転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2023/02/01 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職相談室 > 個人として業務をこなしているだけで、組織で働いている実感がありません【転職相談室】

個人として業務をこなしているだけで、組織で働いている実感がありません【転職相談室】

ノートパソコンを操作する人通勤する負担が軽減される反面、コミュニケーション不足に陥りやすいテレワーク。今回は、役割分担が明確に定められている組織に所属し、「組織で働いているという実感が持てない…」と悩むTさんに、組織人事コンサルタントの粟野友樹さんがアドバイスします。

アドバイザー

粟野友樹さんプロフィール画像

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント

粟野友樹

約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。

個人として業務をこなしているだけで、組織で働いている実感がありません(Tさん/26歳/人事労務)

相談者
相談者
■相談内容
新卒で入社した企業でお客様サポート部に配属され、3年勤務したあと人事部に異動になり、労務を担当しています。
私の所属する労務チームは役割分担が明確に定められていて、個人主義的な傾向があります。さらにほぼテレワークなので、同じチームで働いている人の顔も見えず、個人として業務をこなしているだけで、組織で働いている実感を得られなくなっています。このような働き方だと、自分が成長しているのか分からず、モチベーションも湧きません。労務の仕事自体は嫌いではないのですが、このままこの組織で働き続けるのか、それとも別の部署に異動願いを出すか、転職するかで迷っています。

個人主義で指摘がないのであれば、「仕事を任されている状態」とも言える

アドバイザー
現在の職場は個人主義の傾向が強く、組織で働いている実感がないのですね。上司やリーダーなどはどのようにマネジメントしているのでしょうか?

相談者
上司は人事部のマネジャーで、採用や研修なども見ているので忙しく、3カ月に一度面談がありますが、業務報告程度です。リーダーもいますが、締め切りに間に合っているかどうかをチェックしているくらい。リーダーや他のメンバーは「テレワークになって本当に良かった」という人ばかりで、現在の働き方が心地良いようです。

アドバイザー
上司や他のメンバーが納得しているのでは、なかなか声も上げづらいですね。ただ、個人主義だとしても、業務内容に不安があれば指摘やサポートがあるはずです。そういう意味では、信頼されて仕事を任されている状態、ということも言えそうですが…。

相談者
その観点はありませんでした。確かに、細かく業務に対して口を出されることはありません。現在は給与計算が業務の中心ですが、もし今後も労務で働くのであれば、先輩が担当しているような社会保険の手続きや年末調整、入退社の管理などに仕事の幅を広げていくのだと思います。

でも、ずっと組織で働いている実感がないままだと思うので、モチベーションが維持できるか不安です。今後のキャリアをどのように描いていったらいいのでしょうか?

アドバイザー
現在の働き方でモチベーションが保てないようであれば、我慢せずにまず上司に相談してみましょう。改善の働きかけをしてもらえる可能性があります。

ただ、一般的に労務は、採用のように他部署と関わったり人と会話したりする機会が少なく、コツコツと業務を行うことが得意な方に向いている傾向があります。

実際に、職場の皆さんはテレワークを好意的に受け止めて、個人主義的な働き方をしているとのことなので、相談しても賛同を得られない可能性もあります。そのため、上司への相談と並行して転職を含めた今後のキャリアを考えていきましょう

経験を積んで労務スペシャリストとして転職、または人事に経験領域の幅を広げるという方法も

アドバイザー
まず、このまま労務の経験を積んだ場合、労務経験を活かして人事労務業務をアウトソーシングするBPO(Business Process Outsourcing)企業や大手企業グループの間接部門業務を行うシェアードサービス企業へのキャリアパスが期待できます。

現在の企業でさらに経験を積んで、労務相談や労基署対応などセンシティブで難易度の高い業務経験を身につけた場合は、人事コンサルティング企業やリストラ・事業再生企業に転職できるかもしれません。

また、働きながら社会保険労務士や衛生管理者の資格を取得することで、企業内社労士または社労士事務所を経て独立するなどのキャリアも拓けるでしょう。

相談者
労務の経験を積んで専門性を高めると、色々な選択肢があるんですね!

アドバイザー
はい。もちろん、転職せずに別の部署に異動するという方法もあります。ただし、全く未経験の部署に異動願いを出すよりも、労務の知識・経験を活かせる仕事の方が活躍しやすいでしょう。

例えば、一定の労務経験を身につけたら、次は人事を担当するのはいかがですか?上司は人事部のマネジャーとのことなので、相談しやすいのではないでしょうか。

相談者
確かに、同じ部署での担当者変更なので、異動願いを出すよりは実現しやすいです。知っている人ばかりなので、全く知らない部署で未経験の仕事をするより不安も少ないですね。

「組織で働く実感を得たい」のであればスタートアップ・ベンチャー企業への転職も選択肢に

アドバイザー
組織で働いている実感を持ちたいのであれば、現在の部署で人事労務の専門性を高めて、スタートアップやベンチャー企業で管理部門を幅広く担当する、というキャリアが向いているかもしれません

スタートアップやベンチャー企業の管理部門は、少ない人数で多様な業務を処理するケースが多いため、現在のように個人主義的な働き方では成り立ちません。チーム内外の様々なメンバーや関係先などと協力しながら仕事を進めることになるので、組織で働いている実感を得られるでしょう。

また、企業規模にもよりますが、人事労務だけでなく、総務や経理など幅広く管理部門の経験を積める可能性があります。

いずれにしても、労務経験はまだ1年で、経験業務の幅が広くはない状態です。労務経験を軸に転職するのであれば、現在の職場でもう少し業務の幅を広げた方が選択肢は広がるでしょう

相談者
現在の仕事の延長線上に幅広いキャリアの選択肢があることが分かったので、モチベーションが湧いてきました。目指す方向が分かれば頑張れます。

確かに、労務経験1年では心もとないので、もう少し今の職場で経験を積んでみることにします。その間に、社労士の資格取得の勉強をしてもいいかもしれませんね。アドバイスありがとうございました!

記事作成日:2022年11月18日 ILLUST:安西哲平 EDIT:リクナビNEXT編集部

あなたの市場価値、想像以上かも?

リクナビNEXTのオファー機能を活用すれば、企業からオファーが届き、あなたのどんな経験・スキルが注目されたのかがわかります。

今すぐ転職を考えていなくても、まずは市場価値を知ることから始めてみませんか。

イベント・セミナー※リクルートエージェントに遷移します

RAGイベント

申込締切日が近いイベント・セミナー

イベント情報を更新中