転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2018/05/23 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 志望動機の書き方 > サポートエンジニア(製造業)の志望動機の書き方と例文

サポートエンジニア(製造業)の志望動機の書き方と例文

サポートエンジニアの志望動機の書き方と例文サポートエンジニア(製造業)に転職する場合、志望動機はどのように書いたら良いのでしょうか。履歴書を作成していて志望動機に悩んでしまった方向けに、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーに志望動機の書き方のポイントや注意事項を取材しました。例文もご紹介していますので、履歴書の作成や転職活動の参考にしてみてください。

サポートエンジニア(製造業)の志望動機のポイント

ポイント1:「できること」と「やりたいこと」を明確にする

エンジニアの場合、企業は応募者の技術力など具体的なスキルを知りたいと考えていますが、それだけではなく「この会社に入って何をやりたいのか」という今後の展望を記すことが重要です。今までの経験を活かしてステップアップしたいという姿勢を具体的に示すことが需要です。【1】前職で手掛けたこと、【2】サポートエンジニアとしてステップアップしたいけれど、前職では叶えられなかったこと、【3】それが応募先企業では叶えられると思った、と伝えると志望動機に1本の軸が通り、読み手の納得度が高まります。

ポイント2:異業界に転身する場合は、業界に対する思いも記そう

同じ職種で、別の業界に横スライド転職を目指す場合は、業界への思いにも触れておきましょう。なぜ、今までの業界ではなく、この業界で技術者として力を発揮したいのか説明しておくと、読み手の納得度が高まります。

サポートエンジニア(製造業)経験者の場合の志望動機例

サポートエンジニアの具体的な志望動機の例文をご紹介します。サポートエンジニア経験者は自身の経験を具体的に伝えた上で、その経験・スキルが、応募しているポジションでどのように活かせるのかを、募集内容をよく読み、入社後の活躍イメージを意識しながら伝えるようにしましょう。

サポートエンジニアの志望動機の例文1

精密機器メーカーでサポートエンジニアを4年間、務めてきました。お客様の要望に即対応するだけでなく、信頼関係を構築して潜在ニーズを引き出し、提案につなげることにも注力していました。任される範囲は広く、仕事にはやりがいを持っていましたが、以前からより多くの人々への社会貢献に興味を持っており、仕事でそのような社会貢献ができる方法はないか模索し続けていました。そんなときに、医療機器メーカーである貴社の求人に出会い、医療機器のサポートエンジニアとして医療の安心、安全に貢献したいと思い、志望いたしました。

サポートエンジニアの志望動機の例文2

オフィス機の製造販売会社にて3年間サポートエンジニアとして働いてきました。約30社の顧客を担当し、装置内部の清掃や消耗品交換、動作確認などを行うなど、現場で鍛えられてきました。ただ、経験を積むにつれ、徐々に「より高度な精密機器を担当して、サポートエンジニアとしてステップアップしたい」と思うようになり、デリケートな使用環境での繊細な動きが要求される製品群を持ち、技術開発に積極的に取り組んでいる貴社に興味を惹かれました。
私のポリシーは、自分の領域とは直接関係のない技術も積極的に習得して、技術者としての引き出しを増やし続けること。今までの業務経験が活かせるだけでなく、貴社の姿勢に共感しながら高いモチベーションを持って働くことができると感じ、志望いたしました。

未経験やキャリアが浅い場合の志望動機例

ポイントとなるのは、「なぜサポートエンジニアを目指すのか」と、「本気でサポートエンジニアを目指す覚悟」を示すこと。思いだけではなく、努力していることも併せて伝えましょう。

サポートエンジニアの志望動機の例文

食品メーカーの営業として、3年間勤務しています。顧客との関係性を築くことを得意としていますが、その経験を、貴社のサポートエンジニア職において発揮したいと思っております。未経験ではありますが、大学時代に機械系の授業を専攻していたこともあり、サポートエンジニアの仕事には以前から興味を持っていました。また、貴社の食品包装機器は前職で導入しており、個人的に馴染みがあります。これまでの営業経験も、大いに活かせると考えております。
記事作成日:2017年8月31日
EDIT:リクナビNEXT編集部  ILLUST:二村大輔