転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2022/04/15 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 志望動機の書き方 > 職種別の志望動機例文 > マーケティング職に転職する場合の志望動機の書き方と例文

マーケティング職に転職する場合の志望動機の書き方と例文

マーケティングの志望動機商品・サービスの売り上げに貢献するのがマーケティングの仕事。人気の高いマーケティング職ですが、志望動機はどのように作成したらいいのでしょうか。

マーケティングの志望動機の書き方と例文をご紹介します。

マーケティングの志望動機のポイント

マーケティングの志望動機のポイントを解説します。マーケティング活動を行う仕事を理解し、アピールポイントをまとめましょう。

ポイント1:マーケティングの種類と特徴を理解し、必要なスキルと適性をアピール

マーケティング活動が業務の中心となるのは主にPRや広告宣伝部門ですが、商品企画や販促企画、マーケティングリサーチなども業務の一部でマーケティング活動を行います。

マーケティングに関する仕事の種類や特徴を理解し、これまでに得た経験・スキルの中で何をアピールしたらいいのか考えましょう。

広告宣伝

広告宣伝は、商品・サービスの魅力や特徴をターゲットに伝えるために、オンライン・オフラインの広告戦略を立案する仕事です。

例えば、商品のメインターゲットが多く視聴する時間帯にCMを流したり、ターゲット層が多く存在するWebサイト上に広告を表示させたりします。

掲載期間が終わったら広告の効果を分析し、以降の広告戦略と予算配分を設定します。広告宣伝には、分析力はもちろん、発想力、想像力、情報感度などが求められるでしょう。

なお、広告宣伝にはBtoBとBtoCの2種類があり、「ビジネスツール」「オフィス用品」など、企業をターゲットとするのがBtoBマーケティング、「消費財」「ゲーム」など個人をターゲットとするのがBtoCマーケティングです。

どちらも広告宣伝によって認知力を高め、商品の購入やセルアップがゴールとなりますが、購入決定者や購入までのプロセスがBtoBとBtoCでは異なるため、マーケティング戦略にも大きな違いが出るのが一般的です。

また、媒体や広告配信サービスと企業が直接取引するケースは限られており、多くの企業では広告代理店を通じて広告を出稿します。

そのため、企業のマーケティング担当者だけでなく、広告代理店の担当者もマーケティング活動の一端を担います。広告代理店の場合は、様々な商品・サービスの広告宣伝を行うことができる点が魅力と言えるでしょう。広告代理店で働く場合は、広告運用で成果を出すために、分析力やプランニング力が求められるでしょう。

商品企画

商品企画もマーケティングを行います。商品企画が商品を開発する場合、市場調査やモニター活動などを通じて、マーケットニーズを探ります。

例えば、「新しい清涼飲料水を開発したが、本当に売れるのか見極めるために地域限定で販売して反応を見る」といった「テストマーケティング」と呼ばれる手法を用いたり、商品名やパッケージを複数用意して、ターゲットに直接意見を求めたりすることもあります。

こうした事前のマーケティング活動によって、商品企画は販売戦略の成功確率を高めています。商品企画でマーケティングを行う場合は、分析力や企画力などが求められるでしょう。

マーケティングリサーチ

企業の企画部門やシンクタンク、調査会社などに在籍し、市場調査のレポートを作成したり、調査結果を元に社内外に提案やコンサルティングを行います。

自社商品に対するマーケティング活動を行う商品企画に対して、マーケティングリサーチは市場動向や将来予測を自社の事業戦略に活かしたり、取引先企業や社会に提案・提言したりする役割を担います。そのため、分析力や課題発見力、発信力などが求められるでしょう。

ポイント2:会社の事業や経営理念を理解し、共感していることをアピール

志望動機は、「応募企業を志望する理由」が明確である必要があります。

また、マーケティングの場合は商品・サービスへの理解や想いなどに共感できないと、成果を出すことは難しくなるでしょう。商品・サービスに対する分析や情報収集もしっかり行い、「競合他社ではなく、なぜ応募企業のマーケティングを志望するのか」を明確にしておくことが重要です。

ポイント3:「求める人材像」に一致していることをアピール

マーケティングは採用枠が少ない上に、経験・知識が問われる職種です。そのため、求人を読み込んで募集内容を把握しておくだけでなく、ホームページや採用ページなどに掲載されている社長・役員のメッセージやインタビュー内容、書籍などをリサーチし、企業が求める「人材像」を把握して志望動機を作成しましょう。

また、広告宣伝の予算額によって、マーケティングに求める役割は異なります。「CMやデジタルサイネージ、動画サイトを中心とした宣伝活動」「検索型広告のキーワードマーケティングとLPO」など、予算規模が大きな企業ではマーケティングの役割は細分化される傾向にあります。

一方で、予算規模が小さい企業では、代理店とのやり取りを中心として、制作会社にバナーやランディングページの発注を行うなど、広告宣伝全般を担当するケースが多くなります。また、BtoBとBtoCでもマーケティング手法は異なるため、募集しているポジションの役割や企業が求める人物像を理解し、共通点を意識して志望動機を作るのがポイントです。

マーケティング経験者の場合の志望動機例文

マーケティング経験者の志望動機の例文をご紹介します。

志望動機例(1)中堅企業→大手企業の場合

美容サービスのデジタルマーケティングを5年間担当していました。主にディスプレイ広告とリスティングを任され、広告文とLPの改善によってCPAを2割程度削減することができました。ただ、店舗によってサービスの品質にばらつきがあり、「広告と違う」と問い合わせが来ることもしばしばでした。

貴社は美容系のWebサービスを展開しており、美容に関心の高い層に対するマーケティング経験が活かせるものと考えております。また、サービスはWeb上で完結し、広告表現との差異が生じない仕組みを構築しているので、広告クリエイティブの力を遺憾なく発揮することができます。マーケティングの経験を活かして、貴社のサービスの発展に寄与したいと考えております。

志望動機例(2)代理店営業→ベンチャー企業のマーケティング担当の場合

インターネット系の広告代理店で営業と運用を担当していました。取引先はBtoB領域が中心で、信頼関係が構築できたクライアントとは資料請求後のデータも連携し、クロージング率の高いリードの獲得に取り組んでいました。

貴社は○○の他に、△△や□□のビジネスサービスも展開されています。これまで培ったBtoBのマーケティング経験を活かし、売り上げに繋がるリードの獲得とマーケティング活動の最適化を図っていきたいと考えております。

マーケティング未経験者やキャリアが浅い場合の志望動機例

マーケティングの経験がない、またはキャリアが浅い場合の志望動機の例文をご紹介します。

志望動機例(1)営業→事業会社のマーケティング担当の場合

機器メーカーの法人営業に携わってきました。Webを活用したBtoBマーケティングに興味がありましたが、メーカーの場合は製品を見ていただく必要があるため、オンラインでできることが限られていました。

貴社のサービスはオンラインのデモがあり、マーケティング活動の選択肢が幅広く、可能性を感じています。決裁が下りやすい営業のコツや受注率の高い顧客の傾向など、法人営業の経験・知識が、マーケティングにも活かせると考えております。

志望動機例(2)事務→広告代理店のマーケティングアシスタントの場合

人材派遣会社で事務職をしています。取引先にインターネットの広告代理店も多く、業務内容に以前から興味を覚えていました。

貴社は豊富な実績をお持ちですが、支援事例を拝見したところ、人材系の企業が多いと感じました。アシスタントとしてマーケティングのスキルをできるだけ早く習得し、これまでに培った人材領域の知識を活かしながら、貴社の業績に貢献したいと考えております。

記事作成日:2020年12月7日 EDIT:リクナビNEXT編集部