転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2021/10/15 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 自己PRのコツ > 【前向き思考の自己PR例文】履歴書や職務経歴書、面接でアピールするポイント

【前向き思考の自己PR例文】履歴書や職務経歴書、面接でアピールするポイント

自己PRは、転職活動で必要となる職務経歴書や、面接でも必ず聞かれる重要な項目です。ただ、いざ自己PRを考え始めてみると、「なかなか浮かばない…」と悩んでしまう方も多いようです。

そこで今回は、「前向き思考」をアピールしたい場合の自己PR文作成のポイントと、例文をご紹介します。

アドバイザー

粟野友樹さんプロフィール画像

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント

粟野友樹

約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。

「前向き思考」とは?

「前向き思考」とは、何事も前向きに捉え仕事に活かせる力のこと。困難に直面したときでも、周りを元気づけたり鼓舞したりと、周囲に好影響を与えることができます。ネガティブな感情に流されず常に前を向いて対処できる力は、ビジネスパーソンの基本スキルとしてどの会社でもプラスに評価されるでしょう。

自己PR作成のポイント(履歴書、職務経歴書、面接)

自己PR作成のポイントと、履歴書、職務経歴書、面接用に作成する方法をご説明します。

自己PRの作り方

自己PRは、まず「キャリアの棚卸し」を行い、これまでの経験・スキルや得意分野を明らかにすることから始めます。

次に応募先企業の人材ニーズを掴み、棚卸しした経験・スキルや得意分野からアピールできそうな強みをピックアップして言語化。最後に自己PR文として、エピソードを交えて作成します。

「自分の強み」に活かせる3つの力

自己PRに盛り込む「自分の強み」を考える際、大きく次の3つに分けられます。

  • 他人に関わる力 (協調性やチームワーク、指導・育成力など)
  • 自分に関わる力 (責任感、行動力、計画性、粘り強さなど)
  • 課題に対する力 (論理的思考力、分析力、企画力など)

「前向き思考」は自分に関わる力になります。

自己PRの作り方 4ステップ

1.キャリアの棚卸しをする
2.応募先企業のニーズを考える
3.自分の強みを言語化する
4.1~3で整理した情報を元に自己PR文にまとめる

履歴書、職務経歴書、面接用の自己PR作成の流れとポイント

まず、職務経歴書用に200~400文字程度の自己PR文を作成しましょう。履歴書はスペースが限られているので、職務経歴書用の自己PRのうち特に伝えたいことを中心に、100文字程度にまとめます。

面接の自己PRは職務経歴書用と同様になりますが、伝える時は表情や姿勢、話し方を意識しましょう。また、自己PRに対して、「なぜそう感じたのか?」「苦労したポイントは?」など、さらに踏み込んだ質問が来る可能性があるため、付随する質問を想定しておくと万全です。

前向き思考を伝える際の注意点

「前向き思考」を自己PRとして伝える際は、「常に前向き思考で物事を捉えることで、どんな影響を及ぼし、どんな成果が上がったのか」まで伝えましょう。前向きさをアピールする人は多く、差別化を図るためには前向き思考がどう業務に寄与しているのか、具体的に説明する必要があるからです。

前向き思考が好影響を及ぼした具体的なエピソードとセットで、前向き思考の高さをアピールするといいでしょう。例えば、「高い営業目標を背負うことになったが、前向き思考で最後まで努力し続け、期末ぎりぎりに達成することができた」「プロジェクトの途中で大きなミスが発覚したとき、落ち込むメンバーが前を向けるよう励ましながら、対処方法を考え実行できた」などと伝えることで、応募先企業に「自社でも前向きさを発揮して、職場を明るく元気にしてくれそうだ」とイメージしてもらうことができるでしょう。

なお、「前向き=楽観的であり物事を深く考えないタイプ」という見方をされる可能性があるので、責任感の強さや物事に誠実に取り組む姿勢も伝えるといいでしょう。また、なぜ前向き思考ができるようになったのか、その理由も併せて伝えておくとさらに説得力が増します。

【職種別】「前向き思考」の自己PR例文

「前向き思考」を強みにした自己PRの例文を、職種別にご紹介します。

営業の自己PR例文

私の強みは前向き思考です。営業の仕事はタフさが求められる場面も多いため、前向き思考が仕事にいい影響を与えていると感じます。
先日、担当するクライアントが業績不振のため、予定していた発注が見送りになり、第一四半期の締め日を目前に目標数字を大幅に下回る見通しになってしまいました。しかし、すぐに頭を切り替えて新規開拓に臨み、ギリギリまで前向きに営業活動に取り組んだ結果、最終日に目標を達成することができました。ほかのチームメンバーも営業に苦戦していましたが、「田中があきらめず前向きに目標に挑み続ける姿勢に刺激を受けた」と奮起してくれて、チーム全員で最後まで走り続けることができました。

営業事務の自己PR例文

私は常に前向き思考で行動することで、所属部署にいい影響を与えられるよう心がけています。営業事務は、各種書類の作成や営業数字の管理などを行いますが、営業フォローなどの雑務も多い役割。業務量が多いので月末は常に忙しいのですが、そういうときこそ笑顔と前向きさを忘れないことが、抜け漏れのない正確な仕事につながっていると思います。また、疲れて帰ってきた営業に励ましの言葉を掛けることで、職場を活気づけるようにもしています。

以前は営業と営業事務の連携がうまくとれておらず、部内の雰囲気も決していいとは言えなかったのですが、私から意識して明るく声掛けをするなどコミュニケーションの工夫したところ、少しずつ雰囲気が変わり意思疎通も円滑になりました。この成功体験を機に、「課題に直面しても常に笑顔で前向きに取り組む」姿勢を意識しています。また、主体性やチャレンジ精神も磨かれていると感じます。

販売の自己PR例文

販売の仕事を通じて、「自分の強みは前向き思考だ」と感じています。接客業務にはやりがいを持っていますが、時には思ったように売り上げが上がらなかったり、お客様に厳しいことを言われたりして落ち込むこともあります。そんな場面でも、ネガティブな感情に流されず、笑顔で接客し続けることで打破できると思っています。

しんどいときこそ、笑顔で明るくハキハキと。これを徹底し続けることで、徐々に売り場全体が明るく活気ある雰囲気に変わります。先日は、初めて来店し購入してくださったお客様に「販売員の皆さんがみんな笑顔で温かい雰囲気だったから、つい立ち寄ってしまった」と言われ、本当に嬉しく思いました。これからも、前向き思考で売り場を明るくして、売り上げアップにも貢献できたらと思っています。

その他の自己PR例を見たい場合

自己PRがなかなかうまくまとまらない時は、他のケースの自己PRも参考にしてみてください。あなたのキャリアに合った自己PR例が見つかるかもしれません。

自分に関わる強み】自己PR例文サンプル集
やり抜く力 忍耐力
継続力 粘り強さ
実行力 活動意欲
集中力 ストレス耐性
主体性 挑戦心・チャレンジ精神
改善・成長意欲 前向き思考
学ぶ姿勢 度胸がある・本番に強い
感情をコントロールする力 タフさ(精神力)
使命感・責任感 目標指向性・達成意欲
パッション(情熱) 探究心
好奇心 変化対応力・柔軟性
行動力 積極性
他人に関わる強み】自己PR例文サンプル集
親しみやすさ 気配り・ホスピタリティ
素直さ 誠実さ
真面目さ 約束を守る
協調性・チームワーク力 指導・育成力
働きかける力(巻き込み力) わかりやすく伝える力
傾聴力 プレゼンテーション力
調整・交渉力 コミュニケーション力
リーダーシップ
課題に対する強み】自己PR例文サンプル集
論理的思考力 課題発見力
企画力 計画力
想像力 提案力
分析力 広い視点で捉える力
正確性 スピード

※リンクが無いものは現在作成中で、順次公開予定です。

記事制作日:2021年8月27日 WRITTER:伊藤理子 EDIT:リクナビNEXT編集部

あなたにぴったりの求人は?

自分で求人を探してみる

転職すると年収はいくら?

転職後の年収レポートを見る

転職にお悩みの方

転職のプロに相談してみる