転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2018/09/21 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 履歴書作成のコツ > 履歴書のメールアドレス欄の書き方は?

履歴書のメールアドレス欄の書き方は?

履歴書の画像連絡先欄に、電話番号だけでなくメールアドレスの欄が用意されている履歴書が増えています。日常的なやり取りをメールで行うことが一般的になった現在、メールアドレスは記載しておいた方がいいのでしょうか。

メールアドレス欄の書き方と注意点をご紹介します。

メールアドレスの書き方

採用担当者との連絡手段としてメールを使いたい場合は、なるべくメールアドレスを記載しておきましょう。メールアドレスには英数字が利用できるため、例えば「O(オー)」と「0(ゼロ)」、「l(エル)」と「1(イチ)」など、はっきりと書かないと読み間違いのもとになります。丁寧にわかりやすく書きましょう。

なお、履歴書にメールアドレス欄が設けられていない場合は、電話番号欄の余白などに「メール:○○○○@rikunabi.com(日中のご連絡はこちらにお願いします)」などと記載しておきましょう。

メールアドレスを履歴書に書くメリット

働きながら転職活動する場合、「日中は電話に出られず、終業してから電話したら不在だった」など、電話のみを連絡手段にするとすれ違いが発生する可能性が高くなります。メールなら通勤時間や仕事の休憩時間などに返信することができるので、採用担当者とのやり取りのスピードも上がるでしょう。

また、口頭と異なり、やり取りがデータとして残るため、後から確認することもできます。面接の日時や必要書類をうっかり忘れてしまっても、履歴が残っていれば企業に問い合わせる必要がありません。

フリーメール、携帯キャリアのメールアドレスを書いても大丈夫?

履歴書に記載するメールアドレスに、フリーメールのアドレスを使用することは問題ありません。ただし、「~@docomo.ne.jp」「~@i.softbank.jp」「~@ au.com」といった携帯キャリアのメールアドレスは容量制限があるため、企業からファイルが添付されたメールが送られてきた場合に、閲覧できない可能性があります。また、迷惑メールの設定によってはメールがフィルタリングされてしまう可能性も。

キャリアメールしか持っていない場合は、できれば転職活動を始めるときにフリーメールのアカウントを開設し、転職活動用のメールアドレスとして活用すると便利です。

記事作成日:2017年12月27日 EDIT:リクナビNEXT編集部