転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2016/12/09 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 転職の準備をする > 「固定給+歩合給制」と書いてありました。これはどんな仕組みですか?

転職Q&A

転職の準備をする編

一覧に戻る

「固定給+歩合給制」と書いてありました。これはどんな仕組みですか?

応募したい会社の求人には、「固定給+歩合給制」という給与規定が書かれています。「固定給制」も「歩合給制」も聞いたことはありますが、2つが組み合わさっているものは初めて見ました。これはどんな仕組みなのでしょうか。

(C・Rさん、ほかからの質問)

一定で変化しない「固定給」に、業績によって上下する「歩合給」をプラスする給与システムです。

「固定給」とは、業績にかかわらず必ず得られる金額のこと。「歩合給」とは、業績によって上下する給与のことで、「固定給+歩合給」はこの2つを組み合わせたものになります。営業職や販売職などによく見られる給与システムで、毎月の収入は変動しますが、やりがいの感じられる仕組みとも言えます。

ただ、同じ「固定給+歩合給」でも、給与全体に占める固定給の割合は会社によって異なるので、注意が必要です。固定給の割合が高い場合には、高い業績をあげても見返りが少ない代わりに、毎月の収入が比較的安定するというメリットがあります。一方で、固定給の割合が低い場合には、高い業績をあげればその分収入がアップするものの、業績が低迷すれば給与が激減するリスクがあります。また一般的にいって、固定給の割合が低い場合はノルマが厳しいと考えてよいでしょう。どちらが自分の希望に合っているか、よく考えて選ぶようにしてください。

この内容は、2010/10/13時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:浦野啓子)