転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2019/12/13 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職コラム > スカイプ英会話で初心者が上達するための4つのポイント

スカイプ英会話で初心者が上達するための4つのポイント

オンラインで安価に英会話レッスンを受けられる「スカイプ(Skype)英会話」がとても人気です。日本に住んでいると、なかなか英語を使う機会がない人が多いですが、これをうまく使えば、英会話のスキルを大きく向上させることも可能です。

そこで、書籍『頑張らない英語』シリーズ(あさ出版)が好評のイングリッシュ・ドクター🄬西澤ロイさんに「自分のことを初心者だと思う英会話に自信がない人」や、「以前にスカイプ英会話をやってみたものの続かなかった人」を対象に、英会話のスキルを上達させるためのポイントを教えていただきました。

スカイプ英会話のイメージ画像(1)

上達Point1:サービス比較をしない

スカイプ英会話のサービスは、数えられないほど存在します。「スカイプ英会話 比較」といったキーワードでウェブを検索すると、10数社~30数社を比較したようなページがたくさん表示されます。初心者はまずここで迷ってしまいやすいもの。

各サービスの違いは、初心者には関係のない話が多いです。一般的なサービスであれば、フィリピンをはじめとした外国人(ノンネイティブ)の講師によるレッスンが月額5,000円~7,000円程度で利用できます。それ以上細かい話に深入りしてしまうと、情報がありすぎて選べなくなってしまいますから、適当に1社を選べばよいでしょう。

価格とサービスの時間帯にさえ問題がなければ、無料体験をしてみて、不満がなければぜひそこでやってみてください。自分にあったサービスを探そうとしてしまうのは、時間の無駄になりがちです。

上達Point2:レッスンを毎日受けてはダメ

大部分のスカイプ英会話サービスは、月額制(上限までなら、何コマ受講しても同一料金)をとっています。やる気次第では、たとえば毎日レッスンを1コマ(25分)受けることもできます。

このプランの場合、毎日欠かさずにレッスンを受けた方がお得になります。しかし、頑張って毎日レッスンを受けることによって、逆に上達しなくなったり、挫折してしまったり……というケースを私はたくさん見てきました。

英語をスポーツに例えてみましょう。そうすると、外国人を相手にスカイプで英会話をすることは「練習試合」に当たります。初心者の方に多いのは、以下の2つのパターンです。

* 試合に出る以外は、一切練習をしない
* 毎日、練習試合に出続ける

スポーツに例えることで、何が問題なのかは自明でしょう。普段の練習の成果を発揮する場所が試合であるべきですよね。つまり普段から、素振りや走り込みに当たるような練習が必要なのです。

効率的に上達できるためには、「普段の練習と、試合に出ることのバランスを取る」ことが重要です。毎日2~3時間もの学習時間が取れるならば別ですが、例えば30~1時間という方には、スカイプ英会話レッスンは週に1~2回にとどめることをオススメします(それでも十分に安いでしょう)。それ以外の日に、試合に向けた練習をしっかりと行なってください。

上達Point3:講師の言いなりにならない

スカイプ英会話でレッスンを受ける際に、初心者が陥りがちな間違いは「講師の言いなり」になってしまうことです。初心者だから教えてほしい、と思う気持ちはよく分かります。しかし、きちんと教えてほしいのであれば、安価なスカイプ英会話サービスをそもそも選ぶべきではありません。

スカイプ英会話では、同じ先生にいつも教えてもらえるとは限りません。教えるのが上手な先生であれば、人気が出ますからなおさらです。先生が違えば教え方も違うのは当然ですし、こちらの上達度合いを把握もしてくれません。初心者向けの教材を割り当てられ、今日は○○ページ、翌日は○○ページ……のように、ただ教材を進めていくやり方になってしまいがちです。

もちろん、それでうまくいく人もいますが、合わない人や、うまく上達できない人の方がずっと多いでしょう。その原因は、スカイプ英会話が「普段の練習」の場になってしまうことです。その結果として、「試合」に出ることがなくなり、学習のバランスが悪くなってしまうのです。

私がオススメしたいのは、教材を使わずに「フリートーク」をすることです。25分全てフリートークは無理だと思われるならば、例えば10分間はフリートークをした上で、教材を使うのは残り時間にするような工夫をすると良いでしょう。このような提案は、スカイプ英会話の講師はしてくれません。自分で、講師をうまく活用すべきです。

上達Point4:同じ話を何度も繰り返す

中には、フリートークをしているが上達が感じられない、という人もいるでしょう。英語力もそんなにないから、話すネタがないし、会話が続かないという人もいるかもしれません。また、講師ばかりがしゃべってしまい、自分は聞く一方になってしまうというケースもあるかもしれません。

フリートークに関する落とし穴は、「通常の“会話”をしようとしてしまうこと」。英語での会話が25分間続くという、中~上級者と同じレベルを要求してはダメなのです。

フリートークの「フリー」とは、「自由に時間を使ってよい」という意味だと考えてください。練習試合なのですから、自分のやりたい練習を、試合っぽくやらせてもらえばよいのです。

私がオススメする方法は、1分間のトーク内容を準備しておくことです。最初は自己紹介などが良いでしょう。試合でそれをうまく言えるように、普段から練習しておくのです。

Please let me introduce myself.(自己紹介をさせてください)

と、レッスンの主導権を取って話し始めれば、相手の講師は聞いてくれるはずです。

実際のレッスンでは、うまくトークができないかもしれません。また、言葉に詰まってしまったり、頭が真っ白になり、忘れてしまったりするかもしれません。その時にはメモを見て、いったん最後までやり抜きましょう。そして、

Let me try again.(もう一度やらせて)

と言って、再度挑戦させてもらえばよいのです。何度も繰り返せば絶対に、前よりもうまく言えるようになりますから。

そして、相手の講師から「ここがよく分からなかった」「こういう表現もあるよ」といったフィードバックやアドバイスがもらえるかもしれません。それをお願いしたければ、

Do you have any feedback/advice?(フィードバック/アドバイスはありますか?)

と伝えれば、バッチリです。

また、自己紹介の内容について、もっと詳しく知るための質問をしてくれるかもしれません。向こうからしてくれなければ、

Do you have any questions?(質問はないですか?)

と尋ねればよいのです。そして、質問に頑張って答えてみてください。

また、時間が余ったら、

I want to try once more.(もう一度チャレンジしたい)

というように、何度でも同じ自己紹介をさせてもらってください。通常の会話とは違うのですから、同じ話をしたらダメなんてことは一切ありません。

そして、次回のレッスンでは、ブラッシュアップした自己紹介に挑戦してみてください(そう、大事なのは普段の練習ですよ)。英語での自己紹介が得意になるまで、続けるのがオススメです。

慣れてきたら(もしくは自己紹介に飽きてきたら)、例えば「好きな本」「好きな食べ物」「最近見た映画」などなど、話したいことを話せばよいのです。

そうやって、自分が話すことのできるトピックを1つずつ増やしていきましょう。それが5個、10個……と増えていくと、少しずつ自信をもって英語が話せるようになっている自分に気づくことができますよ。

スカイプ英会話の上達ポイントまとめ

今回ご紹介したスカイプ英会話学習のコツは以下の4つです。

  •  自分にあったサービスを探そうとしない
  • レッスンは週に1~2回にとどめる
  •  教材を使わずにフリートークをする
  • 1分間のトーク内容を準備し、何度も繰り返す

スカイプ英会話は、英語を日常的に使う時間を、安価に作ることのできる画期的なサービスです。以前は、英語がしゃべれるようになりたいと学んだ人の多くが、実際に使う機会がないという現実のせいで、望むような上達を手にすることができませんでした。しかし今や、その壁を乗り越えられる強力なツールが誰にでも手に入れられる時代になったのです。

スカイプ英会話のサービスをうまく活用するポイントは、それを「練習試合」と位置付けて、普段の「練習」とバランスよく行なうことです。練習ばかりに偏ってしまうと、英語学習が楽しくなくなりやすいもの。逆に、毎日のように試合に出続けてしまうと、上達が感じづらく、疲弊してしまいやすいのです。

両者のバランスをうまく取りながら、スカイプ英会話のレッスンを、普段の練習の成果を試す、練習試合の場にしてください。また、試合の結果を振り返り、それを普段の練習に反映させるのです。そうやって、あなたの学習内容が一本の線でつながる時、英会話の上達という成果が確実に得られるようになるでしょう。

著者プロフィール

西澤ロイ(にしざわ・ろい) イングリッシュ・ドクター

TV・ラジオでおなじみのイングリッシュ・ドクター(英語の“お医者さん”)。英語に対する誤った思い込みや英語嫌いを治療し、心理面のケアや、学習体質の改善指導を行なっている。英語が上達しない原因である「英語病」を治療する専門家。ベストセラーとなっている『頑張らない英語』シリーズ(あさ出版)や『TOEIC最強の根本対策』シリーズ(実務教育出版)他、著書多数。さらに、ラジオで4本のレギュラーがオンエア中。特に「木8」(木曜20時)には英語バラエティラジオ番組「スキ度UPイングリッシュ」が好評を博している。

あなたにぴったりの求人は?

自分で求人を探してみる

転職にお悩みの方

転職のプロに相談してみる