転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2022/04/15 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 自己PRの書き方 > 自己PRの例文 > 【課題発見力の自己PR例文】履歴書や職務経歴書、面接でアピールするポイント

【課題発見力の自己PR例文】履歴書や職務経歴書、面接でアピールするポイント

自己PRは、転職活動で必要となる職務経歴書や、面接でも必ず聞かれる重要な項目です。ただ、いざ自己PRを考え始めてみると、「なかなか浮かばない…」と悩んでしまう方も多いようです。

そこで今回は、「課題発見力」をアピールしたい場合の自己PR文作成のポイントと、例文をご紹介します。

アドバイザー

粟野友樹さんプロフィール画像

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント

粟野友樹

約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。

「課題発見力」とは?

「課題発見力」とは、会社・事業の目標や自身が目指す姿と、現状とのギャップを洗い出せる力のこと。「理想や目標」と「現状」の双方を正しく把握したうえで、足りないもの、改善できるもの、より良くできるものを見つけ出し、ギャップを埋めるための具体的な方法を考え実行するまでの一連の行動全般を指します。

多くの課題は顕在化しておらず、表面上は見えないもの。現状に疑問を持ち、自ら課題を掘り起こし、問題に発展する前に食い止めようと努力する姿勢は、どの企業・職種においても必要とされます。課題発見力を活かして成果を挙げた経験のある人は、ぜひ前面に出してアピールしましょう。

自己PR作成のポイント(履歴書、職務経歴書、面接)

自己PR作成のポイントと、履歴書、職務経歴書、面接用に作成する方法をご説明します。

自己PRの作り方

自己PRは、まず「キャリアの棚卸し」を行い、これまでの経験・スキルや得意分野を明らかにすることから始めます。次に応募先企業の人材ニーズを掴み、棚卸しした経験・スキルや得意分野からアピールできそうな強みをピックアップして言語化。最後に自己PR文として、エピソードを交えて作成します。

「自分の強み」に活かせる3つの力

自己PRに盛り込む「自分の強み」を考える際、大きく次の3つに分けられます。

 ・他人に関わる力 (協調性やチームワーク、指導・育成力など)
 ・自分に関わる力 (責任感、行動力、計画性、粘り強さなど)
 ・課題に対する力 (論理的思考力、分析力、企画力など)

「課題発見力」は課題に対する力になります。

自己PRの作り方 4ステップ

1.キャリアの棚卸しをする
2.応募先企業のニーズを考える
3.自分の強みを言語化する
4.1~3で整理した情報を元に自己PR文にまとめる

履歴書、職務経歴書、面接用の自己PR作成の流れとポイント

まず、職務経歴書用に200~400文字程度の自己PR文を作成しましょう。履歴書はスペースが限られているので、職務経歴書用の自己PRのうち特に伝えたいことを中心に、100文字程度にまとめます

面接の自己PRは職務経歴書用と同様になりますが、伝える時は表情や姿勢、話し方を意識しましょう。また、自己PRに対して、「なぜそう感じたのか?」「苦労したポイントは?」など、さらに踏み込んだ質問が来る可能性があるため、付随する質問を想定しておくと万全です。

課題発見力を伝える際の注意点

まずは、どのように課題を発見してきたのか、自分なりの努力や工夫、着眼を具体的に伝えることが大切です。例えば、現状に満足せず常に改善点を探し続ける、常に目標を明確にしてどこに現状とのギャップがあるか探る、当たり前を疑う姿勢を大切にする…など。

そして、課題を発見した後、どんな方法で解決に導き、どんな成果を挙げたのか、エピソードを交えて説明しましょう。潜在的な課題を発見するだけでなく、解決に動いた一連の流れを伝えることで、課題発見力だけでなく「課題を解決する力」もアピールすることもできます

「自分なりの努力や工夫+具体的なエピソード」のセットは、再現性の高さを期待させます。採用担当者に、「我が社でもこのような姿勢で、顕在化する前の課題を発見し解決に動いてくれそうだ」と思ってもらえるでしょう。

【職種別】「課題発見力」の自己PR例文

「課題発見力」を強みにした自己PRの例文を、職種別にご紹介します。

営業の自己PR例文

私の強みは課題発見力の高さです。クライアント企業の懐に入り込み、さまざまな立場、さまざまな部署の人とコミュニケーションを取りながら、クライアント側も気づいていなかった課題をつかむことを徹底。それを提案内容に組み込むことで営業として高い成果を挙げています。

例えば、普段は接点のない営業部門をご紹介いただき、主に事務スタッフにヒアリングを行ったところ、営業実績の入力作業が煩雑で現場に負荷がかかっていることをつかみました。そこからクライアント向けにカスタマイズした営業管理システムを提案、先方にも高く評価され、大型受注につなげました。

営業としての自分の課題も、常に意識しています。毎日、終業前に1日の行動を振り返り、さらに行動量を増やし実績を上げるにはどうすればいいか、今解決すべき課題を洗い出し行動することを習慣化しています。この習慣が、課題解決力のブラッシュアップにつながっていると感じています。

一般事務の自己PR例文

私は常に、課題発見力を活かして現状改善を行っています。一般事務の仕事は基本的にルーティンで、同じ業務を抜け漏れなく正確に遂行することが求められますが、その中でも現状より少しでも改善できることはないか、常に考え続けています。

例えば、スタッフごとの業務量のばらつきに課題感を覚え、毎朝のチーム会でその日1日の業務を共有し合うことを提案。業務量が多い人の一部役割を移管することで平準化を図りました。また、全員が一度に昼休憩を取るという習慣を見直し、必ず誰かがオフィスにいるようにスケジューリングすることで、他部署からの依頼や相談に迅速に対応できるようにしました。いずれも些末なことばかりではありますが、事務業務の効率化や生産性向上につながっています。

人事職の自己PR例文

現在の勤務先は創業3年目のベンチャーで、社員数は30人ほど。私は昨年人事担当者として入社しましたが、会社の体制がまだ整っていないため会社全体を見なければならない場面が多く、課題発見力が磨かれたと感じています。

例えば、社員数が増えるにつれ互いの顔が見えにくくなったと感じたため、月1回のピザパーティーを企画したり、社員が自由に行動できるように外からでも勤怠申告ができるシステムを設計したり、業務量が増え残業が急増したため、生産性向上のアイディアを募り表彰するコンテストを企画するなど。いずれも社員から好評で、コンテストで表彰されたアイディアをただちに取り入れることで残業時間削減も実現しました。これからも組織の変化を見据えながら問題になりそうなことを察知し、できるだけ社員が楽しめそうな企画に落とし込みながら解決に導きたいと考えています。

その他の自己PR例を見たい場合

自己PRがなかなかうまくまとまらない時は、他のケースの自己PRも参考にしてみてください。あなたのキャリアに合った自己PR例が見つかるかもしれません。

自分に関わる強み】自己PR例文サンプル集
やり抜く力 忍耐力
継続力 粘り強さ
実行力 活動意欲
集中力 ストレス耐性
主体性 挑戦心・チャレンジ精神
改善・成長意欲 前向き思考
学ぶ姿勢 度胸がある・本番に強い
感情をコントロールする力 タフさ(精神力)
使命感・責任感 目標指向性・達成意欲
パッション(情熱) 探究心
好奇心 変化対応力・柔軟性
行動力 積極性
他人に関わる強み】自己PR例文サンプル集
親しみやすさ 気配り・ホスピタリティ
素直さ 誠実さ
真面目さ 約束を守る
協調性・チームワーク力 指導・育成力
働きかける力(巻き込み力) わかりやすく伝える力
傾聴力 プレゼンテーション力
調整・交渉力 コミュニケーション力
リーダーシップ
課題に対する強み】自己PR例文サンプル集
論理的思考力 課題発見力
企画力 計画力
想像力 提案力
分析力 広い視点で捉える力
正確性 スピード

診断ツールを使ってみる

どうしても思いつかない場合は、診断ツールを使ってみるという方法もあります。

リクナビNEXTでは、無料で使える自己分析ツール「グッドポイント診断」をご用意しています。簡単な質問に答えていくだけで、強みを5つ明らかにすることができます。診断結果は8,568通り。診断ツールを活用して、自分の強みとなるキーワードを探してみましょう。

無料診断はこちらから:会員登録して診断スタート
すでに会員の方はこちら:診断スタート
記事制作日:2022年1月31日 EDIT&WRITING:伊藤理子

イベント・セミナー※リクルートエージェントに遷移します

RAGイベント

申込締切日が近いイベント・セミナー

イベント情報を更新中