転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2021/07/23 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 自己PRのコツ > 【リーダーシップの自己PR例文】履歴書や職務経歴書、面接でアピールするポイント

【リーダーシップの自己PR例文】履歴書や職務経歴書、面接でアピールするポイント

自己PRは、転職活動で必要となる職務経歴書や、面接でも必ず聞かれる重要な項目です。ただ、いざ自己PRを考え始めてみると、「なかなか浮かばない…」と悩んでしまう方も多いようです。

そこで今回は、「リーダーシップ」をアピールしたい場合の自己PR文作成のポイントと、例文をご紹介します。

アドバイザー

粟野友樹さんプロフィール画像

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント

粟野友樹

約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。

「リーダーシップ」とは?

「リーダーシップ」とは、目標や方向性を提示し、実現のために育成、指導、サポートを行いながら、チームやメンバーを牽引する力を指します。また、問題が発生した際は、原因の究明や解決に導く手段を見出したり、関係者を巻き込んで環境を整えたりして、率先して問題解決を図ります。

リーダーシップは、多くの企業で求められる重要なスキルです。特に、メンバーの指導を任されているリーダーや管理職、プロジェクトのリーダーやマネージャーなどのポジションでは必須とされています。ただし、こうしたポジションに就いていなかったとしても、リーダーや管理職候補として評価される可能性もあるため、リーダーシップを発揮したエピソードがあれば、積極的にアピールしましょう。

自己PR作成のポイント(履歴書、職務経歴書、面接)

自己PR作成のポイントと、履歴書、職務経歴書、面接用に作成する方法をご説明します。

自己PRの作り方

自己PRは、まず「キャリアの棚卸し」を行い、これまでの経験・スキルや得意分野を明らかにすることから始めます。次に応募先企業の人材ニーズを掴み、棚卸しした経験・スキルや得意分野からアピールできそうな強みをピックアップして言語化。最後に自己PR文として、エピソードを交えて作成します。

「自分の強み」に活かせる3つの力

自己PRに盛り込む「自分の強み」を考える際、大きく次の3つに分けられます。

  • 他人に関わる力 (協調性やチームワーク、指導・育成力など)
  • 自分に関わる力 (責任感、行動力、計画性、粘り強さなど)
  • 課題に対する力 (論理的思考力、分析力、企画力など)

「リーダーシップ」は他人に関わる力になります。

自己PRの作り方 4ステップ

  1. キャリアの棚卸しをする
  2. 応募先企業のニーズを考える
  3. 自分の強みを言語化する
  4. 1~3で整理した情報を元に自己PR文にまとめる

履歴書、職務経歴書、面接用の自己PR作成の流れとポイント

まず、職務経歴書用に200~400文字程度の自己PR文を作成しましょう。履歴書はスペースが限られているので、職務経歴書用の自己PRのうち特に伝えたいことを中心に、100文字程度にまとめます。

面接の自己PRは職務経歴書用と同様になりますが、伝える時は表情姿勢話し方を意識しましょう。また、自己PRに対して、「なぜそう感じたのか?」「苦労したポイントは?」など、さらに踏み込んだ質問が来る可能性があるため、付随する質問を想定しておくと万全です。

リーダーシップを伝える際の注意点

リーダーシップを発揮し、メンバーを動かして目標達成や成果を出すためには、様々なアクションが必要となります。ただし、リーダーシップを伝えようとして、「目標設定も指導も育成もサポートもすべて行った」と自己PRにすべてのアクションを羅列してしまうと、強みがぼやけてしまいます。

そのため、リーダーシップの裏付となるエピソードは、「課題(問題)」と「課題解決のために意識したこと」、「具体的な解決手段」、「得られた成果」で構成しましょう。前提となる「課題(問題)」や「課題解決のために意識したこと」を交えることによって、置かれている状況や人柄、姿勢をイメージしやすくなります。また、「具体的な解決手段」は、網羅的に伝えるのではなく、注力したことや成果に直結したことなどを強調することで、エピソードに一貫性やまとまりが出るでしょう。

【職種別】「リーダーシップ」の自己PR例文

「リーダーシップ」を強みにした自己PRの例文を、職種別にご紹介します。

経理(リーダー)の自己PR例文

現職では経理のリーダーとして、パートやアルバイトスタッフの指導、管理を行ってきました。スタッフに任せる書類チェックとデータ入力業務は、ミスが発生すると指導しなければなりませんが、伝え方によってはモチベーションが下がってミスが続いてしまいます。さらに、ミスを恐れるあまり時間がかかったり、前向きな改善が浮かばなくなったりします。

そのため、作業スピードが早く正確なスタッフの仕事内容を共有し、効果が出た方法はマニュアルに残すようにしました。また、シフトを代わってくれたり、イレギュラーに対応してくれたスタッフの名前を入れた“ありがとうメール”を毎月全員に送ることで、モチベーションの向上に努めました。その結果、ミスの発生率が減り、職場の雰囲気が良くなったと自負しています。こうしたリーダー経験を活かし、貴社の業務に貢献したいと考えております。

営業(マネージャー)の自己PR例文

営業マネージャーとして、リーダーシップを常に意識しています。
前職の法人営業部に着任した当初は、経験の浅い若手が多く目標達成が難しい状態でした。課題を明確にするために、まず相談しやすい場を増やすことにしました。気軽にメッセージを送れるチャットツールの導入や、1on1ミーティング、朝会の実施などです。コミュニケーションを図るうちに、「どこまでやっていいのか分からない」「営業方法が掴めない」という悩みを受け、達成までのマイルストーンを設定。毎日達成状況をメールで送信し、未達成のメンバーには積極的に営業同行することにしました。

着任当初は92%だった目標達成率は、半年後に112%まで伸び、メンバーとの信頼関係も深まりました。これまでに培ったリーダーシップを活かして、貴社の事業拡大に貢献したいと考えております。

人事マネージャーの自己PR例文

私の強みは「リーダーシップ」です。
前職は成長中のベンチャー企業だったため、管理部門は常に人手不足の状態でした。経理や総務、人事などを兼務しているスタッフも多く、担当業務が本当に必要なのか、誰も考える余裕がありませんでした。残業も減らず退職者が続出したため、思い切って代表に訴え、「業務改善プロジェクト」を立ち上げることにしました。

まず、スタッフの業務をヒアリングし、具体的な業務内容を洗い出しました。業務は「本当に必要か」「プロセスを改善できるか」「外注できるか」などの基準で分類し、業務の効率化を図りました。その結果、21時以降に働くスタッフは見られなくなりました。また、業務を減らすことができれば、スキルを磨いたり幅を広げたりして成長の機会をつくることができます。コミュニケーションも兼ねた業務共有会を月に1度行い、興味を持った業務を兼務する「社内副業制度」も始めてみました。こうした経験を活かして、貴社の事業に貢献したいと考えております。

その他の自己PR例を見たい場合

自己PRがなかなかうまくまとまらない時は、他のケースの自己PRも参考にしてみてください。あなたのキャリアに合った自己PR例が見つかるかもしれません。

▼アピールしたい内容別の例文
成果や実績 業務経験
専門スキル 個性や資格
他人に関わる力 課題に対する力
自分に関わる力 継続力
コミュニケーション力 責任感
協調性 積極性
忍耐力 計画性
行動力 調整力
主体性 リーダーシップ
学ぶ姿勢 度胸がある・本番に強い
やり抜く力 実行力
▼経験が浅い場合の例文
未経験業種・職種 第二新卒
▼面接の自己PR例文
面接に使える自己PR
自己PRをこれから作成する方はこちら
履歴書や職務経歴書に使える!自己PRの書き方・例文集
記事制作日:2021年5月28日 EDIT:リクナビNEXT編集部