転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2021/05/05 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 自己PRのコツ > 【協調性の自己PR例文】履歴書や職務経歴書、面接でアピールするポイント

【協調性の自己PR例文】履歴書や職務経歴書、面接でアピールするポイント

協調性の自己PR自己PRは、転職活動で必要となる職務経歴書や、面接でも必ず聞かれる重要な項目です。ただ、いざ自己PRを考え始めてみると、「なかなか浮かばない…」と悩んでしまう方も多いようです。

そこで今回は、「協調性」をアピールしたい場合の自己PR文作成のポイントと、例文をご紹介します。

アドバイザー

粟野友樹さんプロフィール画像

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント

粟野友樹氏

約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。

「協調性」とは?

「協調性」とは、役割や考え方の異なる人とも意思疎通を図り、円滑に業務を遂行できる力のことです。協調性は、会社組織で働く上で必要となるベーシックなスキル。特に、チームワークを活かして成果を出すような仕事や、多様な役割や価値観の人とコミュニケーションを図るような仕事で、協調性のアピールが有効となるでしょう。

自己PR作成のポイント(履歴書、職務経歴書、面接)

自己PR作成のポイントと、履歴書、職務経歴書、面接用に作成する方法をご説明します。

自己PRの作り方

自己PRは、まず「キャリアの棚卸し」を行い、これまでの経験・スキルや得意分野を明らかにすることから始めます。次に応募先企業の人材ニーズを掴み、棚卸しした経験・スキルや得意分野からアピールできそうな強みをピックアップして言語化。最後に自己PR文として、エピソードを交えて作成します。

「自分の強み」に活かせる3つの力

自己PRに盛り込む「自分の強み」を考える際、大きく次の3つに分けられます。

  • 他人に関わる力 (協調性やチームワーク、指導・育成力など)
  • 自分に関わる力 (責任感、行動力、計画性、粘り強さなど)
  • 課題に対する力 (論理的思考力、分析力、企画力など)

「協調性」は他人に関わる力になります。

自己PRの作り方 4ステップ

  1. キャリアの棚卸しをする
  2. 応募先企業のニーズを考える
  3. 自分の強みを言語化する
  4. 1~3で整理した情報を元に自己PR文にまとめる

履歴書、職務経歴書、面接用の自己PR作成の流れとポイント

まず、職務経歴書用に200~400文字程度の自己PR文を作成しましょう。履歴書はスペースが限られているので、職務経歴書用の自己PRのうち特に伝えたいことを中心に、100文字程度にまとめます。

面接の自己PRは職務経歴書用と同様になりますが、伝える時は表情姿勢話し方を意識しましょう。また、自己PRに対して、「なぜそう感じたのか?」「苦労したポイントは?」など、さらに踏み込んだ質問が来る可能性があるため、付随する質問を想定しておくと万全です。

協調性を伝える際の注意点

円滑な組織運営のために協調性はとても重要な力ですが、自己PRとして伝える場合は工夫が必要です。「協調性=他者と調和して業務を遂行できる力」を評価する企業もありますが、「他者との調和」は前提条件とした上で、「協調性を活かしてどのように成果を出すことができるのか」までを判断する企業もあるからです。

そのため、例えば「協調性が強みです。税理士事務所の経理スタッフとして、メンバーとの和を意識しながらミスなく作業しました」という自己PRの場合、前者の企業に対しては協調性のアピールが有効に働くかもしれませんが、後者の企業では「受け身の姿勢」「指示待ち」と捉えられてしまう可能性があります。特に、即戦力となる経験者を求めている企業の場合は、協調性だけのアピールでは十分とは言えないでしょう。

協調性を自己PRにしたい場合は、応募する求人の仕事内容を読み込んで「企業が求める人物像」をイメージすることが重要です。例えば「面倒見の良さ」や「思いやりの気持ち」、「チームワーク」「人との繋がりを大切にする」など、人や組織との関係構築力を重視するようなキーワードが並んでいる場合は、協調性を軸にして、求める人物像にフィットするような自己PRを構成しましょう。一方で、「協調性のある方求む」と記載があっても、「課題解決力」や「経営的視点」、「裁量の大きさ」「リーダーシップ」など、主体的な行動を重視するようなキーワードが並んでいるのであれば、協調性を前提としながらも、主体性を意識したエピソードなどを自己PRに盛り込むようにしましょう。

【職種別】「協調性」の自己PR例文

「協調性」を強みにした自己PRの例文を、職種別にご紹介します。

営業アシスタントの自己PR例文

私の強みはチーム力を高める「協調性」です。
入社3年目までの若手が中心の営業組織で、アシスタント業務を行っていました。リーダーやマネジャーも忙しく、悩みを相談できないメンバーも多かったため、「業界勉強会」を実施。勉強会後はアンケートフォームを送って、匿名で疑問点や悩みを相談できるようにしました。

チームメンバーが気軽に会話できる場や、悩みを伝える機会を作ったことで、これまで顕在化していなかった課題の発見や組織の活性化に貢献しました。

店長の自己PR例文

販売店の店長として協調性を発揮し、メンバー全員が目標に向けて能動的に動き、当事者意識を持てる組織作りに注力してきました。販売数量や実績、売上目標などの経営情報を常に共有するほか、全員参加型のサービス向上のためのアイデアコンテストを企画し、実務に取り入れるなど、モチベーションを高めるための工夫をこらしました。

メンバー自ら考え、行動するチームを作ったことで、業績が上がり全社表彰される店舗へと成長させることができました。

コールセンターの自己PR例文

仕事では、スタッフの力を最大化させるために、「協調性」を意識しています。
アウトバウンド専門のコールセンターのリーダーをしていました。オペレーターはアルバイトスタッフが中心で、年配のベテランスタッフから、経験の短い学生まで様々でした。経験が浅いとなかなか成果が出ず、短期間で辞めてしまうアルバイトも多かったため、助け合いができるチーム作りを心掛けました。

シフトを工夫して、ベテランと経験の浅いアルバイトをペアにしたり、慣れるまではトークスクリプトのロールプレイングを集中して行ったりすることで、短期で辞めるアルバイトが半分以下に減りました。また、アルバイトの育成を通じて、ベテランスタッフにも責任感ややる気が出て、チームの受注数も昨対105%までアップしました。

その他の自己PR例を見たい場合

自己PRがなかなかうまくまとまらない時は、他のケースの自己PRも参考にしてみてください。あなたのキャリアに合った自己PR例が見つかるかもしれません。

▼アピールしたい内容別の例文
成果や実績 業務経験
専門スキル 個性や資格
他人に関わる力 課題に対する力
自分に関わる力 継続力
コミュニケーション力 責任感
協調性 積極性
忍耐力 計画性
行動力 調整力
▼経験が浅い場合の例文
未経験業種・職種 第二新卒
▼面接の自己PR例文
面接に使える自己PR
自己PRをこれから作成する方はこちら
履歴書や職務経歴書に使える!自己PRの書き方・例文集
記事制作日:2021年3月19日 EDIT:リクナビNEXT編集部