転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2018/04/20 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 内定・退職の準備をする > 退職に伴う手続きは、どうすればいい?

退職に伴う手続きは、どうすればいい?

ビジネスイラスト02勤めていた会社を辞めるときは、想像以上に手続きが必要なもの。特に勤続が長く、転職が初めての方は、会社の福利厚生制度などを利用していたり、ローンを組んでいたりするケースもあるためお金の手続きが発生することも。ここでは、退職に伴って発生する手続きを開設した記事をご紹介します。

■会社へ返却するもの受け取るものと退職金などの計算方法

健康保険被保険者証や名刺、セキュリティカードなど、会社に返さなければならないものと、年金手帳や源泉徴収票、離職票など、会社から受け取るものをまとめています。また、退職日までの給与や退職金の算出方法もご紹介。退職が決まった方はぜひチェックを。

■社内融資とローンの返済手続き

退職すれば、その会社の社員ではなくなるので、福利厚生制度は受けられなくなり、社内融資なども解約しなければならない。また、カード会社、生命保険会社、銀行への届け出も必要になります。

■ハローワークでの雇用保険の手続き:その1

退職後、転職先が決まっていない時に頼りになるのが「雇用保険の失業給付」。ところが自己都合退職では、退職後、早くても約4カ月後にしか最初の給付金がもらえない。雇用保険の受給に必要な条件や手続き方法、受給開始時期などをまとめました。

■ハローワークでの雇用保険の手続き:その2

その1に引き続き、失業給付を受け取るまでの流れと、支給期間の違い、再就職手当を受けられる人の条件や支給額の算出方法などをまとめています。

■雇用保険の手続きをした転職者の声「私はこうしました」

雇用保険に関する疑問をお持ちの方に。給付制限や求職活動の申告方法、ハローワークの利用方法など、体験者の声を集めました。

記事作成日:2016年7月6日