転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2024/07/19 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職相談室 > 職場に閉塞感が漂っているので、成長企業に転職したいです【転職相談室】

職場に閉塞感が漂っているので、成長企業に転職したいです【転職相談室】

急成長中の企業に入社したのに成長が鈍化し、社内に閉塞感が漂い始めた…。

「成長している企業に転職したい」というHさんに、組織人事コンサルティングSegurosの粟野友樹氏が、成長する会社の見極め方やキャリアの考え方などについてアドバイスしました。

アドバイザー 粟野友樹
アドバイザー 粟野友樹

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント
約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。

職場に閉塞感が漂っているので、成長企業に転職したいです(Hさん/27歳/営業職)

相談者
相談者

■相談内容
Web系の企業に勤めています。新卒入社した時は業界でも注目され急成長にあるキラキラした企業でしたが、メインの事業が入社4年ほどで伸び悩み始め、業績も低迷しています。社内の雰囲気も悪化し、閉塞感が漂っています。このまま居続けても先が見えないので、成長企業への転職を検討しています。転職先の選び方や見極め方を教えてください。

8,568通り、あなたはどのタイプ?

グッドポイント診断

企業の成長性だけでなく、経験・スキルが磨けるかどうかで選ぶ

▶相談者
新卒で入社した当初は、業績は右肩上がりで社員も皆イキイキ働いていました。自社プロダクトの評判も良く、営業はとてもやりやすかったんです。

しかし、うちの会社が強みを持つ領域に新規参入する企業が増え始め、どんどん競争が激化。他社との差別化が打ち出しにくくなり、徐々に顧客を他社に奪われるようになりました。

それに伴い業績も悪化。新規事業を手掛け始めたものの、収益化するにはまだまだ時間がかかりそうで、社内に閉塞感が漂っています。営業部門の士気も完全に下がっており、全く先が見えなくなってしまいました。

▶アドバイザー
なるほど。だから「成長企業への転職」を希望されているのですね。

▶相談者
はい。伸びている会社で勢いを感じながら働き、自分自身も成長したいと考えています。入社して3年目ぐらいまでは、そのような状態の中で働いていたので、もう一度同じような環境下でバリバリ働きたいんです。

▶アドバイザー
成長企業を見つけるには、新聞や雑誌、ニュースサイトといったメディアで紹介されている注目業界などを見るのが一般的です。

例えば、AIやDX関連、FintechやHRTechなど既存業界×ITの「〇〇テック」分野、環境関連、医療・介護などはよくメディアでも取り上げられていると思います。こうした業界に注目するのは一つの方法です。

また、転職エージェントに登録して、キャリアアドバイザーから採用ニーズが旺盛で勢いがある業界や会社を教えてもらったり、日本取引所グループのホームページで紹介されているアナリストレポートを見てみたりする方法も考えられます。

▶相談者
いろいろな方法があるのですね。調べてみたいと思います。

▶アドバイザー
とはいえ、たとえ今成長している業界でも「これからもずっと成長が続く」かどうかは未知数です。それに、たとえ業界全体が伸びているとしても、企業によって成長にはバラツキがあるでしょう。今は伸びていてキラキラしている成長企業でも、Hさんの勤務先のように数年後には勢いを無くしている可能性もあります。

したがって、成長企業を探すのも大切ではありますが、仮に転職先の業績が悪化したとしても、その後のキャリアが開けるような経験・スキルを身につけられる場を探すことが重要。「成長企業に転職したら安泰だ」と考え、勤務先に自身の成長を委ねるのではなく、経験やスキルが活かせて、かつ興味関心を持てる業界・企業を選び、個人としての市場価値を高めるという方向でキャリアを考えたほうがいいと思います。

▶相談者
言われてみればその通りですね…。成長企業に転職しても、数年後にまた同じような目に遭うのは避けたいです。

8,568通り、あなたはどのタイプ?

グッドポイント診断

事業会社やコンサルティングファームなどでWebの知識を発揮する方法も

▶アドバイザー
Hさんご自身は、どんなキャリア展望を描いていらっしゃいますか?

▶相談者
約5年間、Web業界で営業経験を積んできたので、そろそろリーダーとしてメンバーを束ねたいと思っています。そのため、営業経験をフルに活かせる同業界同職種に転職するのが近道かな…とは思っています。

ただ一方で、別の業界にチャレンジして視野を広げ、経験・スキルの幅も広げてみたいという思いもあります。

▶アドバイザー
Hさんは、業界では有名なベンチャー企業で営業経験を積んでこられたので、選択肢はたくさんあると思います。これまでの経験を武器に早くリーダーになりたいならば、同業他社の営業職を狙い、そこで営業スキルを発揮するのが近道だと思います。

ベンチャー企業であれば、30歳前後でマネジャーに抜擢されるケースも多いので、頑張り次第で早期に役職者を目指せる可能性は大いにあります。

業界にこだわらないのであれば、クライアントサイドに転職して、その会社のWeb戦略などを担当するという方法もあります。

また、コンサルティング会社のIT系コンサルタントや、デジタルエージェンシー(広告代理店)の営業なども経験を活かせると思います。

▶相談者
なるほど…。そのような可能性もあるのですね。

▶アドバイザー
自身の志向に沿って企業をピックアップしたら、個別に業績をチェックし、念のため経営状況を確認しておけば安心です。ホームページでIR情報を公開している企業も多いので、見てみるといいでしょう。

なお、複数の事業を手掛けていて、収益柱をいくつか持っている企業のほうが、Hさんの勤務先のような事態に陥りにくく、安定感がありそうです。

くり返しになりますが、どの業界・企業を選んだとしても、会社に自身の成長をゆだねるのはやめましょう。先行き不透明な環境下で着実にキャリアを積んでいくには、自ら主体的に事業に参画し、会社の成長自体に貢献するぐらいの気概で臨むことが大切です。

▶相談者
ありがとうございます。今後の可能性について、もう一度じっくり考えてみたいと思います。なお、会社に閉塞感が漂っていないかどうか、前向きでイキイキとした社風かどうかも確認したいと思っています。これらを測る方法はありますか?

▶アドバイザー
閉塞感の有無は、自分の目で確かめるのが確実です。IT・Web系企業は職場見学や先輩社員との面談に応じてくれるところが多いので、相談してみることをお勧めします。実際に企業に出向き、先輩社員とやり取りする中で、会社の雰囲気を肌で感じられるはずです。

また、同業他社であれば、知り合いづてに現状を探ってみるという手も考えられるでしょう。

▶相談者
分かりました。アドバイスに従って、幅広い企業に応募してみたいと思います。ありがとうございました!

8,568通り、あなたはどのタイプ?

グッドポイント診断で、あなたの隠れた強みを診断してみましょう。

診断結果は8,568通り。あなたはどのタイプ?

リクナビNEXTで書類を自動作成

レジュメをカンタンに作成

履歴書と職務経歴書を作成するのが面倒な方は、リクナビNEXTにレジュメ登録するのがお勧めです。

新機能
・AI要約でワンタップで職務要約を自動生成
・AIと3分話すだけで「業務内容」を自動生成

リクナビNEXTに、プロフィールや職務経歴などを入力すると、入力された内容に従って自動で書類(レジュメ)が作成され、PDF形式でダウンロードすることが可能です。

※『レジュメ』とは、リクルートの求職活動支援サービス共通で利用できる、職務経歴書機能です。

ご登録はこちらから:リクナビNEXTに会員登録する(無料)
すでに会員の方はこちら:レジュメダウンロード画面へ

イベント・セミナー※リクルートエージェントに遷移します

RAGイベント

申込締切日が近いイベント・セミナー

イベント情報を更新中