転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2018/11/16 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 志望動機の書き方 > 医療事務・病院受付の履歴書の志望動機の書き方と例文

医療事務・病院受付の履歴書の志望動機の書き方と例文

医療事務・病院受付の志望動機の書き方医療事務・病院受付に転職する場合、志望動機はどのように書いたら良いのでしょうか。履歴書を作成していて志望動機に悩んでしまった方向けに志望動機の書き方のポイントや注意事項をまとめました。

例文もご紹介していますので、履歴書の作成や転職活動の参考にしてみてください。

医療事務・病院受付の志望動機のポイント

ポイント1:医療事務に活かせる自分のスキル、経験を書く

経験者は、前職でどんな患者さんに対し、どのような対応をしていたのか、受付業務における自分なりの強みを書くといいでしょう。未経験者は、前職でのどんな経験が、医療事務職で生かせると考えているかを明記しましょう。

ポイント2: 転職で実現したいことを書く

経験者は、病院の規模や科の種類によって勤務先を選ぶことが多くあります。「地域に根差したクリニックで患者さん一人ひとりに丁寧に対応したい」「複数の科を異動できる総合病院で、幅広い業務経験を積みたい」など、転職の理由を入れるといいでしょう。

ポイント3:経験、スキルをカバーする「学ぶ意欲」を示す

未経験から医療事務に転職するケースは多く、その際、採用側が気になるのは「新しい知識を学ぶ意欲があるかどうか」です。医療業界ならではの細かなルールが数多くあるため、コツコツと勉強できる資質が必要です。

医療事務・病院受付の志望動機<例文>

医療事務・病院受付経験者の志望動機の例をご紹介します。転職理由も盛り込みながら、その病院のどんな点に興味を持ったのか、キャリアの中で実現したいことを書きましょう。

同業界・同職種で営業に転職する場合

個人病院(クリニック)の医療事務→総合病院の医療事務

小児科クリニックにて、患者さまの対応や予約受付、カルテの入力など、基本的な受付業務を経験してきました。今後は、診療報酬請求事務に関してもより知識を深め、幅広い業務を担当できるようになりたいと思っております。クリニックで培った、患者さまへの丁寧で迅速な対応力を活かしながら、あらゆる科を持つ○○総合病院で、医療事務の経験を積んでいきたいと考え、志望しました。

未経験やキャリアが浅い場合

異業種・異職種からの未経験転職の場合、前職での経験が医療事務の仕事にどう生かされるかをイメージしながら書くといいでしょう。

メーカーの営業事務→総合病院の医療事務

前職では、外回り営業のアシスタントとして、お客様にご案内する商品資料の作成やスケジュール調整などを担当していました。日々、感謝されることにやりがいを感じる一方、専門的な知識やスキルを身につけられる仕事がしたいと考えるようになりました。

医療事務は、患者さんと直接コミュニケーションをとれる仕事であり、診療報酬請求に関する事務能力など、この仕事だからこそ得られる知識が多くあります。実際に、○○総合病院で診察を受けた際、医療事務の方の的確で丁寧な説明に、いち患者として安心感を抱いたのを覚えています。今後、自分の能力を活かして長く働くことを考え、医療事務を志望しました。

記事作成日:2017年7月28日
EDIT:リクナビNEXT編集部  ILLUST:二村大輔