転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2017/12/15 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 職務経歴書の書き方 > 一般事務の職務経歴書の書き方見本

一般事務の職務経歴書の書き方見本

転職回数が多い場合の職務経歴書の画像一般事務の職務経歴書はどのように書いたら良いのでしょうか。職務経歴書を作成していて悩んでしまった方向けに、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーから職務経歴書の書き方のポイントや注意事項を取材しました。職務経歴書見本もご紹介していますので、転職活動の参考にしてみてください。

一般事務の職務経歴書のポイント

各部署の事務業務を一手に引き受ける立場であるため、職務経験だけでなく「人柄」を伝える工夫も必要です。

採用担当者はココを見ている!

事務系職種はPCスキル、コミュニケーションスキルをアピールするのがポイント。業務の中で工夫したこと、改善したことなどエピソードを交えて伝えましょう。

一般事務の書き方のポイント

ポイント1:事務処理能力の高さを伝える

事務系職種の一番の注目ポイントは、事務処理能力のレベル。全ての業務の前提ともいえるスキルです。例えば、正確性に定評がある、スピードには自信がある、効率化にこだわっているなど、ご自身の得意な部分を具体的なエピソード交えて記載するといいでしょう。

ポイント2:PCスキルレベルを具体的に明記する

ワード、エクセル、パワーポイント、アクセスなど、どのソフトの経験があってどのレベルまで活用できるのか、実際に担当した業務を交え説明しましょう。その際、PCを使って業務効率化のために工夫したことがあれば、併せて明記しましょう。

ポイント3:仕事に対する「姿勢」を伝える

部署内のあらゆる立場の人とかかわる一般事務職は、「人柄」も採否を左右する重要なポイント。例えば、仕事を依頼しやすい雰囲気を作る、依頼されたことには即対応を心がける、任された仕事だけではなく自分でやるべき仕事を見つけ、取り組むなど、仕事に対する姿勢や心構えを伝えると、入社後の活躍ぶりをイメージさせることができます。

ポイント4:表形式にする、見出しを立てるなど「読みやすさ」を工夫

職務経歴書では「文書作成能力」もアピールしましょう。すなわち文章だけではなく、表形式にして経験をわかりやすく整理する、自己PRに見出しを立てるなど読みやすさを考慮すれば、即戦力として力を発揮してくれそうだという評価につながります。くれぐれも誤字脱字には注意を。

一般事務の自己PRのコツ

派遣社員も多い一般事務。そんな中で正社員として採用されるには、自身の仕事の範囲を決めず、能動的に仕事に取り組む姿勢。どんな小さなことでも構わないので、やるべきことを自分で発見し、自主的に取り組んだ経験は、ぜひアピールしましょう。その結果得られた成果や、社員の反応があったら併せて記しましょう。

未経験やキャリアが浅い場合は

異職種であっても、業務でPCを活用した経験はあるはず。扱えるソフト類とレベルは必ず記入しましょう。PCスキルに自信がない場合は、社内外の人とコミュニケーションを取り、業務を円滑に回してきた経験、短期間で新しい仕事をキャッチアップした経験を伝えれば、「未経験でも頑張ってくれる素養がある」と判断してもらえる可能性が高まります。受け身ではなく、能動的に仕事に取り組んできた姿勢とともにアピールしましょう。

一般事務の職務経歴書の書き方見本

職務経歴書

20xx年xx月xx日現在
氏名 ○○ ○○

■職務要約
総務人事部において、一般事務全般を経験してきました。人事および総務業務に必要な資料の作成から備品管理、社内研修サポートなど、事務に関する幅広い業務を担っています。

■職務経歴
・20××年4月~現在(在籍期間:2年3カ月)
株式会社×× 総務人事部に配属(正社員)
事業内容:精密機器用部品の製造・販売
資本金:5000万円
従業員数:80名

■担当業務
人事・勤怠管理業務
・入社、退社手続き
・給与計算(残業時間、休日出勤日数の算出)
・社内研修サポート(研修資料作成、運営スケジュールの作成、現場サポート/平均月3回)

総務関連業務
・社内備品の管理・発注業務
・来客応対、電話応対(来客応対:約5名、電話応対:約40回/日)

■資格・PCスキル
PCスキル
・Word(主に契約書作成、会議の議事録管理で使用)
・Excel(備品管理に使用、ピボットテーブルを使った集計可能)
・Power Point(会議用資料の作成に使用)

資格
実用英語技能検定2級
秘書検定2級

ここがポイント!

どの企業においても海外に関する業務が増え、事務系職種にも英語力が求められるようになっています。業務で英語を使った経験がある人は、「海外取引先との電話応対」「英文メールでのやりとり」など、その内容を必ず記入しましょう。TOEICスコアなど英語力を示す資格があればぜひ記入を。勉強中の人もその旨を記しておきましょう。

「事務・管理系」の職務経歴書はこちら

職務経歴書をまとめる際に重要なのは、決まった形式にまとめることではなく、あなたのキャリアがわかりやすく、最大限に伝わる内容であることが重要です。なかなかうまくまとまらない時は、他の職種の職務経歴書も参考にしてみてください。

事務 営業事務
受付 秘書
アシスタント・庶務 知財・特許
経理・財務 人事
総務 法務
広報・IR 事業企画
資材・購買 物流業務・在庫管理
貿易実務
記事作成日:2017年7月31日 EDIT:リクナビNEXT編集部