転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2017/12/15 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 職務経歴書の書き方 > 営業事務の職務経歴書の書き方見本

営業事務の職務経歴書の書き方見本

職務経歴書の画像営業事務の職務経歴書はどのように書いたら良いのでしょうか。職務経歴書を作成していて悩んでしまった方向けに、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーから職務経歴書の書き方のポイントや注意事項を取材しました。職務経歴書見本もご紹介していますので、転職活動の参考にしてみてください。

営業事務の職務経歴書のポイント

最も重視されるのはPCスキル、そして営業やクライアントとどうコミュニケーションを取ってきたのか。この2点を具体的にアピールしましょう。

採用担当者はココを見ている!

事務系職種はPCスキルが重要。中でも営業数字をまとめ、管理し、場合によっては運関することも求められる営業事務は、スキルレベルの明記が必須です。どのソフトの経験があり、どのレベルの業務を行ってきたのか、具体的に記しましょう。

営業事務の書き方のポイント

ポイント1:事務処理能力の高さを伝える

事務系職種の一番の注目ポイントは、事務処理能力のレベル。全ての業務の前提ともいえるスキルです。例えば、正確性に定評がある、スピードには自信がある、効率化にこだわっているなど、ご自身の得意な部分を具体的なエピソード交えて記載するといいでしょう。

ポイント2:PCスキルレベルを具体的に明記する

ワード、エクセル、パワーポイント、アクセスなど、どのソフトの経験があってどのレベルまで活用できるのか、実際に担当した業務を交え説明しましょう。特に、エクセルのピポット、関数、表計算経験は評価されます。また、パワーポイントを使って営業の提案書を作った経験があれば忘れず記入しましょう。

ポイント3:クライアント対応の経験があれば、レベル感を記しておく

営業事務の中には、電話やメールなどで受発注を担当しているケースも。外部との折衝経験は、対応力の高さのアピールになります。「営業は受注時だけで、受発注のやり取りはすべて営業事務が行っている」など裁量が大きい職場であれば、その事実と気を配ったポイントも、もれなく記入すべき。能動的な姿勢をアピールできます。

ポイント4:表形式にする、見出しを立てるなど「読みやすさ」を工夫

職務経歴書では「文書作成能力」もアピールしましょう。すなわち文章だけではなく、表形式にして経験をわかりやすく整理する、自己PRに見出しを立てるなど読みやすさを考慮すれば、即戦力として力を発揮してくれそうだという評価につながります。なお、正確さが求められる役割だけに、誤字脱字はご法度。書類完成後は何度か読み返し、誤字脱字の有無をチェックしましょう。

営業事務の自己PRのコツ

忙しい営業のサポート役として、気を配ったこと、心がけたことなど「仕事に対する姿勢」はアピール材料になります。例えば、いつでも声をかけやすい雰囲気を作った、自分から「○○をやりましょうか?」と声をかけた、営業が求めるものを先回りして準備したなどの配慮は、高く評価されます。

未経験やキャリアが浅い場合は

異職種であっても、業務でPCを活用した経験はあるはず。扱えるソフト類とレベルは必ず記入しましょう。PCスキルに自信がない場合は、社内外の人とコミュニケーションを取り、業務を円滑に回してきた経験、短期間で新しい仕事をキャッチアップした経験を伝えれば、「未経験でも頑張ってくれる素養がある」と判断してもらえる可能性が高まります。受け身ではなく、能動的に仕事に取り組んできた姿勢とともにアピールしましょう。

営業事務の職務経歴書の書き方見本

職務経歴書

20xx年xx月xx日現在
氏名 ○○ ○○

■職務要約
法人営業部での営業事務業務を経験してきました。営業に必要な資料の作成から顧客相手の受発注業務まで、部内のサポートスタッフとしての仕事全般を担っています。

■職務経歴
・20××年4月~現在(在籍期間:5年)
株式会社×× 法人営業部に配属(正社員)
事業内容:営業効率化ソフトウェアの開発・販売
資本金:5000万円
従業員数:120名

■担当業務
・営業スタッフ8名の売り上げ管理、顧客データ管理、見積もり・請求書の作成
(担当企業数:約200社、見積もり・請求書発行件数:約130件/月)
・データをもとにした売り上げ分析
・商談時のプレゼン資料作成
・顧客からの電話による受発注対応。顧客ニーズに応じた提案業務
(受注件数:約65件/月)

■資格・PCスキル
PCスキル
・Access(入力、集計、クエリ作成)
・Power Point(顧客へのプレゼン資料作成・会議用資料の作成)
・Excel(VLOOKUP関数やピボットテーブルを活用した集計データ集計・売り上げ分析)
・Word(契約書作成)
・ERP(SAPなど)

資格
TOEIC650点(2017年1月)

ここがポイント!

エクセルのピポッドテーブル、VLOOKUP関数ができる人は「営業データ分析や需給予測、営業企画的な役割を任せられるかも」と期待され、高く評価されます。もし経験があれば必ず明記しておきましょう。

「事務・管理系」の職務経歴書はこちら

職務経歴書をまとめる際に重要なのは、決まった形式にまとめることではなく、あなたのキャリアがわかりやすく、最大限に伝わる内容であることが重要です。なかなかうまくまとまらない時は、他の職種の職務経歴書も参考にしてみてください。

事務 営業事務
受付 秘書
アシスタント・庶務 知財・特許
経理・財務 人事
総務 法務
広報・IR 事業企画
資材・購買 物流業務・在庫管理
貿易実務
記事作成日:2017年7月31日 EDIT:リクナビNEXT編集部