転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2021/10/15 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 自己PRのコツ > 【ストレス耐性の自己PR例文】履歴書や職務経歴書、面接でアピールするポイント

【ストレス耐性の自己PR例文】履歴書や職務経歴書、面接でアピールするポイント

自己PRは、転職活動で必要となる職務経歴書や、面接でも必ず聞かれる重要な項目です。ただ、いざ自己PRを考え始めてみると、「なかなか浮かばない…」と悩んでしまう方も多いようです。

そこで今回は、「ストレス耐性」をアピールしたい場合の自己PR文作成のポイントと、例文をご紹介します。

アドバイザー

粟野友樹さんプロフィール画像

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント

粟野友樹

約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。

「ストレス耐性」とは?

「ストレス耐性」とは、困難があっても投げ出さず、目的のために継続できる力を指します。「忍耐力」に近い強みと言えるでしょう。粘り強く仕事を続けることができるストレス耐性は、ビジネススキルのひとつとして重要ですが、忍耐力と同様に「辛くても我慢する」という受動的な意味が含まれます。そのため、ストレス耐性だけを強調してしまうと、採用担当者から「問題があっても自ら発信しないのでは」「チームワークを活かして働けるのだろうか」といった不安を抱かれる可能性があります。

ストレス耐性は、「継続性」「粘り強さ」などに言い換えることができます。もしストレス耐性を強みとしているのであれば、言い換えや前向きな表現を意識し、成果を出したエピソードを交えてアピールしましょう。

自己PR作成のポイント(履歴書、職務経歴書、面接)

自己PR作成のポイントと、履歴書、職務経歴書、面接用に作成する方法をご説明します。

自己PRの作り方

自己PRは、まず「キャリアの棚卸し」を行い、これまでの経験・スキルや得意分野を明らかにすることから始めます。

次に応募先企業の人材ニーズを掴み、棚卸しした経験・スキルや得意分野からアピールできそうな強みをピックアップして言語化。最後に自己PR文として、エピソードを交えて作成します。

「自分の強み」に活かせる3つの力

自己PRに盛り込む「自分の強み」を考える際、大きく次の3つに分けられます。

  • 他人に関わる力 (協調性やチームワーク、指導・育成力など)
  • 自分に関わる力 (責任感、行動力、計画性、粘り強さなど)
  • 課題に対する力 (論理的思考力、分析力、企画力など)

「ストレス耐性」は自分に関わる力になります。

自己PRの作り方 4ステップ

1.キャリアの棚卸しをする
2.応募先企業のニーズを考える
3.自分の強みを言語化する
4.1~3で整理した情報を元に自己PR文にまとめる

履歴書、職務経歴書、面接用の自己PR作成の流れとポイント

まず、職務経歴書用に200~400文字程度の自己PR文を作成しましょう。履歴書はスペースが限られているので、職務経歴書用の自己PRのうち特に伝えたいことを中心に、100文字程度にまとめます。

面接の自己PRは職務経歴書用と同様になりますが、伝える時は表情や姿勢、話し方を意識しましょう。また、自己PRに対して、「なぜそう感じたのか?」「苦労したポイントは?」など、さらに踏み込んだ質問が来る可能性があるため、付随する質問を想定しておくと万全です。

ストレス耐性を伝える際の注意点

ストレス耐性は、伝え方によっては「何かあっても我慢してしまうのでは」などの懸念を抱かれる可能性があります。そのため、ストレス耐性を自己PRに使いたい場合は、2つの方法があります。

「目的」と「成果」を強調する

困難があっても投げ出さず、目的のためにコツコツと仕事に取り組む姿勢はとても重要ですが、ストレス耐性を自己PRにする際は、「耐え忍んだエピソード」をメインにするのではなく、「背景や目的」と「ストレス耐性によって得られた成果」を中心に伝えることを意識しましょう。なお、背景を強調しすぎてしまうと、ネガティブな要素が多くなってしまう点に注意が必要です。また、「受け身の姿勢」と捉えられないように、工夫したポイントなども盛り込んでもいいでしょう。

「継続力」や「粘り強さ」など他の言葉に言い換える

ストレス耐性を「継続力」や「粘り強さ」などに言い換えて自己PRを作成するという方法もあります。「自分の強みやエピソードを言い換える言葉が浮かばない」という方は、応募したい求人の「求める人物像」「仕事内容」などをヒントにして、言い換える言葉を考えてみましょう。例えば、「諦めずに問題解決を図る」「トラブルが発生しても動じない」など、強みにフィットした表現が見つかるかもしれません。

【職種別】「ストレス耐性」の自己PR例文

「ストレス耐性」を強みにした自己PRの例文を、職種別にご紹介します。

コミュニケーターの自己PR例文

持ち前のストレス耐性を活かして、電話営業のコミュニケーター業務を行ってきました。
現職では、取引額が小さい既存顧客の大半を、電話とオンラインを中心とした無訪問営業で対応しています。一人200社を担当していると、時にはクレームや強いご要望を受けることもあります。電話やオンラインは、声色や話すスピードで印象が決まりやすいので、どのような内容であっても平常心を保ち、不満を残さずに会話を終了することを心がけていました。また、顧客管理システムに履歴を残してアラートを設定し、定期的なフォローも行っていました。昨年は、担当顧客の7%が受注額アップによる訪問営業に移行し、15名のコミュニケーターチームで一位を達成しました。

貴社のダイレクトマーケティング事業でも、この経験を活かして売り上げと顧客満足に貢献したいと考えております。

社内SEの自己PR例文

私の強みは「粘り強さ」です。
社内で使用している受注管理システムは、古くから複数のシステムを連携して無理やり最適化している状態でした。データ量が増えて動作が不安定になり、営業からも問い合わせが多く届くようになったため、上長に提言しシステムのリプレイスを行うことになりました。影響範囲が大きいので、まず関係部署のキーパーソンに使用シーンをヒアリングしました。じっくりタスクを紐解いていくと、使われていない機能やデータも多く見つかりました。複数のシステムを連携していたため、思わぬ不具合へのプレッシャーもありましたが、予定通りにリプレイスを実現することができました。システムを統一したため、メンテナンスコストは20%ほど削減できました。
こうした経験を活かして、貴社においてもより良いIT環境を提供したいと考えております。

営業事務の自己PR例文

私は、ストレスに強い方だと自負しております。
現職の企業は1年前に合併したのですが、私の在籍していた事業部は売り上げが少なかったため、利益改善のための業務整理を行うことになりました。しかし、新しい責任者は合併先企業出身で、既存社員との摩擦が発生し、半年で事業部の4割以上が退職してしまいました。退職者が出るたびに業務を洗い出し、効率化して後任に引き継ぐという作業を繰り返した結果、利益は5%程度改善し、事業としても安定するようになりました。

親しい方が辞めていき、業務負荷が高まっていた時期はストレスを感じることもありましたが、前向きに取り組んだ結果、数多くの業務の効率化を図ることができました。特にExcelによるルーティンワークの自動化は、この1年でスキルが大きく上達したと思います。この経験を活かして、貴社の事業に貢献したいと考えております。

その他の自己PR例を見たい場合

自己PRがなかなかうまくまとまらない時は、他のケースの自己PRも参考にしてみてください。あなたのキャリアに合った自己PR例が見つかるかもしれません。

自分に関わる強み】自己PR例文サンプル集
やり抜く力 忍耐力
継続力 粘り強さ
実行力 活動意欲
集中力 ストレス耐性
主体性 挑戦心・チャレンジ精神
改善・成長意欲 前向き思考
学ぶ姿勢 度胸がある・本番に強い
感情をコントロールする力 タフさ(精神力)
使命感・責任感 目標指向性・達成意欲
パッション(情熱) 探究心
好奇心 変化対応力・柔軟性
行動力 積極性
他人に関わる強み】自己PR例文サンプル集
親しみやすさ 気配り・ホスピタリティ
素直さ 誠実さ
真面目さ 約束を守る
協調性・チームワーク力 指導・育成力
働きかける力(巻き込み力) わかりやすく伝える力
傾聴力 プレゼンテーション力
調整・交渉力 コミュニケーション力
リーダーシップ
課題に対する強み】自己PR例文サンプル集
論理的思考力 課題発見力
企画力 計画力
想像力 提案力
分析力 広い視点で捉える力
正確性 スピード

※リンクが無いものは現在作成中で、順次公開予定です。

記事制作日:2021年8月27日 EDIT:リクナビNEXT編集部

あなたにぴったりの求人は?

自分で求人を探してみる

転職すると年収はいくら?

転職後の年収レポートを見る

転職にお悩みの方

転職のプロに相談してみる