転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2018/07/13 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 履歴書作成のコツ > 自営業をしていた場合の履歴書の職歴欄の書き方は?

自営業をしていた場合の履歴書の職歴欄の書き方は?

自営業の場合の履歴書の書き方転職するときは、応募書類として履歴書と職務経歴書の提出を求められるのが一般的です。履歴書の職歴欄には、これまでの仕事の経歴をもれなく記載するのがルールですが、自営業をしていた場合はどのように書けば良いのでしょうか?

今回は、自営業をしていた場合の履歴書の職歴欄について、書き方をご紹介します。

自営業をしていた場合の履歴書の職歴欄の書き方

自営業の履歴書の書き方ですが、独立して起業していた場合と、フリーランスとして働いていた場合と、家業を手伝っていた場合とで、少しずつ書き方は異なります。ここでは、3つのケースに分けて履歴書の書き方と見本をご紹介します。

起業していた場合の履歴書の書き方

起業し、会社を経営していた場合は、起業した会社名とともに「設立」と記載します。会社をたたんだ年月を「解散」と書きましょう。職歴欄にゆとりがあれば、社名だけでなく具体的な事業内容を簡潔に補足しておくと、採用担当者にとって分かりやすくなるでしょう。

<書き方見本>

平成27年4月 株式会社○○○○ 設立
スマートフォン向けアプリ開発を中心とした事業を展開
平成29年3月 株式会社○○○○ 解散

フリーランスとして働いていた場合の履歴書の書き方

フリーランス(個人事業主)として仕事をしていた場合は、屋号を持っていれば屋号と「開業」、持っていない場合は「個人事業主として開業」などと記載しましょう。個人事業主としての事業を閉じた場合は、「廃業」と記載します。この場合も、職歴欄にゆとりがあれば具体的な業務内容を補足しておくと、どんな業務に携わってきたのかを伝えることができます。

<書き方見本>

平成27年4月 ○○○○ 開業
スマートフォン向けアプリを中心とした開発業務に従事
平成29年3月 ○○○○ 廃業

家業を手伝っていた場合の履歴書の書き方

家業を手伝っていた場合は、家業が法人で従業員として働いていれば、通常の職歴の書き方と同様に、会社名と「入社」「退社(または退職)」と記載します。農業や商店など、家族従事者として家業を手伝っていた場合は、「家業である○○業に従事」などと書くようにしましょう。この場合も、職歴欄にゆとりがあれば、家業でどのような業務をしていたのか簡潔に補足すると、経験・スキルが伝わりやすくなります。

<書き方見本>

平成27年4月 家業である○○業に従事
経理担当として、伝票処理や帳簿入力を行う
平成29年3月 一身上の都合により退職
記事作成日:2017年5月20日
EDIT:リクナビNEXT編集部 ILLUST:二村大輔