転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2021/05/05 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 自己PRのコツ > 【責任感の自己PR例文】履歴書や職務経歴書、面接でアピールするポイント

【責任感の自己PR例文】履歴書や職務経歴書、面接でアピールするポイント

腕組みをする笑顔の女性自己PRは、転職活動で必要となる職務経歴書や、面接でも必ず聞かれる重要な項目です。ただ、いざ自己PRを考え始めてみると、「なかなか浮かばない…」と悩んでしまう方も多いようです。

そこで今回は、「責任感」をアピールしたい場合の自己PR文作成のポイントと、例文をご紹介します。

アドバイザー

粟野友樹さんプロフィール画像

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント

粟野友樹氏

約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。

「責任感」とは?

「責任感」とは、自身の役割や任務に対して、責任を果たそうとする姿勢や気持ちのことです。責任感は、会社組織で働く上で必要となるベーシックなスキル。特に、納期や正確性が厳守されるような仕事や、数字などで成果やアウトプットが見えにくい仕事で、責任感のアピールが有効となるでしょう。

自己PR作成のポイント(履歴書、職務経歴書、面接)

自己PR作成のポイントと、履歴書、職務経歴書、面接用に作成する方法をご説明します。

自己PRの作り方

自己PRは、まず「キャリアの棚卸し」を行い、これまでの経験・スキルや得意分野を明らかにすることから始めます。次に応募先企業の人材ニーズを掴み、棚卸しした経験・スキルや得意分野からアピールできそうな強みをピックアップして言語化。最後に自己PR文として、エピソードを交えて作成します。

「自分の強み」に活かせる3つの力

自己PRに盛り込む「自分の強み」を考える際、大きく次の3つに分けられます。

  • 他人に関わる力 (協調性やチームワーク、指導・育成力など)
  • 自分に関わる力 (責任感、行動力、計画性、粘り強さなど)
  • 課題に対する力 (論理的思考力、分析力、企画力など)

「責任感」は自分に関わる力になります。

自己PRの作り方 4ステップ

  1. キャリアの棚卸しをする
  2. 応募先企業のニーズを考える
  3. 自分の強みを言語化する
  4. 1~3で整理した情報を元に自己PR文にまとめる

履歴書、職務経歴書、面接用の自己PR作成の流れとポイント

まず、職務経歴書用に200~400文字程度の自己PR文を作成しましょう。履歴書はスペースが限られているので、職務経歴書用の自己PRのうち特に伝えたいことを中心に、100文字程度にまとめます。

面接の自己PRは職務経歴書用と同様になりますが、伝える時は表情姿勢話し方を意識しましょう。また、自己PRに対して、「なぜそう感じたのか?」「苦労したポイントは?」など、さらに踏み込んだ質問が来る可能性があるため、付随する質問を想定しておくと万全です。

責任感を伝える際の注意点

業務を遂行する上で責任感は重要な要素ですが、自己PRとして伝える場合は工夫が必要です

「責任を持って最後まで業務を遂行できる力」を評価する企業もありますが、「責任を全うするために、どのような工夫や改善を行ったのか」までを判断する企業もあるからです。

そのため、例えば「責任感が強みです。税理士事務所の経理スタッフとして、納期厳守で決算業務を行いました」という自己PRの場合、前者の企業に対しては責任感のアピールが有効に働くかもしれませんが、後者の企業では「受け身の姿勢」「指示待ち」と捉えられてしまう可能性があります。

また、責任感が強いことはPRになる反面、アピールの仕方によっては「柔軟性に欠けるのでは」「一人で抱え込んでしまうのでは」という不安を持たれてしまうこともあります。

責任感を自己PRにしたい場合は、応募する求人の仕事内容を読み込んで「企業が求める人物像」をイメージすることが重要です。

業務範囲が明確で、例えば「忍耐力」や「正確性」など、業務遂行能力を重視するようなキーワードが並んでいる場合は、責任感を軸にして、求める人物像にフィットするような自己PRを構成しましょう。

一方で、「責任感のある方求む」と記載があっても、業務範囲が広く「経営的視点」や「裁量の大きさ」、「チャレンジ精神」など、主体的な行動を重視するようなキーワードが並んでいるのであれば、責任感を前提としながらも、主体性を意識したエピソードなどを自己PRに盛り込むようにしましょう。

【職種別】「責任感」の自己PR例文

「責任感」を強みにした自己PRの例文を、職種別にご紹介します。

経理の自己PR例文

私の強みは「責任感」です。
請求管理や決算業務を、4名の経理チームで行ってきました。前職では退職や産休などによるメンバーの入れ替わりが多く、引き継ぎ不足によるミスが発生していたことに課題を感じ、思い切って業務整理を行うことにしました。
業務報告・確認用のツールを導入し、「何が」「どこまで」進んでいるのかを可視化。抜け漏れや遅延が発生していたら、チームメンバーがフォローできる仕組みを整えました。この結果、業務に支障が出ることのない、堅牢なチーム体制となりました。

社内SEの自己PR例文

社内システムを管理する役割のため、責任感を意識して働いてまいりました。
前職は小規模の企業でセキュリティ意識が低く、パソコンや携帯電話などのデバイス管理が甘い部分がありました。また、テレワークにも対応する必要があったため、総務や経理、人事と連携し、役員にIT環境の整備を提言。一年後に実現したいプランとコストについてプレゼンしました。
従業員に対してはセキュリティやテレワーク時の働き方の勉強会を開催し、啓蒙活動を行いました。結果的に、営業など一部の職種はテレワークが可能になり、デバイスの運用管理をアウトソースしてセキュリティレベルの向上も実現しました。

コールセンターSV(スーパーバイザー)の自己PR例文

スタッフの業務品質や働きやすさの向上に責任意識を持つSVでありたいと考えています。
現職では10名のスタッフを抱えていましたが、人によって成果にばらつきがあったため、スタッフ全員の業務プロセスを分解。成果の出るスタッフのプロセスを分析し、チームで統一するようにしました。
また、隔週で1on1を実施して、気軽に悩みを話せる場を設け、チームの目的や課題感を共有するようにしました。その結果、売り上げは昨年比で114%を達成。年間最優秀SV賞をいただくことができました。

その他の自己PR例を見たい場合

自己PRがなかなかうまくまとまらない時は、他のケースの自己PRも参考にしてみてください。あなたのキャリアに合った自己PR例が見つかるかもしれません。

▼アピールしたい内容別の例文
成果や実績 業務経験
専門スキル 個性や資格
他人に関わる力 課題に対する力
自分に関わる力 継続力
コミュニケーション力 責任感
協調性 積極性
忍耐力 計画性
行動力 調整力
▼経験が浅い場合の例文
未経験業種・職種 第二新卒
▼面接の自己PR例文
面接に使える自己PR
自己PRをこれから作成する方はこちら
履歴書や職務経歴書に使える!自己PRの書き方・例文集
記事制作日:2021年3月12日 EDIT:リクナビNEXT編集部