転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2018/12/19 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 履歴書作成のコツ > 【履歴書の職歴欄】職歴の基本的な書き方は?

【履歴書の職歴欄】職歴の基本的な書き方は?

履歴書の職歴欄の書き方転職するときは、応募書類として履歴書と職務経歴書の提出を求められるのが一般的です。ここでは履歴書の職歴欄について、書き方をご紹介します。

中途採用の場合、職歴は職務経歴書で詳しく記載するため、履歴書の職歴欄は簡潔に。これまでの入退社の履歴が分かるように記載しましょう。

履歴書の職歴欄の基本的な書き方

学歴の項目から1行空けます。中央に「職歴」と記入し、年月とともに続けて記入していきましょう。社名変更で会社名が変わった場合は、在籍当時の名称の後にカッコ書きで現在の名称を記入するようにします。例:株式会社リクルート(現 株式会社リクルートキャリア)など

職歴欄の書き方例

履歴書の職歴欄の書き方例

会社名や部署名は略せず正式名称で記入

会社名や部署名は長くても省略せずに正式名称で記入するようにしましょう。株式会社を(株)などと略せず、「株式会社」と書きます。合併や出向などによって会社名が変わった場合は、その旨も記載しましょう。
異動によって部署名が変わった場合も明記するのが望ましいですが、職務経歴書で補完することができるため、職歴欄に書ききれない場合は簡潔にまとめましょう。

職歴が多い場合でも、在籍していた会社はすべて記入

転職回数が多く、在籍期間が短かったとしても履歴書の職歴欄にはすべて記入します。もちろん試用期間中の退職であっても記載してください。職歴を省略してしまうと、入社後に判明した場合に信頼関係が損なわれてしまいます。最悪の場合、経歴詐称で解雇に至るケースも起こり得ます。「職歴欄に書ききれない」という場合は、学歴欄の義務教育期間を省き簡潔にまとめたり、職歴欄が多い履歴書を使用するなどして工夫しましょう。

応募職種に関連した職歴は、仕事内容も記入

職歴欄に余裕があり、応募職種に活かせる職歴がある場合は、会社名・部署名とともに「〇〇業務を担当」「△△に従事」など仕事内容も簡潔に記載しておくことで、アピールにつながります。対象顧客、責任範囲、扱った製品とともに、営業成績や表彰などの実績を明記しておきましょう。昇格した場合も、記載しておくとアピールになります。

退職の場合は理由も明記する

採用担当者は、退職した背景を知りたいものです。そのため、会社を退職した場合は、履歴書には「退職」だけでなく「一身上の都合により退職」「出産のため退職」「会社都合により退職」「業績不振により希望退職」「契約期間満了のため退職」など、しっかりと理由も記入しましょう。なお、在職中のまま転職活動をしている場合は、「現在に至る」、退職日が決まっている場合は「退職予定」と記入します。最後に右寄せで「以上」と書きましょう。

自営業や個人事業主、家業手伝いから転職する場合

独立して会社を経営していた場合は「解散」、個人事業主(フリーランス)から転職する場合は「廃業」と記載します。農業や商店など、家族従事者として家業を手伝っていた場合は、「家業である○○業に従事」「家業(△△商店)に従事」などと記載し、主にどんな仕事をしていたのかを補足するようにします。

派遣、アルバイトが含まれる場合は

派遣社員として働いていた場合は、履歴書には派遣会社を記入し、派遣先と仕事内容は職務経歴書に書くようにします。ただし派遣先が少なく、業務経験をアピールしたい場合は履歴書にも派遣先と業務内容を記載しても構いません。

アルバイト経験は、中途採用の場合は原則として記載しませんが、職歴が少なくアルバイト経験をアピールしたい場合は記載します。アルバイト経験しかない場合は、空白期間でないことを伝えるためにもアルバイト経験を職歴欄に記載するようにしましょう。
なお、アルバイト先で社会保険に加入していた場合は、入社後の雇用保険の手続きにあたりアルバイト先が明らかになるため、誤解を防ぐためにも職歴欄には記載しておくことをお勧めします。

職歴欄を記入する時のポイント

職歴欄を記入するときに気をつけたいポイントをまとめました。

  • 会社名は正式名称で、略さずに
  • 在籍していた会社は短期間でもすべて記入
  • 入退社の年号は履歴書全体で統一する
  • 応募職種に活かせる経験業務は、社名・部署名の後に記入
  • 「退職」だけではなく、退職した理由も簡潔に添える
  • 在職中の場合は「現在に至る」「退職予定」とする
  • 最後の職歴の1行後に右寄せで「以上」と記入

【人事はココを見ている】職歴は正しく記載しよう

企業の採用担当者300名に対して独自にアンケート調査を行ったところ、「履歴書に記載された職歴に誤りがあった」「履歴書の職歴が省略されていた」というケースは実際にあるようです。職歴欄は、誤解を防ぐためにも省くことなくすべてを記入するようにしましょう。

<人事担当者の声>

■業務経歴が立派すぎた。偶然、応募者の前職が取引先だったので照会したところ、該当人物のプロジェクト参画すらないということが発覚。当然不合格です。面談の際には疑問点を掘り下げて聞くようにしています【IT・通信系 50~100人未満】

■中途採用で多いのは、働いてなかった期間を短くするため、前職のいずれかの勤続年数をいじってあったり、すぐに辞めた会社の記載は不利と思ったのか未記載など。職歴は採用後に雇用保険などで食い違いが生じて発覚します。その際は、個人面談を行い試用期間中の仕事に対する態度も加味して、試用期間後に正式に採用するかどうかを検討しています【サービス系 100~300人未満】

■虚偽記載はないが、大幅に職歴を省略したケース。弊社では転職頻度を重視してるので、採用前に発覚した場合は不合格の可能性が高い。採用後の発覚の場合、組織行動ができていれば解雇するようなことはしませんが、面接で前職の業務内容を詳しく質問をしたり、実際に経験していなと答えられないような質問を織り交ぜています【サービス系 100~300人未満】

■過去の勤務先の表記が間違っていた。悪意ではないことが分かりましたが、厳重注意しました【商社系(総合商社・素材・医薬品他) 50~100人未満】

■入社後に、履歴書に経験として書かれていた業務ができなかった。一から教えると同時に、やむなく一線から外すことに。それとなく関連用語を交えて、受け答えに矛盾がないことを事前確認しています【サービス系 100~300人未満】

【アンケート調査概要】「リクナビNEXT 採用実態調査」 実施期間:2017年3月23日~3月27日 調査機関:楽天リサーチ 調査対象:直近一年間に正社員の中途採用に携わった従業員50名以上の企業の採用担当者300名

こんな時どうする?職歴の書き方Q&A

Q.職務経歴書と履歴書の「職歴」欄の違いがわかりません。
Q.新卒で就職した会社を3カ月で退職。職務経歴書に書くことがありません。
Q.試用期間中の退職も履歴書に書くべき?
Q.履歴書には育休中であることを明記したほうがいいのですか?
Q.病気による休職期間も、職務経歴書に書くべき?
Q.派遣社員時代にいくつかの企業を渡り歩いたのですが、書いてもOK?
Q.アルバイト経験は履歴書の「職歴」欄に書いてもいいのでしょうか?

応募書類の関連記事はこちら

履歴書の基本的な書き方
職務経歴書の基本的な書き方
【職種別】職務経歴書の書き方見本
送付状の書き方
履歴書を郵送する際の封筒の書き方

あわせて読みたい記事

記事作成日:2017年4月20日 EDIT:リクナビNEXT編集部