転職なら社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】|求人、転職に関する情報満載! 2019/12/13 UPDATE 毎週水・金曜更新!

転職・求人 トップ > 転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > 職務経歴書の書き方 > ホテルスタッフの職務経歴書の書き方見本

ホテルスタッフの職務経歴書の書き方見本

職務経歴書の書き方見本ホテルスタッフの職務経歴書の書き方見本です。職務経歴書を書いた後に、人事担当者の立場になって、読みにくい文章構成になっていないか、アピールしたいポイントがすぐわかるかを、客観的に読み返してみましょう。分かりやすい内容とPRで、あなたの魅力が十分に伝わる職務経歴書を目指してください。

ホテルスタッフの職務経歴書の書き方見本

職務経歴

20××年××月~20××年××月
【所属】××ホテル金沢 宿泊部
[ホテル規模] 客室数350、宴会場 大中3室・小8室
[所属部署メンバー数] 15名
[勤務スタイル] シフト制 勤務時間:約180時間/月(夜間勤務も含む) 休日:8日以上/月

【担当業務】
■フロント業務(一日対応数約100組)
・お出迎え業務
・チェックイン・チェックアウトの手続き
・お部屋へのご案内
・コンシェルジュ(館内施設のご案内、周辺の観光案内、タクシー・観光バス、航空券などの予約手配など)
・共用部分や部屋の施設点検・保持

■宿泊予約(一日対応数約30件)
・宿泊プランの提案、販売
・予約客管理(電話・インターネットでご予約されるお客様の管理、受付)
・各大手旅行代理店の客室在庫管理
・インターネットの予約管理(新規プラン作成、在庫数管理、ブログ、メルマガ配信、投稿・口コミへの回答など)

【ポイント】
・外国人のお客様が多いため、英語でのコミュニケーションに支障はありません。
・常にお客様が、home away from homeと感じていただけるように心がけていました。
・インターネットを使った販促(特別宿泊プラン、宿泊者へのメルマガなど)や、アンケート回答者へのプレゼント施策などで新規顧客獲得、リピーター増に努めました。

以上

職務経歴書セルフチェック

経歴書をまとめたら、内容に足りないところはないかチェックしてみましょう。
家族や知人に客観的にチェックしてもらうのもお勧めです。

以下の内容を過不足なく書きましたか?

  • いつ (西暦表記)
  • どこで (在籍企業、所属部署、店舗規模、店舗地域)
  • 何を (商品、種類、サービス)
  • どれぐらい (商品単価、取扱量、来客数、接客数)
  • 誰に対して (顧客)
  • どんな立場で (役職、役割、責任の範囲)
  • 何をしたか (職種名、具体的な職務)
  • 得られた成果・実績とエピソード (売上、顧客評価、社内評価)
  • 専門スキル (専門知識≪商品知識、業界知識、業務知識≫)
  • 応用可能なスキル (語学力、マネジメント力、ビジネススキル、PCスキルなど)

伝わりやすさを意識して、書き方を工夫しましたか?

  • 簡潔なビジネス文書 (可能な限り名詞や体言止めで記載する)
  • 具体性、客観性 (数値を活用、違う企業の人が読んでも理解できるように)
  • 整ったレイアウト (カッコや記号を使用して項目を立て、適度に改行、行間をあける)
  • 卒業後現在までのすべての期間の情報が入っている

リクナビNEXTで職務経歴書をかんたん作成

職務経歴書を作成するのが面倒な方は、リクナビNEXTにレジュメ登録するのがお勧めです。リクナビNEXTに、プロフィールや職務経歴などを入力すると、入力された内容に従って自動で職務経歴書が作成され、Word形式でダウンロードすることが可能です。

ご登録はこちらから : リクナビNEXTに会員登録する(無料)
すでに会員の方はこちら : ログインする

職務経歴書完成イメージ

職務経歴書ダウンロードイメージ
▲ご登録いただいた内容が職務経歴書になります

ご利用方法

リクナビNEXTにご登録後、プロフィールや職務経歴、自己PRなどを入力し、レジュメ登録を完了させてください。完了すると、「履歴書・職務経歴書画面」でダウンロードできるようになります。

ご登録はこちらから : リクナビNEXTに会員登録する(無料)
すでに会員の方はこちら : ログインする

関連職種の書き方見本

職務経歴書をまとめる際に重要なのは、決まった形式にまとめることではなく、あなたのキャリアがわかりやすく、最大限に伝わる内容であることが重要です。なかなかうまくまとまらない時は、他の職種の職務経歴書も参考にしてみてください。

販売スタッフ・店長 飲食店スタッフ・店長
旅行代理店 ホテルスタッフ
記事作成日:2011年5月19日

転職のプロに相談したい方はこちら

転職支援サービスに申し込む