No.010  面接でかけもちしているか聞かれたらどうする?

答 え  2) 聞かれたら正直にかけもちしていることは言うべき

残念!不正解です。
応募者が複数の企業に応募することは会社側も理解しています。「他社への応募」について質問する理由は、ほとんどの場合、応募者の志向性を知りたいから。かけもち応募者を避けるためではありません。ただし、「おたくの会社は滑り止めだ」というようなことをストレートに言われたら、誰でも気分が良くないのは当然のこと。そのあたりに配慮した言い方を考えるのが応募者側のマナーです。
という観点で選択肢を見ると、「聞かれる前に自分からC社は第二志望だと言う」のは明らかにNG。聞かれもしないのにかけもちの件を自ら言う必要はそもそもありません。複数応募について聞かれ、なおかつ第一志望はどこかと聞かれたのなら別ですが…。また、「かけもち応募はしていない」とウソをつくのも問題。もし、B社、C社とも内定がもらえた場合、C社に「他社で採用が決まったので」とその時点で言い出すのは失礼ですからね。
かけもちで応募することは、あえて自分から言うことではないけれども、ウソをついてまで隠すことではない、となると、「聞かれたら正直にかけもちしていることは言う」が最も失礼ではない対応といえるでしょう。ちなみに、内定を断る場合、「もう関係ないし」と失礼な態度をとる人もたまにいるそうです。あなたの採否の判断をするために人事担当者は結構な時間と労力を使っています。礼を尽くすのが「人として最低限のマナー」ですよ。
この内容は2008年6月30日時点での情報です。
読者のみなさんの声

■かけもち応募ですが、聞かれてもあえて答えずともいい気がします。知人の経験ですが、正直に答えていた時期より答えなくなったほうが内定が取れるようになったと聞きました。嘘も方便、という言葉があるように、自分に不利になりそうなことを自ら暴露しなくてもいいのでは?(匿名さん)

■最近の話。面接で「かけもち応募はしていません!」と話した企業から内定をもらいました。でも実は嘘で、その時点で第一志望の企業は返事待ち。電話で内定の連絡をもらった際、そのことを遠まわしに話したら、あとで向こうから内定取り消しの連絡が。面接で正直に話さなかったので気を悪くされたのでしょうか?それともその企業が第一志望じゃなかったことも原因?第一志望の企業からは、その後不採用の連絡がきました。(もちろんまだ転職活動中さん)

WRITING 伊藤敬太郎

会員登録がまだの方

会員登録(無料)

会員登録がお済みの方

「今すぐ転職」にも「いつかは転職」にも即・お役立ち!リクナビNEXTの会員限定サービスに今すぐ登録しておこう!

1転職に役立つノウハウ、年収・給与相場、有望業界などの市場動向レポートがメールで届きます

2転職活動をスムーズにする会員限定の便利な機能

・新着求人をメールでお届け

・希望の検索条件を保存

・企業とのやりとりを一元管理など

3匿名レジュメを登録しておくとあなたのスキル・経験を評価した企業からスカウトオファーが届きます

会員登録し、限定サービスを利用する

※このページへのリンクは、原則として自由です。(営利・勧誘目的やフレームつきなどの場合はリンクをお断りすることがあります)