転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2018/07/18 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 志望動機の書き方 > 「地元で働きたい」は志望動機になるの?

「地元で働きたい」は志望動機になるの?

地元の風景「私は地元で働きたいと思い、御社を志望しました…」

上記のような、「どうしても地元で働きたい!」という理由は志望動機として面接で通用するものなのでしょうか?「どうしても地元で働きたい」という意志はどのように伝えればいいのでしょうか?

「地元で働きたい」だけでは志望動機として見なされないことが多い

結論から言うと、「地元で働きたい」だけでは志望動機として成立しないと考えた方がいいでしょう。確かに働く場所というのは、応募する方からすると非常に重要なポイントだと思います。しかし、「地元で働きたい」というのは、あくまで転職理由であり、それだけで志望動機と見なされることは少ないのが現状です。プラスアルファで、他の志望動機を追加することが必要になってくるでしょう。

「地元で働きたい」だけではなく、企業を志望した理由を加えよう

地元で働きたいということを伝えることに、問題はありません。しかしそれだけをもって「志望動機」とすることは、あまりよくないでしょう。きちんと応募企業を志望した理由を、自分の中で持っておくことが必要です。

志望動機を考える上で必要なことは、応募企業ならではの魅力や共感できる特徴を見つけることです。「他の会社ではなく、なぜこの会社のこの仕事を希望するのか?」という問いに対して、きちんと答えられるようになるまで考え抜くことが必要です。具体的な志望動機の書き方についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

転職で使える!志望動機・理由の書き方<例文付き>

とはいえ、選択肢が少ないような場合には、応募企業ならではの魅力を探すことも、もしかすると難しいかもしれません。その場合には、「自分の経験が活かせる」ポイントを軸にして志望動機を構成するとよいでしょう。「地元で働きたい」に加えて、「これまでの自分の経験を活かして、貢献をしていきたい」ということを伝えれば、より説得力のある志望動機になるはずです。

どうしても「地元で働きたい」意志を伝えたい場合

志望動機としてではなく、「転勤などはせずにどうしても地元で働き続けたい」という意志が強くある場合には、それを面接官に伝えることは必要でしょう。もし、入社後に転勤があることがわかった場合…後悔するのは応募者であるあなたです。働く場所に限らない話ですが、事前に譲れない条件についてはきちんと企業側とすり合せておくことが大切です。

可能な限り応募する前の段階で、求人票を確認する際に「全国転勤あり」なのかどうかを見極め、応募することが望ましいです。しかし、求人票だけではわからない場合には、面接などで確かめることも必要となってくるでしょう。

記事作成日:2017年6月29日 EDIT:リクナビNEXT編集部