらない時は、他のケースの自己PRも参考にしてみてください。あなたのキャリアに合った自己PR例が見つかるかもしれません。

自分に関わる強み】自己PR例文サンプル集
やり抜く力 忍耐力
継続力 粘り強さ
実行力 活動意欲
集中力 ストレス耐性
主体性 挑戦心・チャレンジ精神
改善・成長意欲 前向き思考
学ぶ姿勢 度胸がある・本番に強い
感情をコントロールする力 タフさ(精神力)
使命感・責任感 目標指向性・達成意欲
パッション(情熱) 探究心
好奇心 変化対応力・柔軟性
行動力 積極性
他人に関わる強み】自己PR例文サンプル集
親しみやすさ 気配り・ホスピタリティ
素直さ 誠実さ
真面目さ 約束を守る
協調性・チームワーク力 指導・育成力
働きかける力(巻き込み力) わかりやすく伝える力
傾聴力 プレゼンテーション力
調整・交渉力 コミュニケーション力
リーダーシップ
課題に対する強み】自己PR例文サンプル集
論理的思考力 課題発見力
企画力 計画力
想像力 提案力
分析力 広い視点で捉える力
正確性 スピード

※リンクが無いものは現在作成中で、順次公開予定です。

記事制作日:2021年7月19日 EDIT:リクナビNEXT編集部

あなたにぴったりの求人は?

自分で求人を探してみる

転職すると年収はいくら?

転職後の年収レポートを見る

転職にお悩みの方

転職のプロに相談してみる