転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2019/11/13 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 職務経歴書・履歴書を用意する > 志望動機と自己PRは職務経歴書などに書く際に、書き分けた方がいいのでしょうか?

転職Q&A

職務経歴書・履歴書を用意する編
一覧に戻る

志望動機と自己PRは職務経歴書などに書く際に、書き分けた方がいいのでしょうか?

志望動機と自己PRがどうしても似た内容になってしまいます。同じような内容なら、一緒にしてしまった方が、面接官の方も読むときに楽なのかも…と思ったりします。書き分けた方がいいのでしょうか?それとも一緒に書いてしまっていいのでしょうか?

(Y・Aさん、ほかからの質問)

志望動機と自己PRは書き分けた方がいいでしょう。

基本的には書き分けることをおすすめします。志望動機とは、応募企業に対して、「他の会社ではなく、なぜこの会社のこの仕事を希望するのか?」を示すためのもの、自己PRは経験やスキル、仕事への姿勢などについてアピールするためのものです。似た内容になる可能性がありますが、目的が異なるので、書き分けていきましょう。具体的な志望動機、自己PRの書き方についてはこちらをご覧ください。

志望動機の書き方

自己PRの書き方

この内容は、2017/6/29時点での情報です。
(文責:リクナビNEXT編集部)

あなたにぴったりの求人は?

自分で求人を探してみる