転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2022/04/15 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職相談室 > 「気になったらとりあえず応募してみる」でも大丈夫でしょうか?【転職相談室】

「気になったらとりあえず応募してみる」でも大丈夫でしょうか?【転職相談室】

考え込むビジネスマン求人に応募する際は、しっかりと募集内容を読んで理解してから応募するのが望ましいものの、仕事と両立して転職活動をしていると、情報収集や分析に時間をかけられないこともあるようです。

今回は、「気になったらとりあえず応募してみるでも大丈夫でしょうか?」というご相談に、組織人事コンサルティングSegurosの粟野氏がお答えします。

アドバイザー

粟野友樹さんプロフィール画像

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント

粟野友樹

約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。

「気になったらとりあえず応募してみる」でも大丈夫でしょうか?(Jさん/営業/26歳/男性)

相談者
相談者
新卒で入社した医療機器メーカーで営業をしています。
所属していた事業が縮小となり、しかも基幹事業だったため、会社の将来性を案じて転職活動をすることにしました。
ただ、仕事を続けながら転職活動をしていると、求人を探すことで精いっぱいで、企業研究や応募企業に合わせた応募書類の作成までなかなか手が回りません。

 

いち早く退職する社員が続出しているので、以前よりも担当業務が増えているからです。
何とか時間を捻出して、じっくり企業を調べているうちに1カ月かかってしまい、このままでは転職することができないのではと不安になり始めました。

 

企業研究は求人を見るだけにして、志望動機を考えていない状態で「とりあえず応募しておく」でも大丈夫でしょうか?
応募企業から「あまり考えずに応募しているのでは」と思われたり、質問が来たときに答えられなかったりするのではと心配しています。

「とりあえず応募」でも問題なし、チャンスは逃さないようにしよう

アドバイザー
アドバイザー
結論から言うと、「とりあえず応募」という形でも問題ありません。
中途採用は、求人が出て採用枠が埋まったら、その時点で募集が終わってしまいます。
特に条件の良い求人の場合は、求職者からの応募が集中して「椅子取りゲーム」のような状態になるので、できるだけ早く手を挙げて候補者の一人になっておく必要があるからです。
他の人に内定が決まってから応募しても手遅れなので、「チャンスを逃さない」という意味で、企業研究などが十分でなくても構いませんので、興味を持った求人があればまず応募をしておきましょう。
そうなんですね…。
でも、よく分かっていない状態で応募されるのは、企業も迷惑なのではと気後れしているのですが。
相談者
相談者
アドバイザー
アドバイザー
企業側は、応募書類の経験・スキルを見て判断しているだけなので、「とりあえず応募」されることで困ることはありません。
むしろ、「とりあえずの応募」だったとしても、経歴がマッチしていれば「いい人が応募してきた!」となるでしょう。
あまり考えすぎずに、応募してみることをお勧めします。

「とりあえず応募」とはいえ、応募書類はしっかりと

アドバイザー
アドバイザー
ただ、「とりあえず応募」とはいえ、応募書類はチェックされるので、最低限の内容はしっかりと書いて応募しましょう。
例えば、誤字脱字が多いとか、ほとんど職務経歴が書かれていないとか、焦って内容の薄い応募書類を出してしまうと、書類選考を通過できずチャンスロスとなってしまいます。
履歴書も職務経歴書もパソコンで作成すればコピーは容易です。
ベースとなる応募書類は、しっかり作成しておきましょう。
※リクナビNEXTにレジュメ登録すると履歴書・職務経歴書が自動で作成できます
詳しくはこちら
分かりました。
とりあえず…といっても、応募数に目安はありますか?
相談者
相談者
アドバイザー
アドバイザー
チャンスを広げた方がいいのですが、現職がお忙しいのであれば、たくさん応募しすぎない方が良さそうです。
書類選考を通過したら面接に行くことになります。
仕事が忙しくて日程調整が長引くと、その間に他の求職者で採用枠が埋まってしまう可能性もあります。
また、面接までに企業研究を行い、志望動機や自己PRなどを考える必要がありますが、準備が不十分だと面接を通過することが難しくなります。
忙しい合間を縫って一生懸命転職活動しているのに、書類選考や面接で落とされてしまうと、モチベーションの維持が難しくなる可能性もあります。
目安として5社~10社程度に応募してみて、書類選考の通過率を見て応募数を調整しましょう。

キャリアチェンジも検討しているのであれば、転職エージェントの力を借りる方法も

アドバイザー
アドバイザー
ところで、「求人を探すのが精いっぱい」とのことですが、どのように求人を探していますか?
実は、医療機器以外の営業職や、それ以外の業界や職種の可能性もあるのかも…と、あちこちに目が行ってしまい探せずにいます。
相談者
相談者
アドバイザー
アドバイザー
中途採用は、経験者の方が選考は有利に働くことが多いです。
また、様々な業界や職種に応募するとなると、やはり業界・職種研究をする必要があるので、幅を広げた分だけ時間もかかるでしょう。
キャリアチェンジも視野に入れているのであれば、転職サイトはご自身の経験にマッチした求人を中心に応募して、並行して転職エージェントにも相談してアドバイスを受けた方が効率的かもしれません。
業界や職種の転職成功の可能性を含めて、キャリアチェンジの求人を紹介してもらえるでしょう。
\転職のプロに相談したい方はこちら/
転職支援サービスに申し込む転職支援サービスに申し込む
そうですね。
この1カ月は焦りながらひとりで考えすぎて煮詰まっていたのかもしれません。
転職エージェントの力を借りながら、限られた時間でできるだけ効率的に転職活動することにします。
相談者
相談者
2021年1月7日 ILLUST:安西哲平 EDIT:リクナビNEXT編集部