転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2017/08/18 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 面接対策をする > 「ネガティブな退職理由」を「ポジティブな転職理由」に変換するには?

「ネガティブな退職理由」を「ポジティブな転職理由」に変換するには?

Fotolia_116940277_M転職活動中の人に「退職理由」を聞くと、給与や待遇、人間関係などネガティブな理由を挙げる人が目立ちます。しかし、面接で不満をそのまま伝えては、応募先企業に採用されるはずはありません。

ネガティブな動機に隠れているポジティブな気持ちを掘り起こし、前向きな気持ちで転職活動に臨めば、満足度の高い転職が実現できそうです。

不満を紐解いて、前向きな思いを見つけよう

「前職の退職理由を教えてください」──大半の面接で聞かれる定番質問だ。その際に、会社への不満を正直に話してしまう人が多いのが現状。いくら前職に不満があっても、それをそのまま伝えてしまっては、印象を悪くする恐れがある。企業は、仕事に対する前向きな気持ちを高く評価するからだ。

「不満」は、仕事に対する前向きな思いが叶えられないからこそ起こるもの。不満の理由を紐解いてみれば、自分の仕事観、キャリア観が見えてくるはず。それに基づいて転職活動を行えば、きっと満足のいく転職が実現できるだろう。

ありがち退職理由①
「社内の人間関係の悪さに嫌気が差した」
→それって…みんなと一緒に気持ち良く働きたいんじゃない?

人間関係を退職理由に挙げるのは、面接においてはご法度といえる。面接担当者からすれば、「人間関係を理由にまたすぐ辞めてしまうのではないか」「うちの会社でも人間関係で揉め事を起こすのではないか」と不安に感じてしまう。面接担当者の気持ちに立って、退職理由を伝えるべきだ。

人間関係の悪さに嫌気が差したということは、裏を返せば「今度は人間関係の良いところで働きたい」ということであり、「周囲と協力しながら仕事をしたり、チームワークを活かした働き方がしたい」という気持ちの表れとも言える。その思いを伝えれば、面接担当者も納得するはずだ。

<こうプラス転換できる!>
→周りと連携を取りながらチームワーク良く仕事を進めたい
→みんなと意思疎通を取りつつ働きたい

<退職理由の回答例>
「前の会社は、個人の売り上げが重視されていたため、個人で行動する機会がほとんどでした。しかし、私自身は周囲とコミュニケーションを取りながら仕事を進めるのが得意なタイプです。チームで団結し一つの目標に向かってまい進し、成果を挙げたいという思いが強まり、退職を決意しました」

ありがち退職理由②
「社長がワンマンで付いていけない…」
→それって…自分の目標に合った働き方がしたいんじゃない?

社長や上司がわがままで自分勝手…というのもよく聞く話。しかし、それをそのまま伝えてしまうのはNGだ。人事担当者だけではなく、採用部署の責任者が面接を担当するケースは多い。その人に向かって「上がワガママで…」と言っても反感を買うだけだ。

「トップの考えに付いていけない」と感じたのは、「こんな仕事がしたい」という目標やキャリアプランが明確だからが故に、強いギャップを感じたのではないだろうか?もしくは、トップの経営理念に共感しながら働きたいという思いの表れとも言えるだろう。

<こうプラス転換できる!>
→自身の意見やアイディアを活かして、新しい仕事にチャレンジしたい
→社長の思いに共感しながら、会社と同じベクトルで働きたい

<退職理由の回答例>
「以前の勤務先は硬直的な組織で、若手社員が意見やアイディアを発表する場はほとんどありませんでした。年齢や社歴に関係なく、自由に意見が言える職場で働きたい、新しい仕事にどんどん挑戦し続けスキルアップしていきたいと考え、退職を決めました」

ありがち退職理由③
「ノルマがキツすぎて死にそうです!」
→それって…営業の仕事そのものにもっと打ち込みたいんじゃない?

仕事に追われて毎日午前様…。面接の場で、激務の辛さを訴えたくなる気持ちはわかる。しかし、面接ではぐっとこらえるべき。「本当のところ」は面接担当者には判断のしようがないうえ、逆に怠けているという印象を与えかねず損だ。

本当は、「数字ばかり気にすることなく、営業という仕事に真摯に打ち込みたい」という思いをかなえたいのでは?例えば、顧客のニーズをじっくり汲み取りたい、時間をかけて強固な信頼関係を築きたい、などという思いがあるから、ノルマに追われることに不満を持ったのではないだろうか。

ノルマの有無で応募先を選ぶのではなく、「顧客のニーズをじっくり探る」「顧客と長期的な関係性を築ける」などのキーワードで選ぶと、思いに沿った企業に出会える可能性が高まるだろう。

<こうプラス転換できる!>
→顧客一件一件とじっくり腰を据えてやり取りしたい
→顧客と長く信頼関係を築いていける仕事がしたい

<退職理由の回答例>
「以前の職場では常に高い目標数字が課せられていました。もちろん、営業として目標達成のために全力で取り組みましたが、顧客一軒ごとに多くの時間を割くことができないのが悩みでした。今度は顧客要望をじっくり聞き出し、それに最大限こたえられる仕事がしたい、そして長く取り引きいただけるような信頼関係を築きたいと思い、退職を決めました」

ありがち退職理由④
「サービス残業が多くてホトホト疲れました」
→それって…成果を正当に評価してほしいんじゃない?

残業は多いが残業代は出ず、やる気も上がらない。そんな職場に疲れ、退職を決意する人は多い。

しかし、どの会社にも多かれ少なかれ残業はあるもの。「残業が嫌で転職なんて…うちにも残業はあるのに」とマイナス印象を持たれないよう、面接前に自分の気持ちを紐解いてみるべきだ。

「残業に疲れた」ということは、もっと効率的に働いて成果を挙げたい、オンとオフを分けてメリハリのある働き方をしたい、もしくは正当な評価を受けたいという気持ちの表れと言える。いずれの理由も、面接担当者が納得できる内容であり、立派な転職理由だ。

<こうプラス転換できる!>
→効率的に仕事をして、さらに成果を挙げたい
→努力や成果に見合うだけの評価がほしい

<退職理由の回答例>
「現在の勤務先は『営業は残業するのが当たり前』という社風で、上司より先には帰りにくい雰囲気でした。残業をすること自体は決して厭いませんが、もっと効率的に仕事を進められるのではないかと常々考えていました。メリハリを持って業務に取り組むことで、より高い成果を挙げたいという思いが強くなり、退職を決意しました」

ありがち退職理由⑤
「会社が遠くて通勤が辛い!」
→それって…通勤分の時間を仕事に有意義に使いたいんじゃない?

さまざまな理由から、長距離通勤を余儀なくされている人は多いだろう。仕事に不満はなく、通勤時間だけがネックだったとしても、それを退職理由とはしないほうが得策だ。

現状がイヤだから…という退職理由は、どんな正当な理由であっても後ろ向きな印象を与えるもの。単に「通勤に疲れる」ではなく、「通勤に割いている多大な労力を仕事に割きたい」と伝えれば、前向きなアピールに変わるのだ。

もし「地元で働きたい」という思いがあるならば、「地元で腰を据えて働き、地域に貢献したいと思ったから」など前向きな思いを前面に伝えよう。

<こうプラス転換できる!>
→仕事にもっと打ち込みたい、集中したい
→地元に密着し、腰を据えて働きたい

<退職理由の回答例>
「前職では、SEとして今までさまざまな客先に常駐しました。しかし、通勤に2時間以上かかるケースが多く、先日も自宅から片道3時間はかかる企業への常駐を打診されてしまいました。通勤に割いている労力を仕事に割きたい、もっと仕事に打ち込みたいとの思いがどんどん強くなり、退職しました」

ありがち退職理由⑥
「自社の商品がショボすぎて売れません…」
→それって…プライドを持って仕事に打ち込みたいんじゃない?

営業職の場合、扱う商品に自信を持てないのは一番辛いところ。しかし「商品がダメだから売れない」と言い切ってしまうのは×。自分の営業力の低さを商品のせいにしていると、取られてしまう恐れがあるからだ。自社商品への不満の裏には、もっとプライドを持って営業に臨みたい、そして仕事に打ち込みスキルアップしたいという前向きな気持ちがあるはず。

もしくは、顧客に喜んでもらいたいのに、商品力のせいでそれが叶えられない悔しさがあるのでは?その責任感の強さは、企業に高く評価されるはず。自信を持って伝えよう。

<こうプラス転換できる!>
→胸を張り、自信を持って商品やサービスを売りたい
→営業の仕事で実績を挙げ、スキルアップしたい

<退職理由の回答例>
「前の会社で扱っていたソフトウェアは競合優位性に乏しく、努力はしたもののなかなか成果につながりませんでした。自信を持って『いい商品だ』と言えるものを提供し、顧客との信頼関係を築いて営業としてスキルアップしたいとの思いが日に日に強まり、転職を決意しました」

ありがち退職理由⑦
「給与があまりに安すぎます!」
→それって…実績を挙げていると会社に認めてほしいんじゃない?

給与への不満は、努力や成果が報われないから生まれるもの。そこを伝えないと、「おカネのことしか考えていない」とマイナスに受け取られてしまうので注意しよう。

自分の働きぶりに自信がないと、「給与が安すぎる」なんてなかなか言えないもの。自分の働きぶりを正当に評価してくれる会社で活躍したいという、前向きな気持ちがあるはずだ。

もしくは、会社の評価制度と、自身の働き方が合わなかったせいとも言えるだろう。評価制度の切り口から退職理由を伝えるのも一つの方法だ。

<こうプラス転換できる!>
→努力や実績を正当に評価してくれる会社で働きたい
→自分が挙げた成果を実感しながらバリバリ働きたい

<退職理由の回答例>
「以前の会社は年功序列の給与体系だったため、なかなか自身の成果を実感できずにいました。営業でトップの成績を収めても、給与額にほとんど反映されないため、モチベーションをそがれたこともあります。成果を正当に評価してくれる実力主義の会社に転職して、営業として思う存分力を発揮したいと考え退職を選びました」