転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2019/10/16 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 「履歴書のみ」の求人に職務経歴書は不要?

「履歴書のみ」の求人に職務経歴書は不要?

履歴書と職務経歴書の写真パートやアルバイト募集では、応募は「履歴書のみ」という求人が大半ですが、中途採用の募集にも「履歴書のみ」という求人があります。一般的に「転職活動には職務経歴書が必要」と言われているため、本当に職務経歴書は不要なのか不安に感じる方もいるようです。

そこで今回は、「履歴書のみ」の求人への応募方法についてご紹介します。

「履歴書のみ」と書かれているなら職務経歴書は不要

求人情報に「履歴書のみ」と明記されているのであれば、職務経歴書は必要ありません。その背景をご説明します。

応募のハードルを下げたい

職務経歴書の準備を負担に感じる求職者も少なくありません。「履歴書のみ」にすることで、求職者の職務経歴書作成の負荷を軽減し、応募を促そうとする狙いがあります。

職歴・経験スキル不問である

「履歴書のみ」の求人の中には、職歴や経験スキル不問で「面接で直接会って話をして選考したい」と考えているケースもあります。職歴や経験スキルを問わないため、履歴書だけで十分なのです。

「履歴書のみ」の求人応募で気をつけることは?

履歴書のみで書類選考されるため、読みやすく丁寧に記載し、基本的なマナーに則って作成を。また、応募企業への入社意欲の高さを伝えるために、志望動機や自己PRはしっかり考えて記載しましょう。

職務経歴書でアピールしたい場合は?

すでに職務経歴書を作成しており、経験スキルや自己PRを伝えたい場合は、履歴書とセットで送付、または持参しましょう。

履歴書送付の場合

履歴書と職務経歴書を同封し、送付書に「『履歴書のみ』とありましたが、念のため職務経歴書も同封いたしました。ご高覧いただけますと幸いです」など、あえて職務経歴書も送っていることを添えておくと丁寧です。

履歴書持参の場合

面接で持参を指示されている場合は、履歴書と職務経歴書を持参に、手渡しする際に「『履歴書のみ』とありましたが、職務経歴書もお持ちしております」と伝えてセットで渡しましょう。

記事作成日:2019年5月30日 EDIT:リクナビNEXT編集部

転職活動のスタートはまずここから

リクナビNEXTで求人を探してみる

転職のプロに相談したい方はこちら

転職支援サービスに申し込む