転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2017/12/13 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > メール

"メール"の記事一覧

日程調整イメージ
転職の際、面接の日程を決める方法には大きく3つあります。 1.企業から面接日程を指定される場合 2.企業から面接日程の候補を提示された場合 3.入社希望者から面接日程の候補を提示する場合 それぞれのケースで、どのようなメールを…
急遽面接いけないイメージ
言うまでもなく、面接の日程は守らなければいけません。安易に約束を覆すことは“相手の時間を奪う”ことになりかねません。 とはいえ、急病や身内の不幸など、どうしてもキャンセルしなければいけないときもあるでしょう。その場合は、すぐに「面接に行けないお…
面接お礼メールイメージ
面接をしてくれた企業へのお礼メールは必要でしょうか?必ずしなければいけなということではありませんが、しておいたほうが少なからず印象はよくなるでしょう。面接で聞きそびれた質問事項や確認事項などがあれば、それらと一緒にお礼を伝えてもいいでしょう。 …
採用お礼メールイメージ
電話で採用連絡を受けた際のお礼メールは必要? 電話で採用連絡を受けた際にお礼のメールを出すかどうかはケース・バイ・ケースです。たとえば、電話で採用の通知を受けた場合などは、その場でお礼を伝えることになりますので、改めてメールをしなくても…
内定辞退イメージ
内定の辞退を決めた際には、できる限り早く連絡をするようにしましょう。確実にお伝えする意味でも、電話で行うのが望ましいです。また、転職エージェントを利用している場合には、エージェントを通じて連絡をするのがよいでしょう。内定後に「回答期限」が設けられ…
面接辞退の電話イメージ
面接の辞退は電話とメールのどちらでする? 「1次面接を受けてみたら、その会社に入る気持ちがなくなった」――このように、転職活動をしていると、自分の気持ちが思いもよらぬ方向に進むことがあります。1次面接は、企業側から応募者を選考するという…
退職の挨拶イメージ
退職するときは、お世話になった方に「退職の挨拶メール」を出すのがマナーです。メールを出すタイミングは、退職日の2週間〜10日前がベター。直前すぎると、「返信メールが退職後に届く」というケースや、「退職前の引き継ぎに支障をきたす」などの不具合が生じ…
メール返信イメージ
社内の人間から退職の挨拶メールが送られてきたときに、どのような返信をすればいいのか? 頭を悩ませたことのある人も多いでしょう。 結論から言うと、模範回答的な文面というのは存在しません。退職の挨拶メールに対する返信というのは、その人と過ごした…