転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2017/08/18 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職の準備をする > 3分で分かる!転職活動の流れ

3分で分かる!転職活動の流れ

転職活動が初めての場合、転職活動を始めるにあたってまず何を準備すべきなのか、どのくらいの期間がかかるのか、気を付けておくべきことは何かなど、分からないことがたくさんあり、不安に思う方も多いのではないでしょうか。

まずは大まかな転職活動の流れと目安を知り、ひとつひとつ実行に移していきましょう。転職活動は、新しい仕事に出会うだけでなく、自分の働き方をしっかり見詰め直すことができる絶好の機会。ぜひ上手に活用してみては。

「3~6カ月」が平均的な転職活動期間

転職活動は、あらかじめスケジュールを立てておく必要があります。在職者の方の場合は、長期に及んでしまうと仕事との両立は難しくなりますし、離職者の方の場合は離職期間の長さがデメリットとなってしまいます。また、内定への返事も期限があるため、活動時期をあらかじめ決めて、入社企業の比較検討ができる状態を目指すことが、転職活動で後悔を生まないコツです。

転職活動のステップ

転職活動の流れを大きく分けると、「自分はどんな仕事が向いているのか?」「転職に何を求めるのか?」を明らかにする自己分析から始まり、企業や業界の情報収集、履歴書や職務経歴書の作成、そして求人への応募、面接と進みます。

目安となる期間は、「情報収集」「書類作成」までで2週間「応募」「面接」で1カ月「内定」までが1カ月半程度となります。

具体的な転職活動の流れ

転職の準備から、内定・退職までに行うことをまとめました。

転職活動の準備

◆自己分析

応募書類や面接の場で、自分を理解して興味を持ってもらわないと採用には結びつきません。そのため、これまでの経験から、自分の強みや弱みを明らかにする必要があります。転職によって本当に実現したいことを整理しましょう。

関連記事:転職活動に役立つ「自己分析」のポイント
無料自己分析ツール「グッドポイント診断」

◆情報収集

どんな会社で働きたいのか?その業界の特徴、将来性など、応募する企業を探し、比較検討を行い、具体的に自分がどのように活躍できそうか、しっかりと情報収集を行いましょう。

関連記事:自分に合った企業や仕事を探す方法とは?
目的別情報ツール活用法

応募書類の作成

◆履歴書作成

応募書類の第一歩。まず、履歴書を作成します。いきなり記入してしまうと、余白が目立ったり書ききれなくなってしまうことも。あらかじめ書くことをまとめてから、ゆっくり丁寧に記入すると失敗が防げます。

関連記事:差をつける履歴書のコツ!履歴書作成の心得
自己PRサンプル例文
会社に対する志望動機サンプル例文
職種別の志望動機例文・サンプル集

◆職務経歴書作成

職務経歴書を作成します。書類の仕上がりによって、応募から面接への通過率や印象が変わることも。読みやすさを心がけて、あなたの経験が魅了的に映るようにまとめましょう。

関連記事:職務経歴書作成ガイド【書き方見本集】

求人に応募する

◆応募

準備が整ったら、いよいよ応募開始です。選考が進んだ時に、求人情報や企業の採用情報だけでは分からない魅力が見つかることも。興味を持った企業には、積極的に応募してみましょう。

関連記事:自分に合った求人を見つけるために、検索機能を使いこなそう!
求人情報の正しい読み方
転職するときの適切な応募回数とは?

面接対策する

◆面接

身だしなみや立ち振る舞いなど基本的な面接マナーの把握だけでなく、自分の魅力を上手に伝えるための面接対策をしておきましょう。また、「志望動機」「退職理由」など、面接の定番質問については、あらかじめ回答の準備を。

関連記事:面接の流れと3つのポイント
面接のマナーと服装
面接の想定質問集
効果的な面接逆質問

内定・退職手続き

◆内定

企業から内定連絡が来たら、入社承諾の返事をする前にきちんと労働条件を確認しておきましょう。あらかじめ面接が終わった時点で企業から伝えられた労働条件をメモしておくと、確認がスムーズです。

関連記事:内定後の流れ

◆退職手続き

円満退社のために、関係各位への報告や仕事の引き継ぎ、退職に関する事務手続きなどは余裕を持って行いましょう。また、健康保険証や名刺、入館証など会社から支給されているものの返却と、年金手帳など受け取るものの確認も忘れずに。

関連記事:円満退職するための、退職願の書き方
退職2カ月前~当日まで 円満退職のためのスケジュール
円満退社するための、正しい退職の意思の伝え方

 

以上が転職の大まかな流れになります。また、記載している転職期間は、あくまで目安なので、あなたが現在置かれている状況に合わせて、無理のないスケジュールを立ててみてください。

記事作成日:2017年1月29日