転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2020/07/03 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 求人を探し応募する > 転職サイトの「オファー」とは?上手な活用法と注意点

転職サイトの「オファー」とは?上手な活用法と注意点

スマートフォンを見ている女性「転職サイトに登録したら企業からオファーの通知がきたけど、どうしたらいいのだろう?」と戸惑う人もいるでしょう。

転職サイトの機能の一つである「オファー」は、匿名でプロフィール・職務経歴・希望条件などを登録しておけば、求人企業からオファーが届くサービスです。

この記事では、オファーの流れ、希望に合うオファーを受けとるコツ、効果的な活用法、注意点などについてお伝えします。

転職サイトの「オファー」とは(リクナビNEXTの場合)

転職サイトを通じて届くオファーには、「転職サイトに求人を掲載している企業から」「転職エージェントから」「転職エージェントが取り扱う求人企業から」の3種類があります。
※どのオファーを受けとりたいかは、登録時に設定可能

ここでは、転職サイト『リクナビNEXT』に掲載中の求人企業から届くオファーについてご紹介します。

まずはオファーが届く流れを知っておきましょう。

あなた
転職サイト登録時に自身の情報をレジュメに登録します。
入力項目は、住所・最終学歴・職務経歴・希望条件(職種・勤務地)など。

求人企業側
企業が求める人材要件の項目を設定。オファー希望登録者のデータベースの中から条件に該当する登録者を抽出し、オファーを送ります。
※登録者個人を特定できる情報(氏名、メールアドレス、生年月日、住所、勤務先名など)は企業からは一切見えません。

あなた
自身が登録した情報と求人企業が求める要件が一致していた場合、オファーの通知が届きます。
求人内容や採用説明会などの案内を見て、興味を持ったら掲載期間終了日までに「応募する」ボタンを押します。
オファー内容に興味を持った場合のみ上記の応募手続きを行い、興味がない場合は断りの連絡は不要。なお、興味を持ったけれど、「今は応募するタイミングではない」「ほかの求人も見てから応募するかどうか決めたい」といった場合には、「気になるボタン」をクリックしておきましょう。その求人は「気になるリスト」に登録され、その後も継続して情報が届きます。企業から「応募歓迎」や「面接確約」などのお知らせが届くこともあります。

求人企業側
オファーを送った人から応募があれば、書類選考を行い、結果を通知。書類選考を通過した場合は面接案内の連絡を送ります。
※場合によっては、書類選考なしで面接に進めるケースもあります。

オファーを受けとりやすくするコツは「自身の条件項目を多く記すこと」

より多くのオファーを受けとりたい場合は、ご自身の情報であるレジュメの項目をなるべく多く埋め、職務経歴をより詳細に記しておきましょう。そうすることで、あなたを求めている企業から見つけてもらいやすくなります。

企業側は、求人要件にフリーワードを設定することもありますので、特殊な専門スキルや今後活かしたい経験があれば、もれなく記しておきましょう。

なお、「オファーは届くが希望条件に合わないものばかり」という場合も、入力内容を具体的に記すことで、マッチングの精度が高まります。

オファーを受けとるメリットとは?オファーの上手な活用法

オファーを利用するメリットには次のようなものが挙げられます。自身の状況や目的に応じて、うまく活用してください。

自分の「市場価値」がつかめる

今の自分にどんな企業が興味を持ってくれるのか、転職市場における自分の「価値」を大まかにつかむことができます。

自分で探したのでは出会えない求人に出会える

ときには、自分が想像していなかった業種の企業からオファーが届くことも。「自分にはこんな選択肢もあるのか」と、可能性が広がります。

自分で求人を探す手間・時間が省ける

「仕事が忙しくて、求人情報を収集するヒマがない」――そうした場合も、自分が転職できる可能性がある求人を優先的に閲覧、検討することが可能です。

書類選考通過率が高い

オファーを受けた会社に応募した場合は、自分で検索して見つけた会社に応募した場合と比較し、書類選考通過率が1.5倍高いというデータがあります。転職活動を効率的に進めたい人に便利です。

多くのオファーが来た場合、どう選ぶ?

オファーが届くのは週2回。多い人では、1回あたり10~20件のオファーを受けとることもあります。
基本的には、オファーが届いたらすべてに目を通してみることをお勧めします。一見すると、自分には関係がない業種・企業に見えても、実は「新規事業開発に取り組んでおり、今まで自社にいなかった○○の経験者を求めている」といったケースもあり得るからです。

なお、同じ会社からオファーが何度も届き、これ以上は受けとりたくない場合、社名を指定して届かないよう設定することも可能です。

注意点「オファーは内定確約ではない」

「オファーを受けたから応募したのに、選考で不採用になった」というケースは多数あります。
基本的な条件がマッチしていても、詳細なレジュメを見たり、面接を行ったりと選考の結果、「経験が合わなかった」「スキルが不足していた」という場合は、通常の選考同様に採用を見送られます。

特に企業側は、オファーメールを送った人から応募があって初めて詳細なレジュメを見ることになります。レジュメの情報が不十分だと「意欲がない」と見なされ、不採用になるケースも多いので、オファーを受けて応募する際には、登録したレジュメの内容を改めて見直し、より詳細な情報を書き加えておきましょう。

オファーをうまく活用して、希望通りの転職につなげてください。

記事作成日:2020年1月24日 WRITER:青木典子 EDIT:リクナビNEXT編集部

あなたにぴったりの求人は?

自分で求人を探してみる

転職にお悩みの方

転職のプロに相談してみる