転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2018/12/14 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 内定・退職の準備をする > 内定後の流れ

内定後の流れ

内定後の流れ希望している採用企業から内定が出たら、転職活動も残りわずかです。内定が決まってから新しい会社に入社するまでの流れをご説明します。

入社にあたって書類手続きなども多いので、内容を確認し不備のないように進めましょう。

内定通知を受け取る

電話やメール、文書で内定の通知を受け取ったら、 できるだけ早めに人事担当者に入社するかどうかの返事をしましょう。 他の会社も受けていて即答できない場合は、回答期限を確認します。もし回答期限が設けられていなかったら「○日までに必ずお返事します」と伝えましょう。

なお、内定を辞退する場合は、できるだけ早く連絡してお詫びの意を伝えましょう。

雇用契約を結ぶ

雇用契約を結ぶ前に、求人情報や面接時に提示されていた条件と、実際の条件が異なっていないかどうか、書面にて必ず確認しましょう。雇用形態、給与、勤務時間、休日、就業場所などについては、書面で明示することが労働基準法で義務づけられています。また、試用期間が設けられている場合は、その期間の待遇に関してもしっかり確認しておきます。

雇用契約を結ぶということは、労働契約が成立するということです。雇用契約を結んでから内定を辞退してしまうと、状況によっては契約違反として賠償を請求されることも。しっかりと条件を確認し、本当に入社するのかを考えてから契約を結ぶようにしましょう。

退社日・入社日を決める

入社の意思が固まったら、勤務中の場合は現在の上司と相談のうえ退職日を決め、いつから出社できるのかを転職先企業に報告します。内定から入社までの期間が長くなる場合は、転職先の企業に入社の意思があることを伝えましょう。

入社日を決めたら、引継ぎが長引いて入社が遅れたりすることのないよう、しっかりスケジュール調整を。

(失業手当を受給している場合)ハローワークに報告

すでに会社を辞めていて、失業手当を受給している場合は、入社日の前日にハローワークに出頭し、これまでの失業期間の認定を受けましょう。条件によっては「再就職手当」をもらえる可能性もあります。再就職手当の受給条件に当てはまるかどうかを、ハローワークに就職の申告をした時に確認するようにしましょう。

入社手続きに必要な書類を準備する

入社手続きに必要な書類は、「年金手帳」や「源泉徴収票」、「雇用保険被保険者証」などが挙げられますが、企業によっては健康診断書や卒業証明書を求められるケースもあります。採用企業の人事担当者から入社手続きに必要な書類を指示されるので、入社までにしっかりと準備しておきましょう。

記事更新日:2018年9月28日 EDIT&WRITING:谷本