転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2018/11/16 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 志望動機の書き方 > ITエンジニア(SE・プログラマ・プロジェクトリーダー)の志望動機の書き方と例文

ITエンジニア(SE・プログラマ・プロジェクトリーダー)の志望動機の書き方と例文

ITエンジニア・SEの志望動機の書き方ITエンジニア(SE・プログラマ・プロジェクトリーダー)に転職する場合、志望動機はどのように書いたら良いのでしょうか。履歴書を作成していて志望動機に悩んでしまった方向けに、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーに志望動機の書き方のポイントや注意事項を取材しました。

例文もご紹介していますので、履歴書の作成や転職活動の参考にしてみてください。

ITエンジニア(SE・プログラマ・プロジェクトリーダー)の志望動機のポイント

ポイント1:職務経歴書とは別に「志望動機書」を作成する

志望動機は、できる限り応募する企業に合わせてしっかりとまとめたいもの。ただし、同時に10社以上の会社に応募する場合は、各企業に合わせて志望動機書を作成するのは大変です。そのため、第一志望やここぞという会社だけに職務経歴書に「志望動機書」も添付して応募意欲を伝えるなど、メリハリを持って活動することも大切です。

ポイント2:自分のスキルや経験が「どう役立つか」を具体的に書く

志望動機は、思いが先行して自己アピールを書き連ねてしまう人が多いのですが、大切なのは、その企業にどう貢献できるかです。企業についてよく調べ、自分の強みがその会社のどこで発揮できるのかを結びつけて書くこと。そうすることで、企業側に「この候補者を採用すべきだ」という必然性を感じてもらえるようになります。

ポイント3:なぜその分野をやりたいのかを明記

なぜ現職(あるいは前職)の仕事を続けるのではなく、転職をしてその企業の仕事にチャレンジしたいのか、理由をしっかりと書きましょう。前職でできた経験、できなかった経験を整理し、「やりたいことを実現するには貴社が最適」と結び付けられるといいでしょう。

ITエンジニアの志望動機<例文>

職務履歴書でアピールした自分のスキルや経験、強みを改めて伝えた上で、「なぜ貴社に興味を抱いたのか」に結び付けていきましょう。

志望動機書を作成する場合

志望動機は、職務履歴書に書いた内容と関連づけて書いていきます。例えば、次のような導入から入ると、採用担当者もより読みやすいでしょう。

志望動機書

今回貴社求人をご紹介いただき、是非面接のお時間を頂戴できればと思い、志望動機書を作成させていただきました。お手数ではございますが、ご高覧いただければ幸いです。

職務経歴書にありますように、私はデータに関わるプロジェクトに携わる機会が多くあり、また現在データマネージメント分野において有識者との勉強会の実施、及び資格取得を進めております。

昨今、データの重要性がますます注目されています。データを利用する意味でも守る意味でも、正しくデータを管理維持するために、どのような方針・体制・技術が適切か、日々問われています。

求人内容にございました「データマネージメント」「事業を一から作っていく」という記載内容に興味を強く持ちました。これから進めていかれる事業において最適なデータマネージメントは何かを考え、貴社業務に貢献できたらと考えています。一度面接のお時間を頂戴できれば幸いです。よろしくお願い致します。

以上

 

同業界でエンジニアとして転職する場合

同じ業界で同じ職種を志望する経験者の場合、転職理由も盛り込みながら、どんな分野に挑戦したいのかを書きましょう。

ソフトウェア開発会社のプログラマー→ソフトウェア開発会社のシステムエンジニア

現職でのシステム開発は私にとって最適のポジションではありますが、立ち上げ期を過ぎ、ルーチンワークとなっている傾向も否めませんでした。公共機関などでのシステム製品を積極的に開発されている貴社で、これまで身につけてきたJavaに関する知識とスキルを用い、大規模プロジェクトに挑戦したいと考え志望いたしました。

エンジニア未経験の場合

未経験の場合、前職の経験からなぜ異業種・異職種にチャレンジしようと思ったのか、その理由をしっかりと書き、意欲をアピールするといいでしょう。

商社の営業→ソフトウェア開発会社のプログラマー

前職では営業職として、海外出張なども頻繁にありました。その中で、海外で営業活動をする上でたびたび、「こんな営業支援ソフトがあったら便利だな」と思うことが多々ありましたが、なかなかそうした要望を反映したソフトが世に出ませんでした。それならばいっそのこと、自分で開発したいという思いが強くなりこの度、転職を決意しました。

数あるソフト開発企業の中でも、営業支援ソフト開発において多くのユーザーから支持を得ている貴社ならば理想のソフトを開発できると思い、志望いたしました。

記事作成日:2017年7月28日