転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2021/10/15 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 自己PRのコツ > 【改善・成長意欲の自己PR例文】履歴書や職務経歴書、面接でアピールするポイント

【改善・成長意欲の自己PR例文】履歴書や職務経歴書、面接でアピールするポイント

自己PRは、転職活動で必要となる職務経歴書や、面接でも必ず聞かれる重要な項目です。ただ、いざ自己PRを考え始めてみると、「なかなか浮かばない…」と悩んでしまう方も多いようです。

そこで今回は、「改善・成長意欲」をアピールしたい場合の自己PR文作成のポイントと、例文をご紹介します。

アドバイザー

粟野友樹さんプロフィール画像

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント

粟野友樹

約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。

「改善・成長意欲」とは?

「改善意欲」とは、目の前の課題を解決、またはより良いものにできないか検討し、工夫や改善を繰り返す姿勢のこと。成果だけでなく、工夫や改善を繰り返すプロセスで発見や気づきを得て、新たな経験や知識を身につけることができるでしょう。こうした経験や知識は、与えられた仕事をこなしているだけではなかなか身につかないものです。「改善意欲」は「成長意欲」と言い換えることもできるでしょう。

変化の激しいマーケットにおいて、改善なくしてビジネスの成長はありません。そのため、改善意欲はどのような職種においても求められる普遍的なスキルです。ビジネスや自身の成長のために、前向きに改善を繰り返す姿勢は、幅広い職種で評価されるでしょう。

自己PR作成のポイント(履歴書、職務経歴書、面接)

自己PR作成のポイントと、履歴書、職務経歴書、面接用に作成する方法をご説明します。

自己PRの作り方

自己PRは、まず「キャリアの棚卸し」を行い、これまでの経験・スキルや得意分野を明らかにすることから始めます。

次に応募先企業の人材ニーズを掴み、棚卸しした経験・スキルや得意分野からアピールできそうな強みをピックアップして言語化。最後に自己PR文として、エピソードを交えて作成します。

「自分の強み」に活かせる3つの力

自己PRに盛り込む「自分の強み」を考える際、大きく次の3つに分けられます。

  • 他人に関わる力 (協調性やチームワーク、指導・育成力など)
  • 自分に関わる力 (責任感、行動力、計画性、粘り強さなど)
  • 課題に対する力 (論理的思考力、分析力、企画力など)

「改善・成長意欲」は課題に対する力になります。

自己PRの作り方 4ステップ

1.キャリアの棚卸しをする
2.応募先企業のニーズを考える
3.自分の強みを言語化する
4.1~3で整理した情報を元に自己PR文にまとめる

履歴書、職務経歴書、面接用の自己PR作成の流れとポイント

まず、職務経歴書用に200~400文字程度の自己PR文を作成しましょう。履歴書はスペースが限られているので、職務経歴書用の自己PRのうち特に伝えたいことを中心に、100文字程度にまとめます。

面接の自己PRは職務経歴書用と同様になりますが、伝える時は表情や姿勢、話し方を意識しましょう。また、自己PRに対して、「なぜそう感じたのか?」「苦労したポイントは?」など、さらに踏み込んだ質問が来る可能性があるため、付随する質問を想定しておくと万全です。

改善・成長意欲を伝える際の注意点

自己PRは、具体的なエピソードと成果を交えることによって、採用担当者に効果的に伝えることができます。改善・成長意欲の場合、エピソードには「改善のきっかけ」や「課題意識」、「自分なりの工夫点」を盛り込み、「得られた成果」を併せて伝えましょう。

自己PRに使用するのは、大きな改善を図って成果が数字に表れたエピソードでなくても構いません。コツコツと改善を繰り返している場合は、そのプロセスで得た気づきや、改善によって生じた変化などを具体的に伝えましょう。

企業は、受け身の姿勢ではなく、自発的に課題を発見し、前向きに取り組む姿勢を評価します。そのため、結果的に取り組みが失敗に終わったとしても、課題意識を持って改善に取り組んだプロセスと、失敗によって得られた学びを補足することで、改善・成長意欲の自己PRとして十分アピールすることができるでしょう。

【職種別】「改善・成長意欲」の自己PR例文

「改善・成長意欲」を強みにした自己PRの例文を、職種別にご紹介します。

総務の自己PR例文

私は「改善力」を強みにしています。
現職では、2年前にオフィス環境の改善責任者を任されました。備品の発注やレイアウトに関しては社員から要望を受けることもありますが、オフィス環境の向上に関する意見はほとんどありませんでした。そのため、他社を経験している派遣スタッフや中途入社者、新卒のインターン生などに、他社で印象的だった総務関連の運営方法や、現時点での不満点などをヒアリングすることにしました。また、営業に同行してオフィスを見せていただき、総務担当者を紹介してもらうなど、情報収集に努めました。3カ月後に得られた情報をまとめて、13種類の改善案を管理部門長に提案。7つの案が承認され、年間で1割のコスト改善につなげることができました。

これまでの総務経験を活かして、貴社のオフィス環境の向上に貢献したいと考えております。

食品スーパー主任の自己PR例文

売上アップや顧客満足のための改善が得意です。
現職は、売り場づくりとアルバイト・パートスタッフの管理が業務の中心です。売り場づくりにおいては、ターゲットに合わせた陳列とポップにこだわっていました。食材と調味料を一緒に置いてメニューを提案したり、高額商品専用のディスプレイで特別感を出したりしたところ、売り上げは昨対比で112%を達成しました。

アルバイト・パートスタッフに対しては、改善アイデアを出した場合、インセンティブをつけることにしたところ、売り上げやサービス改善に役立つアイデアが数多く出されました。自分の意見が現場に反映されたり、インセンティブがついたりすることでモチベーションが高まり、アルバイト・パートスタッフの離職率も改善することができました。こうした主任経験を活かして、貴社サービスの業績アップに貢献したいと考えております。

経理アシスタントの自己PR例文

成長意欲が高いと自負しています。
前職では事務職でしたが、営業のサポートで請求書の回収や受発注の管理をしているうちに、経理業務も一部アシスタントすることになりました。経理の業務を覚えるうちに基礎から学びたいと考え、半年前に日商簿記検定三級を取得しました。また、経理の実務を早く身につけるために、事務と営業サポート業務を効率化し、捻出した時間を経理業務に充てることにしました。例えば、営業や顧客とのメールはすべてテンプレート化し、共有ファイルはスプレッドシートを活用することで、作成や送付する手間を省いたところ、経理業務を追加しても残業は発生せず、業務の幅を増やすことができています。

事務と営業・経理アシスタントの経験を活かして、貴社の業務に寄与したいと考えております。

その他の自己PR例を見たい場合

自己PRがなかなかうまくまとまらない時は、他のケースの自己PRも参考にしてみてください。あなたのキャリアに合った自己PR例が見つかるかもしれません。

自分に関わる強み】自己PR例文サンプル集
やり抜く力 忍耐力
継続力 粘り強さ
実行力 活動意欲
集中力 ストレス耐性
主体性 挑戦心・チャレンジ精神
改善・成長意欲 前向き思考
学ぶ姿勢 度胸がある・本番に強い
感情をコントロールする力 タフさ(精神力)
使命感・責任感 目標指向性・達成意欲
パッション(情熱) 探究心
好奇心 変化対応力・柔軟性
行動力 積極性
他人に関わる強み】自己PR例文サンプル集
親しみやすさ 気配り・ホスピタリティ
素直さ 誠実さ
真面目さ 約束を守る
協調性・チームワーク力 指導・育成力
働きかける力(巻き込み力) わかりやすく伝える力
傾聴力 プレゼンテーション力
調整・交渉力 コミュニケーション力
リーダーシップ
課題に対する強み】自己PR例文サンプル集
論理的思考力 課題発見力
企画力 計画力
想像力 提案力
分析力 広い視点で捉える力
正確性 スピード

※リンクが無いものは現在作成中で、順次公開予定です。

記事制作日:2021年8月27日 EDIT:リクナビNEXT編集部

あなたにぴったりの求人は?

自分で求人を探してみる

転職すると年収はいくら?

転職後の年収レポートを見る

転職にお悩みの方

転職のプロに相談してみる