転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2020/09/25 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 内定・退職の準備をする > 確定拠出年金制度に加入できるのはどんな人ですか?

転職Q&A

内定・退職の準備をする編
一覧に戻る

確定拠出年金制度に加入できるのはどんな人ですか?

確定拠出年金制度に加入しようと思っているのですが、加入するときの条件を教えてください。

(K・Wさん、ほかからの質問)

「個人型(iDeCo)」は国民年金をきちんと納めていることが条件です。

確定拠出年金制度には「企業型(企業型DC)及び(簡易企業型DC)」と「個人型(iDeCo)」があります。「企業型(企業型DC)又は(簡易企業型DC)」に加入できるのは、企業型の「(企業型DC)又は(簡易企業型DC)」を導入した会社の従業員で、厚生年金に加入している人だけです。一方「個人型(iDeCo)」は、「企業型(企業型DC)及び(簡易企業型DC)」を導入しない企業の従業員(例外あり)、公務員、私学共済制度の加入者、専業主婦や自営業者が加入できます。ただし、国民年金の保険料を滞納したり、免除されているなどの場合は入れません。また、「企業型(企業型DC)及び(簡易企業型DC)」を導入している企業の従業員でも、規約に定めがあれば、自分で別途「個人型(iDeCo)」に加入することもできます。

「個人型(iDeCo)」に加入したいときは、国民年金基金連合会が指定した金融機関の窓口で申し込めます。指定金融機関とは銀行、信用金庫、証券会社、保険会社や信託会社など様々。手続きに行く前に、個人型確定拠出年金の取り扱いがあるか確認をしましょう。

また、「個人型(iDeCo)」に加入する従業員の掛金に追加して、会社が掛金を拠出することができる制度が2018年5月から始まっていますので、お勤めの会社で確認してみるのもよいでしょう。

この内容は、2018/09/30時点での情報です。
(文責:編集部、アドバイザー:松尾友子、冨塚祥子)

あなたにぴったりの求人は?

自分で求人を探してみる