転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2020/08/07 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 求人を探し応募する

"求人を探し応募する"の記事一覧

こちらのカテゴリーでは、情報収集の仕方や自分に合った求人情報の探し方などをお伝えします。
転職活動のカギは、しっかり情報収集をすること。「アプリでの求人の探し方」「求人情報の正しい読み方」「ランキングの活用法」など、求人を探す際に役立つノウハウをお届けします。

応募するとき、問い合わせをするときなど、転職活動の中で応募先企業とメールのやりとりをする機会は多いもの。きちんとビジネスマナーに沿ったメールを書かないと、応募先企業にマイナスの印象を与えてしまいます。 受け取り手に好印象を与える正しいメール…
前編記事に引き続き、35歳以上の転職の落とし穴と脱出法をご紹介。職務経歴書や面接でちょっとした工夫や改善を行うことで、つまずいていた転職活動がスムーズに進むかもしれません。 成功の秘訣を胸に転職活動に向き合えば、きっと道は開けるはず。自信を…
難易度が高いと思われがちな35歳以上の転職。少し転職活動しただけで、あるいは始める前にあきらめたりしていませんか?実務経験豊富なビジネスパーソンには、レジュメや面接でのひと工夫が必要。 35歳以上の転職希望者が陥りがちな落とし穴と、その解決…
求人情報は、「仕事の内容」「求めている人材」「勤務地」「給与」「勤務時間」「休日・休暇」「待遇・福利厚生」「企業情報」といった項目に分かれています。でも、求人によっては仕事の内容が漠然としていて実際にどんな業務なのかよく分からなかったり、給料の幅…
転職応募数のアイキャッチ画像
転職活動では、何社くらいに応募するのが適切なのでしょうか?これから転職活動を始める方のなかには、応募数の目安が分からず悩んでいる方も多いのでは。 今回は、転職成功者から集めたアンケートをもとに、転職成功率を高める応募数の目安と応募方法につい…
虫めがねと日本地図のイラスト
リクナビNEXTでは、数多くの求人情報の中から、希望に合った仕事を見つけるための「検索条件」を設置しています。「職種」「勤務地」はもちろん、「希望年収」や「こだわり条件」など種類はさまざま。 今回は、求人情報を探すときに、「多すぎて絞り込め…
転職をするならここ!と心に決めた会社がある方も少なくないと思います。ちょうどよく、その会社が募集をしていれば言うことないのですが、リクナビNEXTで社名検索したら「募集終了」となっているケースも。   AさんがリクナビN…
求人広告には、労働条件や給与などに関するいろんな記載があります。ただ、法律などの絡みもあって、一見しただけでは意味がわかりづらい表記もたまにあるんですよね。例えば、こんな言葉の正確な定義、わかりますか?   Aさんが…
求人情報を調べるビジネスマンのイメージ
リクナビNEXTに掲載されている求人情報を読んでいると、よく「前職の給与を考慮」というフレーズを目にします。これって、具体的にはいったいどう「考慮」してくれるのか、気になりますよね。   同業種同職種で給与アップ転職を狙…
リクナビNEXTを毎週チェックしていると、同じ会社が何度も求人を出していることがあります。書類審査で不採用になった第一志望の会社が、また応募していたとしたら、再応募したくなるのが人情ですが…。   AさんがリクナビNEX…