転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2020/07/03 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職相談室 > 転職を成功させたいのですが、どうしたらいいのかわかりません【転職相談室】

転職を成功させたいのですが、どうしたらいいのかわかりません【転職相談室】

不安そうにしている男性漠然と転職を考えているものの、最初の一歩を踏み出すことができない方もいるのではないでしょうか。

今回は、「転職したいのですが、どうしたらいいのかわかりません」という方のご相談に、組織人事コンサルティングSegurosの粟野氏がお答えします。

アドバイザー

粟野友樹さんプロフィール画像

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント

粟野友樹氏

約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルを行っている。

転職を成功させたいのですが、どうしたらいいのかわかりません(Tさん/営業職/28歳/男性)

相談者
相談者
■現在の仕事
広告代理店で営業をしています。
■悩み
学生時代から広告に興味があり、就職活動では広告代理店を中心にエントリーしていました。本命だった大手広告代理店は選考を通過しませんでしたが、紙メディアや看板、パンフレットなどを中心に扱っている中堅の広告代理店で内定が出たので、入社することに決めました。一般的にはデジタル広告が人気ですし、マーケットも伸びていますが、自分としては物として形が残り、様々な人の目にとまるリアルの広告に携わりたかったからです。
現職での仕事は、広告出稿をきっかけにして、お客様の企業パンフレットや展示会のポスター、ホームページのリニューアルなどを依頼されることも多く、幅広い提案ができて仕事に不満はありません。ただ、やはり紙メディアへの広告出稿や、制作物よりも、デジタル広告のニーズが増えています。また、自分も会社もデジタル領域が得意とは言えず、お客様に自信を持って提案することができません。
今現在は会社に不満はありませんが、10年、20年後を考えると、会社の経営や自分のスキルがとても心配です。だからといって、現状に不満もないので、どのような方向で転職活動していいのかも分かりません。
■相談
明確な転職の目的がないので、面接で志望動機ややりたいことを聞かれても答えられなさそうです。最善の転職をするためには、どうしたらいいのでしょうか?

どうしたらいいのかわからない場合は、「自己分析」から始めよう

アドバイザー
アドバイザー
「現在の仕事に満足している」とのことですが、特にどのような仕事にやりがいや喜びを感じていますか?

ブランディングが上手なお客様もいらっしゃいますが、中には自社の魅力を十分に表現できていないお客様もいらっしゃいます。最初は「専門誌に広告を出したい」というご相談だったのが、新しい訴求をご提案したらとても気に入って下さって、パンフレットやホームページも受注したことがあります。お客様が気づいていない、またはうまく表現できていない魅力を言語化してご提案し、効果が出て喜んでいただくことが一番嬉しい瞬間です。中小企業の場合、広告担当者やデザイナーが社内にいるとは限らないので、ずっと広告やパンフレットを変えていないケースも結構多いんです。
相談者
相談者
アドバイザー
アドバイザー
クリエイティブをメインとした提案営業がお好きなのですね。Web系の広告代理店であれば営業職の求人も多く、ご経験が活かせると思うのですが、デジタル広告をメインに提案する仕事はいかがでしょうか?デジタル広告を専門にしている代理店であれば、社内にノウハウがあるので経験やスキルを積むことができますが…。

デジタル広告に求められる緻密な分析やPDCAも重要だと思いますが、自分はアイディアや表現力でお客様に喜んでいただくような仕事に興味があります。広告だけではなく、ブランディングまで踏み込むような提案が好きなのかもしれません。
相談者
相談者

焦らずしっかり情報収集し、色々な企業を見て転職の軸を固めよう

アドバイザー
アドバイザー
そうなると、制作会社または中小企業向けにブランドのコンサルティングを行っている企業などが合っているかもしれません。また、大手のWeb系代理店は、様々なメディアやサービスを持っているので、ポジションによっては一般的なデジタル広告以外の提案もできる可能性があります。
なお、顧客への提案ではなく、自社のブランディングやマーケティングを行うことに興味はありませんか?成長中のベンチャー企業であれば、ブランディングやマーケティングを行うポジションを募集している可能性があります。

なるほど、代理店以外考えたことがありませんでしたが、制作会社やコンサルティングを行っている企業や、自社のマーケティングという選択肢もあるんですね。
相談者
相談者
アドバイザー
アドバイザー
ただし、これまでマーケティングやブランディングを専門に活動されていたわけではないので、経験者と比べると採用の可能性は低くなってしまいます。特に、ベンチャー企業のマーケティングの場合は、経験者が優遇されるため、まずは経験を活かして営業職で転職し、実績を出してマーケティングに異動するという「二段階のステップ」が必要かもしれません。
ですが、現状の仕事にご不満をお持ちでないとのことなので、焦らずに興味を持った企業に応募して話を聞いてみて、転職の軸を固めていくことをお勧めします。今は志望動機が固まっていなくても、様々な企業の求人を見ているうちに「この会社に入社したい!」と思える企業に出会えるかもしれません。転職活動をした結果、興味を持った企業に出会えなければ、いったん現職に留まるという選択肢もあります。

確かにそうかもしれません。漠然とした将来への不安から、よく分からないまま「転職しなければ」と焦っていましたが、まず情報収集することが重要ですね。代理店以外の可能性も教えていただいたので、視野を広くして色々探してみることから始めてみます!
相談者
相談者

まとめ

  • 「どうしたらいいのか分からない」という場合は、自己分析を行い、現状整理から始めよう
  • マーケティングやブランディングなど、未経験の領域にチャレンジするのであれば、「二段階のステップ」を踏むという方法もある。
  • ただし現状の仕事に不満がないのであれば、焦らずに興味を持った企業に応募し話を聞いてみて、転職の軸を固めていこう。
記事作成日:2020年1月28日 ILLUST:二村大輔 EDIT:リクナビNEXT編集部

あなたにぴったりの求人は?

自分で求人を探してみる

転職にお悩みの方

転職のプロに相談してみる