転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2021/05/05 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 自己PRのコツ > 【積極性の自己PR例文】履歴書や職務経歴書、面接でアピールするポイント

【積極性の自己PR例文】履歴書や職務経歴書、面接でアピールするポイント

自己PR 積極性自己PRは、転職活動で必要となる職務経歴書や、面接でも必ず聞かれる重要な項目です。ただ、いざ自己PRを考え始めてみると、「なかなか浮かばない…」と悩んでしまう方も多いようです。

そこで今回は、「積極性」をアピールしたい場合の自己PR文作成のポイントと、例文をご紹介します。

アドバイザー

粟野友樹さんプロフィール画像

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント

粟野友樹氏

約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。

「積極性」とは?

「積極性」とは、目的や課題に対して能動的に行動する姿勢を指します。積極性はビジネスを活発化し、成果を導く重要なスキル。多くの企業は、従業員に対して与えられた仕事をこなす受け身の姿勢ではなく、自ら積極的に行動し成果を出してほしいと考えています。営業や販売、製造や開発などの直接部門だけでなく、役割が明確で定常業務の多い間接部門や、サポート業務が中心の事務スタッフなどでも、積極性の自己PRは有効に働くでしょう。

自己PR作成のポイント(履歴書、職務経歴書、面接)

自己PR作成のポイントと、履歴書、職務経歴書、面接用に作成する方法をご説明します。

自己PRの作り方

自己PRは、まず「キャリアの棚卸し」を行い、これまでの経験・スキルや得意分野を明らかにすることから始めます。次に応募先企業の人材ニーズを掴み、棚卸しした経験・スキルや得意分野からアピールできそうな強みをピックアップして言語化。最後に自己PR文として、エピソードを交えて作成します。

「自分の強み」に活かせる3つの力

自己PRに盛り込む「自分の強み」を考える際、大きく次の3つに分けられます。

  • 他人に関わる力 (協調性やチームワーク、指導・育成力など)
  • 自分に関わる力 (責任感、行動力、計画性、粘り強さなど)
  • 課題に対する力 (論理的思考力、分析力、企画力など)

「協調性」は自分に関わる力になります。

自己PRの作り方 4ステップ

  1. キャリアの棚卸しをする
  2. 応募先企業のニーズを考える
  3. 自分の強みを言語化する
  4. 1~3で整理した情報を元に自己PR文にまとめる

履歴書、職務経歴書、面接用の自己PR作成の流れとポイント

まず、職務経歴書用に200~400文字程度の自己PR文を作成しましょう。履歴書はスペースが限られているので、職務経歴書用の自己PRのうち特に伝えたいことを中心に、100文字程度にまとめます。

面接の自己PRは職務経歴書用と同様になりますが、伝える時は表情姿勢話し方を意識しましょう。また、自己PRに対して、「なぜそう感じたのか?」「苦労したポイントは?」など、さらに踏み込んだ質問が来る可能性があるため、付随する質問を想定しておくと万全です。

積極性を伝える際の注意点

積極性をアピールする場合は、人柄の紹介だけになってしまわないように、「行動のきっかけ」や「目的」を交えてまとめましょう。また、積極性によって変化したことや、得られたことなどの「具体的な成果」を盛り込むことも重要です。例えば「積極的にお客様のチラシ配りを手伝いました」というエピソードであれば、「関係を深めるために積極的にお客様のチラシ配りを手伝いました。責任者にも本気度が伝わり、提案の機会をいただけるようになりました」など、なぜ積極的に行動したのか、その積極性によって何が得られたのかを具体的に伝えましょう。

なお、「目に見える成果が出ていない」「規模が小さくアピールするほどではない」など、積極性をアピールするか迷っている方もいるかもしれません。ですが、日常的に配慮していることや工夫も、伝え方によっては積極性の自己PRになることもあります。例えば「優良顧客に対して手書きのメッセージカードを送っていた」「チームワークを深めるために積極的な挨拶を心掛けた」など、規模が小さく成果が数値化できなかったとしても、課題意識を持って自主的に行動したり、周囲を巻き込んだりしたエピソードがあれば自己PRになるでしょう。

【職種別】「積極性」の自己PR例文

「積極性」を強みにした自己PRの例文を、職種別にご紹介します。

店舗スタッフの自己PR例文

私の強みは「積極性」です。
飲食チェーンの店舗スタッフとして、アルバイトスタッフとの積極的なコミュニケーションを心掛けていました。アルバイトの日数が浅いうちは、分からないことがあったり嫌なことがあったりすると、すぐに辞めてしまうケースが多いからです。

積極的に話しかけて信頼関係を築くことによって、アルバイトスタッフの定着率も向上し、重要な業務も安心して任せられるようになりました。また、気心の知れたスタッフと働くことによって、サービス向上にも寄与したと自負しています。こうした経験や積極性を活かして、貴社の事業に貢献したいと考えております。

Webディレクターの自己PR例文

制作会社のWebディレクターとして、積極性を心掛けています。
クライアントのニーズをヒアリングし、目的やニーズに合致した機能やレイアウト、コンテンツがあれば積極的に提案していました。制作パートナーとして、より良いものを制作し、満足いただきたいと考えているからです。

〇〇領域のリニューアル案件では、競合他社のサイトも調査し「△△機能の追加」を提案しました。興味を持っていただき実装したところ、購買率が5%上がりました。クライアントから非常に喜ばれ、その後も継続してご依頼されるようになりました。

企画の自己PR例文

私の強みは積極性です。
業務用文房具の企画担当として、既存商品の売り上げアップや品質向上を任せられていました。一方で、自社ブランドの価値を高めるためには「新たな商品開発」が必要と考え、新規サービス開発プロジェクトを立ち上げて、積極的にアイデアを持ち込みました。

モニター調査を通じてニーズのヒアリングと商品開発を繰り返した結果、3つの新商品をリリースしました。そのうち1つは月間xxx個を売り上げるなど、コンスタントに売れる定番商品となっています。貴社の新規開発部門でも、この経験を活かして商品化に貢献したいと考えております。

その他の自己PR例を見たい場合

自己PRがなかなかうまくまとまらない時は、他のケースの自己PRも参考にしてみてください。あなたのキャリアに合った自己PR例が見つかるかもしれません。

▼アピールしたい内容別の例文
成果や実績 業務経験
専門スキル 個性や資格
他人に関わる力 課題に対する力
自分に関わる力 継続力
コミュニケーション力 責任感
協調性 積極性
忍耐力 計画性
行動力 調整力
▼経験が浅い場合の例文
未経験業種・職種 第二新卒
▼面接の自己PR例文
面接に使える自己PR
自己PRをこれから作成する方はこちら
履歴書や職務経歴書に使える!自己PRの書き方・例文集
記事制作日:2021年4月12日 EDIT:リクナビNEXT編集部