転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2018/05/25 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 履歴書作成のコツ > 職歴に空白期間がある場合の履歴書の書き方

職歴に空白期間がある場合の履歴書の書き方

空白期間がある場合の履歴書の職歴欄の書き方病気で長期療養していた、転職活動が長引いてしまった、家業を手伝っていた…職務経歴に空白期間(ブランク)がある場合は、履歴書の職歴欄にはどのように書いたらいいのでしょうか。

これまでの職歴に空白期間があり、履歴書の書き方に迷いや不安をお持ちの方は、ぜひ参考にしてみてください。

空白(ブランク)期間の履歴書の基本的な書き方

履歴書にはすべての職歴を記載するのが基本的なルールです。職歴の間に長期の空白期間があり、その内容について記載がない場合、採用担当者が必要以上に気にしてしまうことも。履歴書にあらかじめ空白期間の理由を記載しておくことで、採用担当者の懸念を払拭することができるでしょう。

どのくらいの空白期間から理由を書くべき?

職歴の間、または前職から半年以上の空白期間がある場合は、なぜ期間が空いているのか、理由を簡潔に書いておきましょう。採用担当者からのマイナス印象を恐れるあまり、職歴期間を延ばして空白を無理やり埋めたり、理由を取り繕ったりするのは逆効果。面接や入社後の年金記録などで発覚してしまうこともあります。

職歴の空白期間は事実を端的に記載し、自己PR欄などで前向きな姿勢を伝えるようにしましょう。

【理由別】空白期間の履歴書の書き方見本

空白期間の書き方は、大きく分けて3つあります。1つ目は通学やアルバイトなど「応募する仕事に関連した活動をしていた」場合、2つ目は介護や病気など「仕事に関連していない空白期間」の場合、3つ目は「転職活動が長引いた」場合です。ここでは3つのケースに分けて、履歴書の職歴欄の書き方見本と自己PR文例をご紹介します。

1.通学、留学、資格取得、アルバイト、家業手伝いなどの書き方見本

通学やアルバイトなど「応募する仕事に関連した活動をしていた」場合は、職歴欄にその内容を簡潔に記載し、活動内容で得た「仕事に活かせる経験・知識」を自己PR欄で補足。空白期間に得たことも、書き方を工夫することでアピールにつながります。

履歴書の書き方見本

平成22年 4月 株式会社○○○○ 入社
平成27年 12月 一身上の都合により退職
中国語学習のため北京に1年間留学

自営業や家業手伝いの場合:自営業をしていた場合の履歴書の職歴欄の書き方は?

自己PR

前職では、美容化粧品を取り扱う専門店の店長として、スタッフの教育指導と職場改善に取り組んでまいりました。海外からの観光客や外国人スタッフとのコミュニケーション向上のため、1年間北京に留学し中国語を学んでいます。美容の専門知識と語学力を活かして、御社ブランドの発展に貢献したいと考えております。

2.介護、病気療養などの書き方見本

介護や病気療養などによって空白期間がある場合は、現在の健康状態と就業時間への影響について記載しておくと、企業側も入社後のサポート体制を検討することができるでしょう。また、働く意欲を自己PR欄などに記載したり、現役復帰するために空白期間中に勉強していたことなどがあれば、その内容も簡潔に書いておくと良いでしょう。

履歴書の書き方見本

平成22年 4月 株式会社○○○○ 入社
平成27年 12月 病気療養のため退職
現在は回復し、業務に支障はありません

自己PR

グローバルメーカーのMRIやCTなど、大型の医療機器を中心にメンテナンス業務を行ってまいりました。技師長からの要望で勉強会を定期開催するなど、知識を活かした信頼関係の構築に自信があります。医療機器の保守経験だけでなく、入院で得た患者としての視点も、御社のサービス向上に役立てたいと考えています。

3.転職活動の長期化など、特別な理由がない場合の書き方見本

仕事に関係のない空白期間や、転職活動が長引いてしまった場合は、無理に理由を入れる必要はありません。そのかわり、志望動機や自己PRなどで「応募意欲」や「持っている経験・スキルが入社後どのように活かせるのか」をしっかりと伝えるようにします。転職活動中に学んでいることがあれば、その内容も盛り込みましょう。

履歴書の書き方見本

平成22年 4月 株式会社○○○○ 入社
平成27年 12月 一身上の都合により退職

自己PR

オーダーメイドの教育研修プログラムを提供する営業担当として、100社以上に研修を導入してまいりました。クライアントとの目標設定と振り返りにこだわった結果、リピート率は部平均の3倍を達成しました。学校教育に携わりたく、退職後は専門書籍で勉強中です。これまでに培った営業経験と研修ノウハウを活かして、より良い学校運営に携わりたいと考えています。

空白期間の書き方で迷った時は

中途採用の多くは、これまでの経験やスキルや意欲を重視し書類選考を行っています。そのため、これまでの経歴に空白期間があったとしても、必要以上に履歴書の職歴欄の書き方を気にする必要はありません。職歴欄は簡潔に記載し、フォロー事項があれば自己PR欄で補い、職務経歴書でしっかりとあなたの魅力を伝えるようにしましょう。

記事作成日:2017年5月20日 EDIT:リクナビNEXT編集部