転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2018/09/21 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 面接対策をする > 髪の色を染めています。このままで面接に行ってもいい?

転職Q&A

面接対策をする編

一覧に戻る

髪を染めています。このままで面接に行ってもいい?

3日後に面接があるのですが、髪の色を明るい茶色に染めています。普段のありのままの姿を見てもらいたいと思うのですが、もし印象が悪かったらどうしようと考えると、栗色のままで行く決心もつきません。黒に染め直したほうがいいでしょうか?

(S・Wさん、ほかからの質問)

黒または自然な髪色で面接に行くことをお勧めします。

どの程度の髪の色までなら許されるかは、業種や職種、会社によって異なります。しかし、どのような応募先であっても、マイナスの印象や誤解を与えないように配慮が必要です。決心がつかず迷っているのであれば、常識の範囲内の自然な髪色、または黒に染めて面接を受けた方が後悔する可能性は減るでしょう。

なお、「面接でありのままの自分を見てもらいたい」という姿勢は大切ですが、それは、仕事のスキルや希望する働き方などについていえること。髪の色や服装などは、ビジネスマナーの範囲内であることが前提です。相手にマイナスの印象を与える可能性がある要素は控えておいたほうが、迷いや不安なく面接に臨めるのではないでしょうか。

この内容は、2017/11/30時点での情報です。
(文責:編集部)