転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2019/01/23 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職コラム > 「大丈夫です」は敬語でなんと言う?

「大丈夫です」は敬語でなんと言う?

大丈夫を敬語で言うと転職活動では、応募書類や面接、メールなど、採用企業とのやり取りを行う機会が発生します。日程や条件などの希望を伝えたり、回答したりする場合に、「大丈夫です」はどのような言い回しを使ったらいいのでしょうか。

本記事では、転職活動で知っておきたい、ビジネスシーンの敬語について解説します。

「大丈夫です」は敬語でどう言う?

「大丈夫です」という言葉は、日常シーンでは便利で使いやすい言い回しです。でも、履歴書やビジネスメール、面接などで使うのは、「ビジネスマナーとして不安…」という方も多いようです。そこで、シーン別に言い換え表現をご紹介します。

履歴書などの応募書類で使う場合

履歴書には志望動機や備考欄があります。希望条件を伝えたり、提示された条件に答える場合は、丁寧語である「転勤は問題ありません」、さらに敬意を表したい場合は「転勤は問題ございません」という言い換え表現があります。「ありません」も丁寧語ですが、「ございません」のほうがより丁寧な印象を与えます。

ほかにも、「お願いいたします」という表現があります。たとえば、「勤務地・待遇などは、貴社の規定でお願いいたします」と記載します。こちらも「お願い申し上げます」など、より敬意を払う表現もありますので、必要に応じて使い分けましょう。

メールや面接で使う場合

メールや面接などではどのような言い換え表現があるのでしょうか。こちらも応募書類同様に、「問題ありません」「お願いいたします」だと、丁寧な印象になります。

また、受け答えの言葉として、「大丈夫です」の代わりに「承知しました」という表現も使われます。面接で「この条件でよろしいですか」などと同意を求められた場合は「承知しました」「承知いたしました」と伝えます。

「かしこまりました」という表現も便利なので覚えておきましょう。たとえば、採用企業から「面接は○月○日でお願いします」とメールで連絡があった場合に、「大丈夫です」と書くのではなく「かしこまりました」と書くと、相手への敬意を表すことができます。

記事作成日:2018年9月28日 EDIT:リクナビNEXT編集部