転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2021/07/23 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 自己PRのコツ > 【調整力の自己PR例文】履歴書や職務経歴書、面接でアピールするポイント

【調整力の自己PR例文】履歴書や職務経歴書、面接でアピールするポイント

自己PR 調整力自己PRは、転職活動で必要となる職務経歴書や、面接でも必ず聞かれる重要な項目です。ただ、いざ自己PRを考え始めてみると、「なかなか浮かばない…」と悩んでしまう方も多いようです。

そこで今回は、「調整力」をアピールしたい場合の自己PR文作成のポイントと、例文をご紹介します。

アドバイザー

粟野友樹さんプロフィール画像

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント

粟野友樹

約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。

「調整力」とは?

「調整力」とは、社内外のキーパーソンやメンバーに対して働きかけを行い、合意形成する力のことです。どのような仕事も、個人だけで完結することはほぼありません。調整力が不足していると、プロジェクトが進まなかったり、目指すゴールに到達しなかったりするため、調整力はビジネスの上で重要なスキルと言えます。特に、利害や立場が異なる複数の企業や関係者の合意を得る場合は、調整力が必須となるでしょう。

自己PR作成のポイント(履歴書、職務経歴書、面接)

自己PR作成のポイントと、履歴書、職務経歴書、面接用に作成する方法をご説明します。

自己PRの作り方

自己PRは、まず「キャリアの棚卸し」を行い、これまでの経験・スキルや得意分野を明らかにすることから始めます。次に応募先企業の人材ニーズを掴み、棚卸しした経験・スキルや得意分野からアピールできそうな強みをピックアップして言語化。最後に自己PR文として、エピソードを交えて作成します。

「自分の強み」に活かせる3つの力

自己PRに盛り込む「自分の強み」を考える際、大きく次の3つに分けられます。

  • 他人に関わる力 (協調性やチームワーク、指導・育成力など)
  • 自分に関わる力 (責任感、行動力、計画性、粘り強さなど)
  • 課題に対する力 (論理的思考力、分析力、企画力など)

「調整力」は他人に関わる力になります。

自己PRの作り方 4ステップ

  1. キャリアの棚卸しをする
  2. 応募先企業のニーズを考える
  3. 自分の強みを言語化する
  4. 1~3で整理した情報を元に自己PR文にまとめる

履歴書、職務経歴書、面接用の自己PR作成の流れとポイント

まず、職務経歴書用に200~400文字程度の自己PR文を作成しましょう。履歴書はスペースが限られているので、職務経歴書用の自己PRのうち特に伝えたいことを中心に、100文字程度にまとめます。

面接の自己PRは職務経歴書用と同様になりますが、伝える時は表情姿勢話し方を意識しましょう。また、自己PRに対して、「なぜそう感じたのか?」「苦労したポイントは?」など、さらに踏み込んだ質問が来る可能性があるため、付随する質問を想定しておくと万全です。

調整力を伝える際の注意点

業務を遂行する上で調整力は重要な強みとなりますが、自己PRとして伝える場合は工夫が必要です。調整相手との関係性や対象範囲、成果を具体的に伝えないと、どのような背景で調整力が発揮されたのか採用担当者がイメージできないからです。そこで、調整力を強みにする場合は、5つの構成にすると分かりやすくなります。

「調整力」を構成する5つの要素

  1. 強みの概要
  2. 課題や状況
  3. 調整相手・対象範囲
  4. 具体的な行動
  5. 成果

作成例(IT営業)

1.強みの概要

私の強みは、クライアントや他部署に働きかけて新たな価値を創造する「調整力」です。

2.課題や状況

○○業界の中小企業の新規営業を担当していましたが、主要製品ではコストと機能に対してニーズが見合わず、競合他社製品を選択されることに課題を感じていました。

3.調整相手・対象範囲

そこで、新規営業でヒアリングした結果をまとめて商品開発部門に打診。中小企業向けの新たなサービスの開発プロジェクトが立ち上がりました。

4.具体的な行動

リスクを抑えるために、まず○○業界向けに最低限の機能でテスト製品を開発し営業を行ったところ、目標XX社に対してXX社で受注することができました。この結果を営業本部と開発本部に訴え、新製品の開発が本格的にスタートしました。

5.成果

新規営業キャンペーンの実行役も買って出て、新規営業部が一丸となって新製品の拡販を行った結果、年間XXXX万円の売り上げを実現することができました。現在は中小企業向けの主力製品となっています。

【職種別】「調整力」の自己PR例文

「調整力」を強みにした自己PRの例文を、職種別にご紹介します。

経理の自己PR例文

私の強みは、部門間の「調整力」です。
営業部の経費書類の記載不足から、毎月経理スタッフのヒアリングが発生し、月末月初は残業が必ず発生していました。営業に負荷をかけずに記載不足が発生しないフローを確立するため、営業部と経理部のマネジャーを交えて検討会を開催することにしました。

検討会の過程で、経理処理をミスなく行うために、申請書類やフローが複雑化していることが問題と判明。簡略化した申請書案やフローを考え、営業メンバーにも意見を聞きながら完成を目指しました。新たな申請書とフローに切り替えてからは、一人当たり7時間/月の残業削減につながりました。

社内SEの自己PR例文

問題解決のための「調整力」に自信があります。
自社ECサイトのリニューアルのプロジェクトリーダーを務めた際に、親会社や役員、主要取引先などステークホルダーが多く、度重なる仕様変更が発生したことがありました。

そこでプロジェクトマネージャーと相談し、リニューアルを二段階に分け、合意形成に時間をかけることにしました。仕様変更のリスクとコスト、得られる成果を定量的に提示し、リニューアルの目的を関係者に何度も伝えるようにしました。また、人脈を通じて「味方になってくれるキーパーソン」を増やし、ステークホルダーが合意せざるを得ない状況を創出。結果として、二段階に分けた後の仕様変更は発生せず、無事にリリースすることができました。ECサイトの売り上げは昨対で140%にアップし、社長賞をいただきました。

その他の自己PR例を見たい場合

自己PRがなかなかうまくまとまらない時は、他のケースの自己PRも参考にしてみてください。あなたのキャリアに合った自己PR例が見つかるかもしれません。

▼アピールしたい内容別の例文
成果や実績 業務経験
専門スキル 個性や資格
他人に関わる力 課題に対する力
自分に関わる力 継続力
コミュニケーション力 責任感
協調性 積極性
忍耐力 計画性
行動力 調整力
主体性 リーダーシップ
学ぶ姿勢 度胸がある・本番に強い
やり抜く力 実行力
▼経験が浅い場合の例文
未経験業種・職種 第二新卒
▼面接の自己PR例文
面接に使える自己PR
自己PRをこれから作成する方はこちら
履歴書や職務経歴書に使える!自己PRの書き方・例文集
記事制作日:2021年4月12日 EDIT:リクナビNEXT編集部