転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2018/05/23 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 職務経歴書の書き方 > Webマーケティングの職務経歴書の書き方見本

Webマーケティングの職務経歴書の書き方見本

職務経歴書の書き方見本Webマーケティングの職務経歴書の書き方見本です。職務経歴書を書いた後に、人事担当者の立場になって、読みにくい文章構成になっていないか、アピールしたいポイントがすぐわかるかを、客観的に読み返してみましょう。分かりやすい内容とPRで、あなたの魅力が十分に伝わる職務経歴書を目指してください。

Webマーケティングが活躍する企業

Webマーケティングの経験を活かせる場は、大きく分けると2つに分類されます。仕事で求められることや担当領域は、応募する企業の事業内容によって異なるため、自己PRは事業内容に合わせてまとめるようにしましょう。

事業会社

Webマーケティングを募集する事業会社には2種類あり、ひとつは自社でECサイトやWebメディアなどを展開しているWeb系企業。もうひとつは、消費財や食品、自動車や不動産などWeb以外の商材の販促のためにWebを活用している企業です。SEMやSEO、ソーシャルメディアなどを活用して集客などに携わります。

広告代理店・Web制作会社など

事業会社の商品・サービスのWebプロモーションを企画、提案をします。ブランディングや集客の一環として、キャンペーンサイトを展開することも。Webマーケティング担当者が活躍するのは、総合広告代理店のWeb部門や、インターネット広告代理店です。

Webマーケティングに求められるスキル

Webを活用したマーケティング活動を行うのがWebマーケティングの仕事。サイトへのアクセス数の増加や、ECサイトでの売り上げアップ、Webサービスの登録者獲得など、目標に対して、達成に導くための計画を立て、実行に移します。

Webマーケティングの仕事は、数値による効果測定が可能なため、対策を最大化するためのPDCAを回すことが重視されます。また、Webのトレンドは非常に変化が早いため、常に最新技術や事例をインプットする力も求められます。

事業会社の場合

事業会社の場合は、自社のマーケティング戦略を立て、実際の運用は代理店に委託するケースが多いため、分析力やPDCAを意識して仕事を進める力とともに、マーケティング戦略に沿ったディレクション能力やコスト管理能力、計画推進力が求められます。また、広報や開発部門など、社内の各部署と連携するケースもあるため、他者を巻き込む能力やリーダーシップが必要なことも。

広告代理店・制作会社の場合

代理店・制作会社の場合は、顧客の事業課題を理解し、最適なマーケティングプランを提案するスキルが求められます。提案内容は、「事業ターゲットに合わせたメディア出稿プラン」「商品のファンづくりのためのソーシャルメディア活用」「SEOを意識したコンテンツマーケティング」など、顧客のニーズによって様々です。

職務経歴書の書き方のポイント

Webマーケティングの職務経歴書の書き方のポイントを3つのポイントに分けてご紹介します。経験が浅く、書ける実績が少ない場合は、業務を行う姿勢や工夫したことなどを書き添えましょう。

1:冒頭に職務のサマリを入れる

これまでどのような経験をしてきたのかがひと目でわかるように、職務経歴の冒頭には職務のサマリを記載します。採用担当者が最初に見る場所なので、伝えたいことを整理してまとめましょう。

2:活かせる経験・知識・技術を書く

Webのメディアプランニングの経験を、予算規模とあわせて内容を具体的に記載しましょう。進化の速いWeb系職種は、実績だけでなく持っている知識や技術も重要視されます。Googleアナリティクスなど、使用可能ツールも書いておくと、スキルレベルが伝わりやすくなるでしょう。

3:職務経歴では担当範囲と役割を書く

【何を担当していたのか】【どの工程に携わっていたのか】の2点は必須事項です。特に業務が多岐にわたるWebマーケティングの場合は、「全体統括と予算管理」、「企画立案や運用ディレクション」、「分析とモニタリング」など、マーケティング活動のうちどの役割を担っていたのかを具体的に書きましょう。

なお、【実績】を記載しておくと、アピール材料になります。実績が書きにくい場合は、業務を行う上で意識していたこと、それによる成果・成功事例などを記載してみてください。

Webマーケティングの職務経歴書の書き方見本

職務経歴書

■職歴要約
大学卒業後、4年間主にWEBプロモーションの企画・設計・運用まで携わっております。
幅広い業界を経験したことで、お客様に合ったプロモーションの提案や、運用が可能です。
また、勉強会に参加するなど常に情報収集し、日々の業務に活かしております。

■活かせる経験、知識、技術
【得意分野】
・プロジェクト全体のマネージメント(予算・スケジュール)
・リスティング広告を中心とした広告運用の経験

【使用可能ツール】
・PowerPoint,Excel
・Googleアナリティクス、Google アドワーズ、Yahoo!スポンサードサーチ

■職務経歴

期間 担当プロジェクト 業務内容 使用ツール メンバー/役割
20xx年xx月

20xx年xx月
家電量販店ECサイトの売り上げ拡大に向けたプロモーション

<達成実績>
目標売上1億を達成するために全媒体の代行を任せられる。
・結果、広告費●●万円/月⇒●●万円/月に増加
・クライアント社内での評判が高く、リピートにて年間予算を頂く

予算管理
戦略設計
プレゼンテーション
PowerPoint
Excel
Googleアナリティクス
3名/アカウントプランナー

<メンバー数>
制作担当1名
メディア担当1名

20xx年xx月

20xx年xx月
大手フィットネスクラブの広告宣伝

<達成実績>
・会員獲得数前年比1.5倍達成
・他代理店運用時に100%未満だった費用対効果を200%に改善

予算管理
企画書作成
プレゼンテーション
シミュレーション作成
WEB以外のプロモーション提案
戦略設計
広告運用
PowerPoint
Excel
Googleアナリティクス
3名/アカウントプランナー

<メンバー数>
メディア担当1名
SEM・SEOコンサルタント1名

20xx年xx月

現在
大手食品メーカー向けプロモーション

<達成実績>
・他代理店運用時、約●●円だったCPAを●●円に改善
・売上前年比2倍達成

予算管理
戦略設計
シミュレーション作成
プレゼンテーション
スケジュール作成
広告運用
PowerPoint
Excel
Googleアドワーズ
Yahoo!スポンサードサーチ
Googleアナリティクス
5名/SEMコンサルタント

<メンバー数>
アカウントプランナー1名
制作担当1名

■資格
・GAIQ(20xx年xx月)
・TOEIC 720点(20xx年xx月)

■自己PR
・効果の最大化をするための施策を考えることができます
大手食品メーカーの案件では、現状分析を丁寧に行い課題点の抽出と改善策を考えました。その結果、昨年対比でCPAを30%削減、売上も昨年対比200%アップに繋がり、クライアントからの信頼を勝ち取ることができました。広告費の増額もいただき、クライアントの事業成長にも大きく貢献できました。成果を上げる為には、何が課題で、どう改善すべきかを考え、PDCAサイクルを回していくことが重要だと学んだ案件でした。

・積極的に知識をつけることを心がけています。
現職では常に改善の可能性を意識し、目標を達成する為の努力を惜しまない姿勢で仕事に臨んでおります。
そのため、現職での学びもさることながら、情報収集を欠かさず、現在は月に1~2回はセミナーに参加したり、ハッカソンに足を運び、最新の知識習得や情報収集を常に心がけています。

以上

職務経歴書セルフチェック

経歴書をまとめたら、内容に足りないところはないかチェックしてみましょう。
家族や知人に客観的にチェックしてもらうのもお勧めです。

以下の内容を過不足なく書きましたか?

  • いつ (西暦表記)
  • どこで (在籍企業、所属部署)
  • 何を (制作物の種類≪デジタル/紙、多い対象者向け/限定向け など≫とその目的)
  • どれぐらい (プロジェクト規模、発刊数、読者数 など)
  • 誰に対して (クライアント、制作物を見る人)
  • どんな立場で (役職、役割、責任の範囲)
  • 何をしたか (職種名、具体的な職務)
  • 得られた成果・実績とエピソード (顧客評価、社内評価、具体的な制作物≪名称、URLなど≫)
  • 専門スキル (専門知識≪商品知識、業界知識、業務知識≫、使用可能なソフトウェア、言語など)
  • 応用可能なスキル (語学力、マネジメント力、ビジネススキル、PCスキルなど)

伝わりやすさを意識して、書き方を工夫しましたか?

  • 簡潔なビジネス文書 (可能な限り名詞や体言止めで記載する)
  • 具体性、客観性 (数値を活用、違う企業の人が読んでも理解できるように)
  • 整ったレイアウト (カッコや記号を使用して項目を立て、適度に改行、行間をあける)
  • 卒業後現在までのすべての期間の情報が入っている

「Web・インターネット・ゲーム」の職務経歴書はこちら

職務経歴書をまとめる際に重要なのは、決まった形式にまとめることではなく、あなたのキャリアがわかりやすく、最大限に伝わる内容であることが重要です。なかなかうまくまとまらない時は、他の職種の職務経歴書も参考にしてみてください。

広告(プロモーション企画・制作) Webマーケティング
Webデザイナー・サイト制作 Webディレクター・プロデューサー
記事作成日:2011年5月19日