転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2018/05/18 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 自己PRのコツ > 成果や実績をアピールしたいときの自己PR例【営業、販売、生産管理職など向け】

成果や実績をアピールしたいときの自己PR例【営業、販売、生産管理職など向け】

Fotolia_100600965_S職務履歴書を通して、企業側は初めて候補者の情報に触れます。業務内容や自己PRで書く内容がその後の面接に大きく影響し、人物像をイメージするヒントとなるでしょう。では、自分のどんな強みを、どんな事実とともに伝えるべきなのでしょうか。自己PRを書く際に注意すべき点を紹介していきます。

成果・実績をアピールするときは「比較」を意識し伝える

定量的な評価をしやすい営業や販売職、コスト削減・時間短縮が評価軸の一つになる生産管理や経営管理職への自己PRでは、「数字の実績」と、その成果を支えた「行動内容」をしっかりとアピールすることが大切です。

ポイントは、客観的な基準が分かる数字を出し、そのために何をしたのかという具体的な行動内容を記すこと。「目標を120%達成し、3カ月間で6000万円を売り上げました」とアピールしても、何を売るかによって“6000万円”という数字の価値は変わりますし、社内順位も見えてきません。

数字を出す際は、「売上目標額」「達成率」「営業成績の社内順位(何人中の何位なのか)」に加え、「売上の昨対比」「目標額の昨対比」など、客観的な数字の価値が分かる情報も伝えること。コスト削減や時間短縮の成果についても、「昨対比から○%コストカットを実現」「前回より○%の工期短縮へ」などと比較した数字を記載しましょう。

社長賞、新人賞、MVPなどの表彰経験も、何人を対象にした中で表彰されたのか、社外から見ても評価できるような内容を盛り込みましょう。

自己PRに記載すべきポイント

■売上、コスト削減幅などの数字

・昨対比、目標達成率、社内順位など比較対象や難易度がわかる事実を書く
・数字のために何をしたのか、具体的な行動内容も書く

■社内外での表彰歴

・賞の規模感(何人の中から選ばれたか)、頻度(月に1回なのか年に1回なのか)なども書く

社会人経験が浅く、実績を数字で出すことが難しければ、過去の自分と比較し、何ができるようになったのか「成長したポイント」をまとめましょう。例えば第二新卒の方は、やってきた仕事内容を1カ月単位で振り返り、「1日3件しか回れなかった新規開拓営業が、半年で1日10件回れるようになった」「3カ月間業務と勉強を両立し資格を取得した」など、何らかの変化を自己PRに盛り込んでみてください。

【キャリア別】自己PRの具体例とポイント

キャリアがまだ浅い方

前職では、オフィス向け事務用品の営業を1年間担当しました。入社当時は3件しか回れなかったところ、営業先リストや営業ツール、スケジュールの組み立て方、訪問先の回り方など動線まですべて見直し、効率を求めたところ、半年後には1日10件を平均的に回れるようになりました。顧客接点が増えたことで業績アップにもつながりました。

<ポイント>

課題を見つけ、現状を変えて行動する力がアピールできています。業績が具体的に示せるほどキャリアがない場合は、過去の自分と比べてどう成長したかを盛り込むのが大切です。

キャリアを積んでいる方

実績が明確に出せるキャリアの長い方は、履歴書内の「業務内容」を詳細に記す項目に具体的な数字を盛り込り、そのためにどんな行動をしたのかを自己PRにまとめるといいでしょう。

■業務内容

【取引顧客】個人のお客様を常時約100件管理
【接客件数】月120件
【契約件数】
20xx年度:4件(1億8千万円)達成率:105%(支社内順位18名中3位)
20xx年度:6件(2億3千万円) 達成率:125%(支社内順位22名中1位)

■自己PR

現在まで5年間、戸建て注文住宅の営業職に従事し、新規顧客開拓から価格の折衝、売上管理、事務処理など、営業関連業務を一通り経験してきました。お客様にとって一生に一度の高額商品を、納得して購入いただくために、ニーズを引き出し具体的な提案を一つひとつ重ねていきました。節税対策についてご相談があれば、社内の専門家に即ヒアリングして知識を身につけお客様にフィードバックするなど、丁寧かつ迅速な対応で信頼関係を構築しました。また、不動産や建築に関する専門知識習得の重要性も感じ、「インテリアコーディネーター」及び「宅地建物取引主任者」の資格を取得。営業でより専門的なアドバイスができるよう役立てています。

<ポイント>

お客様にどう対応し営業を行っていたか、自身のキャリアアップのために努力を惜しまない姿勢などがアピールされています。

【成果・実績別】自己PRの具体例

独自の工夫で挙げた成果

パッケージソフトの開発プロジェクトをサポートするメンバーとして、主に開発工程プロセスの見直しを担当しました。そこで新しいツールを独自に開発・カスタマイズして活用した結果、開発期間を2割程度、短縮することに成功しました。貴社においてもこの経験は、より効率的かつ低コストでの開発実現にお役立ちできると確信しています。

売り上げ実績&目標達成に対する責任感

営業部に配属になってからの1年半の間、常に売り上げ目標を達成し続けてきました。昨年度の自動車販売数は21台で、これは同期営業部員11人中2位になります。貴社に対しても「目標は絶対に達成するんだ!」という強い責任感を持って、しっかり成果を出していきたいと思います。

顧客数

「新規顧客を得るためには飛び込み営業が最善」という信念に基づき、1日最低20件以上の訪問を1年にわたって続け、月平均10件の新規開拓を実現してきました。この行動力とタフさを武器に、貴社においても積極的な営業で新規顧客を次々と開拓していきます。

受賞歴

案内窓口を担当した際には、訪れたお客様のすべての質問内容を書き留めて独自に統計をとり、店内表示のどういった点を改善すべきかをまとめて報告書を出すなど、いくつか目に見える成果を出したことで「社内改革賞」を受賞しました。事実の分析→提案→実改善のプロセスで得た経験と知恵を現在、貴社が推進されている社内改革プロジェクトにおいてもぜひ活かしていきたいと考えております。

ヒット商品開発

外食の多い独身M1層をあえて狙った冷凍食品「ビーフめしNEXT」の、商品の基本コンセプトからパッケージデザインまでを全面的に提案し、クライアント企業の社内で平成20年度の売れ筋商品No.1に選ばれ、高い評価をいただきました。微妙な消費者ニーズをしっかりキャッチした上でそれらを的確に反映させたヒット商品を、貴社においてもどんどん開発していきたいと強く思っているところです。

その他の自己PR例を見たい場合

自己PRがなかなかうまくまとまらない時は、他のケースの自己PRも参考にしてみてください。あなたのキャリアに合った自己PR例が見つかるかもしれません。

アピールしたい内容別
成果や実績 業務経験
専門スキル 個性や資格
他人に関わる力 課題に対する力
自分に関わる力
経験が浅い場合
未経験業種・職種 第二新卒
面接の自己PR
面接に使える自己PR
自己PRをこれから作成する方はこちら
履歴書や職務経歴書に使える!自己PRの書き方・例文集
記事作成日:2016年11月18日