転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2022/12/07 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職コラム > 【転職ブルー】内定承諾後・転職後に感じやすい不安の原因と解消方法

【転職ブルー】内定承諾後・転職後に感じやすい不安の原因と解消方法

考え込んでいる女性内定承諾後や転職後に強い不安に襲われる「転職ブルー」はどうして起こるのでしょうか。

その原因と、なりやすい人の特徴、陥りやすいタイミングと転職ブルーの対処法・予防法をご紹介します。

選考中、内定承諾前、入社後にやると良いことを知って転職ブルーを乗り越えましょう。

アドバイザー

粟野友樹さんプロフィール画像

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント

粟野友樹

約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。

転職ブルーとは

結婚前や結婚後に気分が落ち込んだり、不安に襲われたりすることをマリッジブルーと言うように、転職活動においても内定承諾後や転職後に強い不安に襲われることを「転職ブルー」と言います。

具体的には、以下のような心理状態が例としてあげられます。

<転職ブルーの心理状態の一例>

■内定承諾後の場合
・内定承諾をした企業に本当に転職して良いのだろうか…と迷いだす
・現在の職場の方が、転職先よりも魅力的に感じてくる
・今からでも入社辞退をした方が良いのではとクヨクヨ悩む

■転職後の場合
・前職の職場の方が魅力的に感じる
・転職しない方が良かったのかも…と思い始める
・今からでも再転職をした方が良いのではと悩む
など

転職ブルーの原因と、転職ブルーになりやすい人の特徴

転職ブルーになる原因の一つは、「この転職で失敗したくない」「一度決めてしまったからには、今さら引き返せない」と過度に思い詰めてしまうことにあります。

「本当にやっていけるだろうか」という不安が、「こうなったらどうしよう…」と言う不安に変わり、また新たな不安を呼び寄せるといった負のループが続いてしまいます。

転職による環境変化への不安は誰もが抱えるものですが、「この企業だからこそ行きたい」と言う理由が明確になっていないと、働くイメージが上手く描けない時や仕事でつまずいた時に、それを乗り越えることが難しくなりがちです。

つまり、転職ブルーになりやすいのは、転職理由を明確にしなかった人や、複数社を比較検討しなかった人たち。転職先の最終決定を自分の意志ではなく、キャリアアドバイザーや家族の意見などで決めてしまい、本当は腹落ちできていない人などもなりやすいと言えるでしょう。

転職ブルーに陥りやすいタイミング

転職ブルーに陥るきっかけは人ぞれぞれですが、ふと転職することをリアルに感じた時や成果を出せるか不安に感じた時などになりやすいと言えます。

特に内定承諾後の場合は、入社手続き用の書類を書いている時や、転職前の引き留めでネガティブな意見とともに「今の会社でいいんじゃないの」と言われた時などになりやすいでしょう。

転職後の場合は、仕事に対するプレッシャーを感じたタイミングで、転職ブルーが始まりやすいと言えます。例えば、思うような成果が出せない時や、面接で実績を盛りすぎたな…とふと我に返ったとき時などが挙げられます。

「転職ブルー」になってしまった時の対処法

転職ブルーになってしまった時は、まずは転職への不安や心情を誰かに相談しましょう。

家族や友人でも構いませんが、オススメは人事や上司など転職先の人です。入社前であったとしても問題はありません。

内定承諾をしている時点で、会社の新しいメンバーとして迎え入れることが決まっているので、相手も親身になって話を聞いてくれるでしょうし、相談をしたことによって内定を取り消されてしまうといったことはまず考えられません。

ただし、相談の仕方には要注意。「転職をしなければ良かった」「入社を迷っている」などと、心のままに不安を吐き出すだけにならないようにしましょう。

相談をする際には、成果を出したいからこそ不安になっているとポジティブな意欲も伝えるのがポイント。

例えば、入社前であれば「入社後は、早めに御社に馴染み、チームに貢献をしたいと思っているのですが、優秀な社員の皆さんの中で、すぐに成果を出せるのだろうかと不安でもあります。

これまで中途採用で入社された方は、どのくらいのタイミングでどんな風に成果出しているのでしょうか?入社前に準備しておくと良いことや、入社後に率先してキャッチアップすると良いことなどはありますか?」などと聞くと良いでしょう。

転職先の人に直接相談をすることで、抱えている不安について具体的な解決策を教えてもらえるかもしれませんし、場合によってはフォロー体制を手厚くしてくれるかもしれません。

何より、入社前に必要な準備やキャッチアップの仕方を聞くことで、入社後の働くイメージをつけやすくなります。

内定承諾後に陥る転職ブルーでは、働くイメージが上手くつけられないことから不安が加速していく傾向にあるので、具体的な行動指針を立ててやるべきことを明確にすることで不安も軽減していくでしょう。

また、「とりあえず3ヶ月は頑張ってみよう」などと、期間を決めてみるのもオススメです。

リクナビNEXTが実施したアンケート調査によると、新しい職場に馴染めなくて辞めたいと思ったことがある人のうち、約半数の45.7%が「辞めたいと思っていたのは入社後3か月以内まで」と回答しています。

実際に先輩社員が成果を出すまでにかかった期間が分かれば、「入社後3ヶ月、ないしは先輩が実績を出すまでに必要だった期間までは自分も焦らず頑張ってみよう」と心に余裕を持つこともできるでしょう。

「転職ブルー」を予防するにはどうしたら良い?

転職という大きな決断をするにあたって、悩みや不安を抱えることは珍しいことではありません。

誰もが抱える不安やつまずきを、過度に思い詰めて転職ブルーになってしまわないように、転職活動の選考中、内定承諾前、入社後にしておくと良いことをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

選考中は、転職で優先したい項目の定義を明確にして順位付をする

転職ブルーを予防するためには、転職することで「実現したいこと(解決したいこと)」を洗い出し、優先順位をつけることが大切です。

例えば、希望条件にA > B > Cと優先順位をつけていたとしましょう。

入社後に、第二希望Bと第三希望Cにギャップを感じてしまったとしても、優先順位が明確であれば「Aは実現できているし、そこが今回の転職で大事にしたいところだったから、B・Cについては時間がかかったとしても実現できるように頑張ろう」と自分を納得させ、乗り越えやすくなります。

また、転職後のギャップがなるべく少なくなるように、優先項目の定義を自分の中で具体的にイメージして言語化しておくことも重要です。

例えば、「チームで成果を出す環境」を希望した場合、同じ意味合いでも「チームメンバーが不得意なところをサポートし助け合う環境」なのか、「個々人が専門職としてベストを尽くして業務を遂行し、それを合算することで成果を出す環境」なのかで、働き方は異なります。

自分が理想としている働き方を具体的にイメージして、それが転職によって叶えられそうかどうかを選考中に確認していくと良いでしょう。

内定承諾前は、自分が活躍できそうか、働くイメージを具体的につける

このタイミングでの転職ブルーは、「本当にやっていけるだろうか」と言う不安が大きな原因になります。

そのため、内定承諾をする前に、自分がその企業でどんな風に働くのか、そこで活躍できそうかどうかなどを考える時間を持ちましょう。

採用担当者にお願いをして、現場の上司や同僚と面談を設定してもらうのも一つの手です。面談では、想定している仕事の進め方や、成果を出すために必要なこと、会社として大切にしていることなどを聞くことで、より具体的に働くイメージをつけることができるでしょう。

特に、成果を出すために必要なことを聞くことで、会社のWebサイトや求人情報には掲載されていないカルチャーを知ることができるかもしれません。

例えば、アットホームに見えていた会社が「とにかくやりきる力が必要!」とストレス耐性を重視しているかもしれませんし、腰を据えて物事に取り組めそうに見えていた会社が「仕事の基本はスピード感!」と、イメージとは全く違った…なんて可能性もあるのです。

転職後に成果を出すために必要なことは、スキルや経験だけではありません。

その会社が大事にしていることを自分も大切にできそうか、今いるメンバーの仲間として一緒に仕事に取り組めそうかといったことも含めて、働くイメージをつけてみましょう。

もしも「なんとなく合わないかも」と思った時には、その直感を無視しないことが大切です。

どうして違和感を覚えるのか、それは転職の優先順位と照らし合わせてみて許容できることなのか、できないことなのかを改めて考えてみることをオススメします。

入社後は、周囲と積極的にコミュニケーションをとる

転職後にギャップを感じたり、仕事が上手くいかずに焦ったりすることは、誰もが経験するものです。

そういった時に、社内に不安や悩みを気軽に相談でき、ちょっとした雑談で気分転換できる相手がいると、精神的な安心に繋がり、転職ブルーの予防にも役立ちます。

自分と気があう同僚を見つけるためにも、入社後は、積極的に周囲に挨拶をしたり、朝会での発表などがあれば最初のうちに引き受けたり、社内イベントに参加してみたり、自分を知ってもらう機会をとにかく増やしましょう。

「色々聞かせてください」と言って、同僚と1 on 1でのミーティングを設定するのもオススメです。

相手の仕事内容や、これまでのキャリアなどをインタビューするつもりで質問していけば、相手も答えやすいですし、そこから人柄も知れるでしょう。

気が合いそうであれば、少しずつプライベートな話に展開していき、仲を深めていくこともできます。

また、仕事上でもコミュニケーションは重要です。上司や同僚に積極的に質問をして、自分の仕事に対してフィードバックをもらうようにすると良いでしょう。

コミュニケーションを密にすることで、「今の自分はどんなことを期待されているのか」「期待に応えるには何が足りていないのか」「この会社で好まれるのはどんなやり方なのか」といったことが分かります。

得た情報を元に、仕事の進め方を新しい会社に適応させていくことで、より成果を出しやすくなるかもしれません。

成果を出すことができれば、周囲にも認められ、「自分はこの会社でやっていける」という自信が育まれて、転職ブルーを防ぐことができます。

リクナビNEXTが運営する「転職成功ノウハウ」では、転職後のよくある悩みもフォロー

転職ブルーという言葉があるように、転職後には何かと不安や心配が尽きないもの。

新しい職場に馴染めない、転職先の同僚と合わないなど、転職後に困ったことや悩んでいることがあれば、ぜひリクナビNEXTが運営する「転職成功ノウハウ」を頼ってみてください。

転職活動中だけではなく、転職後の悩みに寄り添った記事も多数用意して、あなたの転職成功を応援しています。

▼転職後の悩みに関する記事一覧

記事作成日:2022年1月31日 EDIT:リクナビNEXT編集部

イベント・セミナー※リクルートエージェントに遷移します

RAGイベント

申込締切日が近いイベント・セミナー

イベント情報を更新中