転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2018/05/25 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 志望動機の書き方 > 受付の志望動機の書き方と例文

受付の志望動機の書き方と例文

受付の志望動機の書き方受付に転職する場合、志望動機はどのように書いたら良いのでしょうか。履歴書を作成していて志望動機に悩んでしまった方向けに、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーに志望動機の書き方のポイントや注意事項を取材しました。

例文もご紹介していますので、履歴書の作成や転職活動の参考にしてみてください。

受付の志望動機のポイント

受付として働く場合の志望動機のポイントをまとめています。ポイントを理解しておくことで、意欲が伝わる志望動機を書くことができるでしょう。

ポイント1:「なぜ、受付を志望するのか」を明確にする

未経験からの転身の場合、「華やかで楽しそう」「楽そう」という理由で受付を志望するケースが多いようです。ただ、実際には常に社外の人に見られており、どんなときも笑顔を絶やさず明るい対応が求められるタフな役割。受付の仕事を十分に理解したうえで、なぜあまたある仕事の中で受付を志すのか、自分が受付になったらこの会社にどんなメリットを与えられるのかを具体的に想像して、「このように力を発揮できる」とアピールしましょう

ポイント2:「求める人材像」をリサーチし、ファクトとともに伝える

ポイント1の方法が難しければ、企業ホームページなどで「求める人材像」などをチェックし、それに沿って志望動機を考えましょう。特に受付業務は「会社の顔」。どの会社にも通用するような志望動機ではなく、応募先企業でこそ受付業務に就きたいという、「オリジナリティある志望動機」がカギになります。

お勧めは、リクナビなど就活サイトの募集広告。社長が会社の事業方針や求める人材像を具体的に語っていたり、先輩社員のメッセージが載っていたりと、学生にも理解しやすいよう丁寧に作られているので、自分との共通項や、共感するポイントが見つけやすいというメリットがあります。そのうえで、単に「貴社のあたたかい社風に惹かれた」とするのではなく、「○○サイトに掲載されていた“先輩社員のメッセージ”を見てあたたかい社風に惹かれ、そんな貴社の受付を担いたい」など、ファクトを示しながらまとめると、オリジナリティのある志望動機になります。

受付経験者の場合の志望動機例

受付の具体的な志望動機の例文をご紹介します。受付経験者は自身の経験を具体的に伝えた上で、その経験・スキルが、応募しているポジションでどのように活かせるのかを、募集内容をよく読み、入社後の活躍イメージを意識しながら伝えるようにしましょう。

受付の志望動機の例文

食品メーカーで総合受付を2年間担当しました。受付は、お客様が初めに接する自社の社員。会社の印象を大きく左右するため、どんなときも明るい笑顔で接することを心がけました。受付対応、ご案内時の姿勢や立ち居振る舞いにも気を配り、お客様が気持ちよく過ごせるよう気を配りました。これらの経験をフルに活かしつつ、海外のお客様も多い貴社において、英語力を発揮しながら受付としてステップアップしたいと思い、貴社を志望いたしました。

未経験やキャリアが浅い場合の志望動機例

「接客」は受付業務でフルに活かせる経験です。接客業に関わってきた人はもちろん、他の職種の出身者でも、自身の業務で顧客対応した経験を抽出してアピールしつつ、受付の仕事への抱負につなげましょう。

受付の志望動機の例文

フレンチレストランのホールスタッフとして3年間勤務しました。高級店のスタッフとして洗練された立ち居振る舞いと、温かく丁寧な接客を心がけてきました。また、常連のお客様の名前を憶えてお声掛けしたり、好き嫌いを理解したうえでメニュー提案を行うなど、お客様が気持ちよく過ごせる気配りを心がけてきました。この経験をぜひ、貴社のようなグローバル企業の顔である受付において、フルに活かしたいと考え志望いたしました。貴社が貫いている「顧客第一主義」を受付業務でも実践すべく、力を発揮したいと考えております。

記事作成日:2017年7月31日
EDIT:リクナビNEXT編集部  ILLUST:二村大輔