転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2019/11/22 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 転職Q&A > 職務経歴書・履歴書を用意する > 応募書類を完璧にしてから応募したいのですが、どこまで精度を高めればいいでしょうか?

転職Q&A

職務経歴書・履歴書を用意する編
一覧に戻る

応募書類を完璧にしてから応募したいのですが、どこまで精度を高めればいいでしょうか?

どうしても行きたい会社が求人募集を始めました。できる限り応募書類を完璧なものに仕上げたいのですが、どこまで書けば正解なのかがわかりません。何か目安はありますか?

(R・Iさん、ほかからの質問)

項目はすべて埋めたほうがいいですが、「作り込む」必要性はありません

中途採用は、企業が求める人材像と、応募者の経験・スキルとのマッチングで採否が決まります。たとえ誰もが羨む素晴らしい経歴・スキルの持ち主であっても、企業が求める人材像と合わなければ書類選考で落ちるもの。したがって、履歴書や職務経歴書の「項目」は、全て記入すべきですが、全てにびっしり書き込むなどして「作り込む」メリットはあまりありません。企業の求める人材像を理解し、それに合った情報を過不足なく伝えることが大切です。

 

求人情報を読み込み、自身の強みやスキルを棚卸しして「求める人材像と自分との接点」を見つけ、志望動機や自己PR欄などにキーワードとして盛り込みましょう。「この人は、求める人材像に合っている。当社でも活躍してくれそうだ」と思わせられる可能性が高まります。

この内容は、2018/10/10時点での情報です。

(文責:編集部、アドバイザー:根本さより)

あなたにぴったりの求人は?

自分で求人を探してみる