転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2017/09/20 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職の準備をする > 転職にも活かせる!「企画職」におすすめの資格

転職にも活かせる!「企画職」におすすめの資格

閃いている男性のイラスト転職を考えた時に、資格は取っておくべきでしょうか。「資格があると転職に有利?」をキーワードに、資格のトレンドやアピール方法などを、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーに聞いてみました。今回は企画職編です。

企画職の資格の傾向と、資格を活かす場合のポイント

せっかく資格を取るのなら、なるべく仕事や転職で活かしたいもの。では、どのような場面で資格を活用できるのでしょうか?企画職におすすめの資格と、転職や仕事で資格を活かす場合のポイントをご紹介します。

商品企画のような職種では、資格が有利に働くことが少ない

商品企画などの職種を採用する際は、実績や現場経験が優先されます。よって転職に有利な資格は限られていますが、英語力はアピール材料になりますね。大企業の商品企画に限られてきますが、外資系が出資するケースなどの契約交渉で英語力が求められるためです。今後は国際化が進むと予想されますし、M&Aも増えるため語学力は武器です。

経営企画系を狙うなら「MBA」

ブランドマネージャーや戦略部門などの経営企画系を狙うなら「MBA」は有効な資格のひとつ。特にネットベンチャー業界では採用されやすくなりますね。ただし現場の経験値を優先されるので、すぐに企画をたてられるわけではありません。

英語力は外資系企業やメディカル業界でのニーズが高い

企画職は主に英語力はアピール材料になります。例えばTOEIC700点以上であれば、英語力がない人に比べ2倍の求人の選択肢を見つけることも可能でしょう。需要は外資系企業がトップで、特に消費財や食品関連メーカーやメディカル業界でのニーズが高まっています。

即効性よりも将来を見越した資格取得者が増加

「ゆくゆくはスキルアップしてコンサルタントになりたい」など、将来につながる資格を取得する人は増えています。例えば「MBA」などは、海外に滞在して取得するのが主流の資格でしたが、現在は将来のことを考えて働きながら国内で取得する人も多いようです。

企画職でおすすめの資格とは?

TOEIC

実用的な英語能力を評価する認定試験。リスニング試験とリーディング試験が行われ、結果は10~990点のスコアで表示されます。外資系企業に応募しやすくなる、海外出張や海外派遣を任されやすくなるなど、企画職が取得するメリットは多数。実務経験がない場合は、最低でもTOEIC700点、できれば800点以上であれば選択肢が広がります。

MBA

「Master of Business Administration(経営学修士号)」の略で、大学院レベルで経営学を学ぶプログラム。認定基準は取得する国により異なります。すでに社内にMBA取得者がいる企業からは、特に歓迎される傾向があるようです

資格取得のメリットとは

資格を取得することは、その分野に強い関心がある表れ。どんな資格を持っているかだけでなく、資格を取得しようと自己投資・努力したプロセスもアピールすると良いかもしれません。ただし、やみくもに資格を取得するよりも、一貫性のある取得が望ましいところ。

また、将来やりたいことや興味のある分野の資格を取っておくことで、希望する業務に近づけたり、将来の方向性を示す意思表示にもなるでしょう。

記事作成日:2017年7月31日
EDIT:リクナビNEXT編集部 ILLUST:二村大輔